中学の時、クラスの男子(俺を含め4人)で、あるゲームが流行っていた。
気に入った女子を図書準備室に連れ込み一対一でエロいことをするという内容のもので、今思うとかなり恥ずかしいものだ。
PCMAX
図書準備室は俺達のクラスの隣にあった。
うちの教室は他の同学年のクラスから離れた廊下の奥にあるので人もあまり来ない。
それに図書準備室は曇りガラスだったので外から見えず、入り口は図書室からだけで鍵まで付いていた。
おまけに使う人間が俺達以外ほとんどなくて、そういうことをするにはうってつけだった。

俺達は親しい女子を自然に連れ込んでエロいことをしては、それを報告しあって楽しんでいた。
まあ大概は胸を少し揉んだぐらいだったが、それでもかなり興奮していたし、一度だけすごいことがあった。

俺はもともと余り大胆ではなく、好きな子以外の女子に強い興味はなかった。
俺が当時好きだったのは、髪の短いボーイッシュな子で、クラスでは『男女』とからかわれる子だった。
正直、その子にエッチなことをする度胸はなかった。
でも逆に、誰よりもしてみたくもあった。
そして俺はその彼女(理奈)を部屋に連れ込むことした。

俺「理奈、ちょっと一緒に来て」

理奈「なに?」

俺「ちょっと話あんの」

理奈「分かった、今行くー」

俺は理奈を連れ図書準備室に入るとすぐ鍵を閉めた。

俺「なあ理奈、ちょっと勝負しない?」

理奈「勝負?」

俺「そう、勝ったら何でも好きなもん奢るから」

理奈「マジかっ、よっし!!何で勝負?」

俺「簡単なゲームよ、目隠しして15分間何があっても動かない事、痛いのは無しで」

理奈は怪しむことなく目隠しをした。

俺「じゃあスタート」

俺は開始を宣言すると、最初は彼女の手のひらをくすぐった。
次に手の甲、腕、肩、そしてわき腹にまで手を伸ばした。
そして少しずつゆっくりと胸に近づけていった。
最初は笑っていた理奈も少しぎごちなくなってきた。
俺はくすぐりをやめると、手を胸の前に持っていき、いきなり鷲掴みにした。

理奈「ひゃあっ!」

悲鳴を上げる理奈だが抵抗はしない。
体をもじもじさせるだけだ。
俺はそのまま胸を揉みしだく。

理奈「んっんっんっんっ・・・」

自分の乳房が揉まれるたび声を出す理奈に俺はとても興奮していた。
あんなに勝気で男勝りな彼女がこんなになるのを見るのはとてもいい気分だったので、そのまましばらく胸を揉み続けた。

理奈「・・・ねぇ時間は?」

俺「まだまだあるよ」

俺は彼女が着ていた制服のボタンを外して、ワイシャツの上から胸を揉んでいた。
微かに透けたブラジャーは彼女のイメージに合わない可愛い水色で、同い年の女子の下着を初めて見た俺は冷静さを失っていた。

揉み方にもバリエーションを付けてみる。
手のひらで包み込むように全体を掴んだり、指で擦ったり、急に強く揉み上げその後優しく撫で回す。

理奈「あっあっあんっ!」

悶える声を出し始めると、胸に出っ張りがあるのを見つけた。
それが乳首と分かるとそこを中心に擦り摘んだりして刺激し、ワイシャツのボタンを少しずつ外していく。

理奈「やだ・・・あっ!!あんっ!あんっ!!」

手を服の中に突っ込み、ブラジャー越しに理奈の胸を揉みしだく。
そしてそのブラジャーもたくし上げる。
ついに理奈の生胸だ・・・。

理奈は色白ではないが胸は白い。
乳首は茶色で、今までの愛撫で勃起している。
俺は乳首を摘みクリクリしたり、オナニーするようにシゴいたりして、彼女の乳首に直接刺激を与える。

理奈「あああっ!!いやあっ!いやだぁ!もうやめろ!!!」

彼女もう恥ずかしさに耐えられなくなったらしい。
顔を真っ赤にして俺の腕を胸から引き剥がそうとする。
でも俺は力が強かった。
図書室用の長い机に彼女を押し倒して胸をさらに揉みしだく。

