サークルで打ち上げがあり、2次会、3次会と盛り上がり、俺は終電に乗れなくなった時間だったので、先輩の部屋に泊りにいくことになった。
先輩の彼女も一緒だ。
この彼女(先輩)がめっちゃ清楚な雰囲気で綺麗だった。
大学時代はファンクラブみたいなものまであり、俺もすげえ羨ましかった。
上戸彩を清楚に整えたような感じ。

部屋に着き、また飲み直そうぜということになり、日本酒やカクテルのちゃんぽんで3人ともグテングテンになった。
先輩の彼女がベッドに横になり寝てしまった。
俺の場所からは微妙な感じで、スカートの奥の太ももが覗けそうだった。
先輩がいる手前、見るわけにもいかない。
俺も酔っているのでついつい見てしまう。

「お前、美樹のこと、スケベな目で見てるな」と先輩にニヤにやしながら突っ込まれた。

憧れの先輩が無防備な感じで寝ているから、当然スケベな目になるし、見たい。

俺は、「そんなことないっすよー」とバカに元気な声が出た。

すると先輩はおもむろに立ち上がり、美樹さんのスカートを捲った。
足下にいた俺の目に、白い綿のパンツと脇から陰毛がかなりはみ出た信じらんない姿が現れた。
詳細に言うと、綿のパンツは意外と素朴な感じで、股のところが捩れ、ぷっくりし陰毛が両脇から見える。
先輩はまさかそんな状態になってるとは思ってなかったようで、速攻でスカートを直した。

「お前、絶対誰にも言うなよ」と言われた。

俺は無意識に首を振って頷いて、先輩のグラスに日本酒を注いだ。

先輩は、「美樹のパンツの中、見せてやろうか」と言った。

はっきり言ってさっき見たエロでも十分に抜ける。
俺は喉がカラカラになってきた。
大学一の美人の性器を、モテない俺が見る。
ありえない話だ。

先輩はもう1回、スカートを捲った。
今度はヘソが出るくらい。
素朴なパンツだと思っていたが、ウエスト付近にレースやフリルが付いた可愛いやつだった。
股の付け根は捩れて卑猥だった。
美樹先輩の下半身は意外と肉付きがよく、でもウエストは細かった。
上はビーズ(?)が付いたピンクのキャミを着ている。
おっぱいの位置もツンと上にあり、こんもりと盛り上がっている。
下はヘソ出をしてパンツ1枚。
ほんとに綺麗な寝顔だ。
俺はこの役得にちょっと感動していた。
先輩は自慢気に俺の反応を楽しんでいる感じだった。

先輩は美樹さんの足首を掴んで上に折り曲げた。
捩れていたパンツが突っ張り、足の付け根にパンツと隙間が!
そしてこんもりした恥丘が目立つ。
俺からは股間が開くように見える。
心臓が頭にあるようなバクバクを感じた。
太ももの内側は透き通ったような白さだった。
はっきり言って、さっきみんなと飲んでいたときの美樹さんの様子と今の姿のギャップに勃起した。

先輩は、『もっと近くに来い』みたいな目で俺を見る。
近寄ったら、美樹さんのパンツをTバックのようにして俺に見せた。
足を開かれ、陰毛がY字でわんさとしている。
女性特有の香りにクラクラする。

先輩はパンツを脇に寄せた。
美樹さんのぷっくりしたマンコが現れた。
先輩はそれを少し広げた。
憧れの美樹先輩のぐにゅっとしたピンク色が見えた。
俺の反応に先輩は満足したのか、足を伸ばしてパンツのウエストを掴み、一気に下ろした。
何も着けてない下半身が現れた。
Y字の陰毛マンコの周りに生える卑猥な陰毛。
足をM字にしたような体勢で、俺のすぐ目の前に、見るからに恥丘の高いマンコ。
先輩はさっきより大きくマンコを広げてくれた。
クリ、膣、大きなビラが目の前にある。
挿入する口のギザギザも見える。
色は目の覚めるようなピンク色だが、清楚な顔と下の雰囲気は人が違うような感じだ。
美樹さんのマンコじゃなかったら汚いと思ったと思う。

「すごくない?」

先輩は俺の気持ちを読んだかのようにひそひそ声で話しかけてきた。
マンコもすごいが、この状況の方がすごい。
先輩の指2本で口を開けたような美樹さんのマンコ。
もう奥まで見えてしまっている。
俺の角度からだと中の壁まで見えてる。
オシッコとチーズのような匂いと、華やいだような匂い。

先輩がクリを剥く。
小さなクリが見える。
次にビラビラを引っ張る。
俺はもう我慢汁ですごいことになっていた。
目に焼き付けた。

「触っていいよ」と先輩が言った。

俺は美樹さんのマンコ全体を手で被った。
あったかい。
恥丘が高い。
さわさわとした柔らかい陰毛。
湿った感じのマンコ。
顔をくっつけるようにして見た。
生々しい迫力にクラクラする。
指を入れていいか迷った。

「入れろよ」

先輩が神に見えた。
俺の興奮も最大限なんだが、先輩も妙に興奮しているのがおかしい。
俺は先輩の彼女、ちょっと大袈裟だが俺が生きてきた中で知りうる一番美人の膣の中に指を入れた。
狭く、ぞぞっとした感触、ざらっとしている。
美樹さんの股間に刺さった自分の指が信じられない光景に思えた。

