僕は、その日まで、女性とキスさえもしたことがなかった。

その日は、友人の誘いで飲み会だった。
知らない人もいたけど、皆顔見知り。
かずみさんという女性もその中の一人だった。
PCMAX
かずみさんは僕のことを、“だい”と呼んで可愛がってくれていた。
かずみさんは、僕よりも10歳年上の女性。
明るい性格の、でも飲むと少しハメをはずし過ぎるようなところがあった。

二次会のカラオケも終わり、じゃあ帰ろうかということになった。
僕は運転手ということで飲んでいなかったので、皆を送っていくことになった。
僕の車には、かずみさんと、その仲のいい友人が乗り込んだ。
その友人を送った後、僕はかずみさんと二人きりになった。
酔っているかずみさんは、車の中でわけのわからないことを言っては僕を困らせた。
コンビニに寄って、またビールやチューハイを買ってみたり、急に車を停めてくれと言ったり。
そのうち、人気のいない通りに差し掛かったところで、また車を停めさせられた。

「だい、彼女いるの?」
「・・・いませんよ」

「どうして?」

急に変なことを聞く。
僕が適当に答えているのが気に入らないのか、ますます質問は加速した。

「ねえ、だい、キスして・・・」
「え?」

僕はびっくりしてかずみさんを見た。

「して」

僕は急に心臓がバクバクしてきた。

「だ、だめですよ」
「・・・我慢できないの。して」

「・・・だめです。あ、あの、実は僕は・・・したことなくて」

かずみさんはちょっとびっくりしたような様子だった。

「・・・あれ、だい・・・じゃあ、エッチとかも?」
「・・・ええ、ないです・・・」

しばらく沈黙があった。
僕は、混乱する頭を振り払うかのように車を発進させた。

交差点を何本か過ぎた信号待ち。

「・・・私、だいとエッチしたい・・・」
「え?」

「・・・いいでしょ?」
「ちょ、ちょっと待ってください」

僕はまた車を止めた。
かなり動揺してた。

「・・・どう?」
「・・・いや、そりゃ、したいですけど」

「・・・悪いことじゃないよ」

沈黙が続く。

「・・・じゃ、キスだけさせて」

僕はかずみさんを見たが、何も言えなかった。

「目を閉じて、だい」

僕は目を閉じた。
かずみさんが助手席から運転席の方へ身を乗り出してくるのがわかった。

そしてすぐにかずみさんの唇が僕の唇に重なってきた。

そのうちにかずみさんの舌が僕の口の中に滑り込んでくる。
僕は気が遠くなっていた。
されるがまま。
かずみさんの手が僕の太ももをさする。
そして僕の手を引いて自分の胸を触らせた。
柔らかい胸の感触が手に伝わる。

「・・・どう?」
「はあはあ」

僕は息がうまくできなくて、息切れを起こしていた。

「・・・続きしようよ」

僕は震える足でアクセルを踏んだ。

とあるビジネスホテルの駐車場に車を止めた。
ロビーでかずみさんに鍵をもらった。

「先に行って待てって」

本当にワンルーム。
ベッドが一つ。

かずみさんが遅れて入ってきた。

「だい、鍵かけて」

僕は鍵をかけた。
かずみさんは、椅子に座ってチューハイの缶を開けた。

「立ってないで、こっちおいで・・・ねえ、キスして」

僕の方からキスをした。
今度はお互いに舌を絡めて。

かずみさんの手が僕の股間をまさぐる。

「ねえ、見ていい?」
「・・・うん」

かずみさんは僕のズボンのファスナーをおろす。

「・・・これが、だいの・・・」

かずみさんは僕のものを優しくさすった。
既に先端からは透明な液体が溢れ出ていた。

「・・・シャワー、先に浴びておいで」

シャワーを先に浴びて僕はベッドに腰掛けて、かずみさんが来るのを待っていた。
シャワーの音が聞こえた。
しばらくしてシャワーの音がやんだ。

バスタオル姿のかずみさんが出てきた。
僕を見るとちょっとだけ笑って、でもまっすぐに歩いてきて僕の隣に腰掛けた。

シャンプーの香りがまだ乾ききっていない髪から香る。
かずみさんは僕の手を取って、自分の腰にまわさせる。
そしてキスをしてきた。

僕は、かずみさんのバスタオルを剥ぎとった。
形の良いおっぱいが目の前に。

かずみさんは僕の手を引くようにしてベッドに倒れ込んだ。

「いらっしゃい」

僕はかずみさんのおっぱいにむしゃぶりついた。
柔らかいかずみさんの体。
無我夢中だった・・・と、思う。
体中を舐め回していた。

「はやく、だいの入れて・・・ここよ。そう、あん」

かずみさんが導いてくれた。
夢中で僕は腰を振った。
狭いワンルームのなかで、かずみさんの声とベッドのきしむ音が響く。
かずみさんに締め上げられてる気がして、僕も急にこみ上げてきた。

「ああ・・・かずみさん、だめだ。僕・・・」
「いいの?気持ちいいの?だい、いいわよ」

辛うじて僕はかずみさんのお腹にぶちまけていた。

「嬉しい。だい、気持ちよかったのね」
「・・・うん」

そのあと、僕は仰向けにされて、今度はかずみさんに体中を舐めまわされた。
そのままかずみさんが上から僕のモノを受け入れて、自分で腰を動かして喘いでいた。

「あああ、かずみさん。だめ。気持ちいいです」
「だめ・・・まだよ。我慢して・・・もう少し」

そうは言っても駄目だった。
僕は思わずそのまま射精してしまった。

ベッドの中でじゃれ合ったり、そのまま二人で抱き合って眠ったり。

すごくいい思い出でした。