先輩の顔を見た。
俺は奥まで入れた。
俺と先輩との間に奇妙なあうんの呼吸らしい空気が流れている。
2本の指を出し入れした。
いつ起きてしまうかドキドキもんだった。
先輩はケータイのカメラで俺の指が入ったところを撮った。

(なんだこの人、馬鹿じゃないか?)と思うが、言えない。

どういう気持ちなのかよくわからない。

たぶん5分以上出し入れした。
そうこうしているうちに美樹さんが、「ううん」と言って横に寝返った。
足を抱え込むような格好だ。
真ん丸いお尻を俺に向けた無防備すぎる体勢。
肛門とマンコが俺に向けられている。
くびれた腰がエロい。
女の人の肛門をちゃんと間近で見たのは初めてだった。

「エッチしたい?」

そう聞こえた。
ポカンとして先輩を見た。
先輩は顎で美樹さんのお尻を指した。
俺は声が出なくて何回も頷いた。

先輩の前でズボンを下ろすのは嫌だったが、こんな事はこの先ありえないと思い、脱いだ。
我慢汁が垂れた。
そのまま挿入しようとしたら頭を叩かれた。

「スキンをしろ」と渡された。

なんで俺が先輩の彼女とエッチできるのか不思議に思いつつ、スキンをつけ、ベビーオイルを塗った。
美樹さんの身体に触れないよう、剥き出しになったマンコを広げた。
先輩がお尻を前に押すとバックの変化形のような感じで挿入できそうだ。
起きたらヤバいからと電気を豆球だけにした。
先輩は美樹さんの様子に注意していた。

俺のチンポが、あの美樹さんのマンコに、ニュルンと難なく入ってしまった。
ひどく呆気なく感じた。
スキンをしているとはいえ、その感触と大学での普段の美樹さんの姿が浮かび、あっという間にドクドクと発射してしまった。
30秒も持たなかったと思う。
チンポを抜くと恐ろしいほどの量の精子がスキンにあった。

先輩が、「もう帰れ」と俺に言った。

(え?)と思ったけど、暗い中で俺は急いで服を着た。

突っ立てると、しっしと犬でも追い払うような仕草をした。
俺はなんとも言えない興奮と罪悪感を覚えつつ部屋を出た。
先輩の部屋を出て1階に下りて見上げると電気が点いていた。
俺はその時、なんとなく、この後で先輩がエッチするんじゃないかと思った。
うまくいけば美樹さんの声が聞こえるかもしれないと思い、ドアの前まで戻った。
ドアの前まで戻ってきたものの、何も聞こえない。

(ドアポストからベッドが見えるはず・・・)

俺は周囲を見渡してからドアポストをそっと開けた。
さっき以上にドキドキしていた。
隙間から見ると、ちゃんと部屋の中が見えた。
案の定、先輩が美樹さんとエッチしていた。
しかもまだ寝ている?
先輩の背中と美樹さんの開いた足が見える。
先輩の出し入れが激しくなり、美樹さんのマンコが開ききって出し入れしているところも覗ける。
ヌレヌレだった。
妙に興奮してきた。
そのうち、美樹さんの手が先輩の背中に回った。

(起きた!!!)

「あっ、あっ、あ」という短い呻き声も聞こえた。

美樹さんが自分で上の服を脱いでるのがわかる。
プリンとしたおっぱいが揺れている。
ドアから、ほんの2~3m先。
俺は異様な興奮を覚えた。

かなり激しく見える。
俺より相当に太いチンポが小柄な腰に難なく飲み込まれていく様まで見える。
美樹さんのマンコから出てるい白い液が先輩のチンポにまとわりつく。
先輩に美樹さんが乗ろうとする。
綺麗な顔が見えた。
エロすぎる表情。
白い小さな手が先輩のチンポを掴む。
太さがすごい!
挿入というより、埋まっていくという感じだった。

あの美樹さんが、俺の方にお尻を突き出し、先輩のチンポを飲み込んでいく。
抜き挿しするたびにマンコの中味が引っ張られるように見える。
声も、「あっ、あっ、あ」から「あーん、あーん」に変わっていた。
先輩が下から激しく突く。

(壊れないのか?)

バックや正常位になったりして、また美樹さんが跨がった。
声が高くなり、短く切ない「あっ」になっている。
一際声が高くなり、美樹さんが先輩の身体にうつ伏せになった。
俺からは肛門と先輩のチンポを頬張ったマンコが、ビクンビクンと蠢いてるように見える。
俺はハンカチの中で2回抜いた。

後日談。
数日後、大学近くのマックに入ったら、先輩と美樹さん、あと友達がいた。
席を探してたら、「おう、◯◯来いよ」と言われた。
覗いた事に罪悪感ありありだったが不自然なので行った。

美樹さんが、「◯◯クン、この前はゴメンね、眠くなっちゃって」と上戸ばりの笑顔で謝ってきた。

(俺、この人のアソコに入れたのかよ。エッチも覗いたし。信じられない・・・)

「全然いいっすから」

バイトやサークル、夏休みのことを話し、美樹さんと友達は店を出ていった。
白いサマーセーターとチェックのスカートがめっちゃ可愛い。
俺は美樹さんをまともに見ることができなかった。

出ていくなり先輩に、「この前はちょっとやりすぎたな。今度3人で飲もうぜ」と言われた。

そして今週、先輩の家に行く。

<続く>