理奈「んあっ!やだっ」

必死で抵抗する理奈の両手を抑え、はだけた服の中に顔を突っ込み乳首にしゃぶりついた。

理奈「あっ!いや、そんな事しないで」

口の中で乳首を転がし先っぽをつつく。

理奈「あっ・・ダメダメ」

さらに思い切り吸い付く。

理奈「んっ!あんっ!あんっ!んぅ!あっ!あああっ!!」

その後も散々乳房をしゃぶり続けて数十分後、ようやく俺は弄るのをやめ、泣いている理奈を家に帰した。

その後、しばらく俺は理奈から口をきいてもらえなかった。
まあ当然と言えば当然なんだけど、好きな子に無視されるのは辛い。
それになにより俺自身も罪悪感でいっぱいだった。
無理やりしてしまった事もそうだが、彼女が嫌がっているのに続けてしまった事と、泣かしてしまった事だ。
最低百回くらいは謝り続けたと思う。

そしたら一週間ぐらいして少し話をしてくれるようになった。
俺があいつに本気で悪かったと思っているのが伝わったのだろう。
それに俺が積極的に話し掛けるようになったせいで、理奈も話し掛けてくれるようになった。
もちろん俺のしたことに触れることはなかったけど、ただ良い事があった。
俺達は前以上に仲良くなれた。
彼氏彼女って関係はないけど、クラスでは一番の友達になっていた。

それから数ヶ月は何事もなく、俺達は三年に進級して別クラス。
でも仲は良いままだったし、学校で話せる時間が減った分、連絡をよく取るようになった。
当時俺は携帯電話を持っていなかったので、家電が唯一の連絡方法だった。
よく一緒に遊ぶようにもなった。

周りからは「付き合っているのか?」ってたくさん聞かれたけど、ずっと友達のままだった。

そして俺達は高校受験を間近にしていた。
一緒に遊んでいたことが、勉強することに変わった。

理奈「進学するとこ決めた?」

こう聞かれて俺はいくつか志望しているところを言った。
出来れば理奈と同じ高校に行きたいと思っていたけど、口には出さなかった。
俺は理奈より8個くらい偏差値が高かったので、無理に勉強しろなんて言えなかった。
そもそも言えるような関係じゃなかったけれど・・・。

理奈「私さ、ずっと考えてたんだけどKと一緒のとこ受けたい」

ものすごく驚いた。
だって理奈にはちゃんと夢があって、それを実現するための学校に行くって聞いていたから、俺と一緒なんてありえないと思っていた。
理奈が俺と同じ高校に行きたいと言ってから、俺達は一緒に受けられるレベルでなおかつ理奈の夢に進める学校を探した。
見つけたところは俺ならギリギリA判定。
理奈はC判定で確実に受かるには勉強する必要があった。
俺達は休みの日も遊ばず努力した。
おかげで何とか二人揃って合格する事が出来た。

それから受験が終わってすぐ俺は理奈に告白し、ちゃんとした意味で付き合うことになった。
でも今までもよく遊んでいたりしていたので、俺は理奈との関係が以前とそんなに変わらないなと思っていた。
しかし理奈は違ったようで、前はよく入っていた俺の部屋にも来なくなり、彼女の部屋にも入れてくれなくなった。
俺はそれを疑問に思い「何でだ?」と聞いたら「前科があるから」と言われてしまった。

だが、理奈が警戒していることが起こったのは、結局どちらの部屋でもなかった。
それは俺達がなんかの委員の仕事で放課後の学校に残された時に起きてしまった。

俺は理奈の仕事が終わるのを誰も居ない教室でただ待っていた。
うちの学校は校舎が4つに別れており、少なくとも今いる教室のある階には誰も居ない状態だったのだ。
そのことに気づいた俺は、今まであまり意識していなかった理奈の女らしさを意識し始めた。
彼女は前に俺がイタズラした時に比べて格段に成長していた。
胸は大きく膨らみ衣服の上でも形が分かるし、背中からお尻のラインはとても綺麗で、丸みを帯びた尻はジーンズを穿くと鷲掴みにしたいような衝動を覚えた。

今の理奈は椅子に座り作業に没頭していて少しの動きには気づかないだろう。
俺はさりげなく理奈の後ろに回り、後ろからゆっくりと彼女の細い肩を抱き締めた。
理奈は体をビクッとさせたが、こちらを振り向かず作業を止めてじっとしていた。
俺は彼女が抵抗しないので、手をずらし力を入れないような感じで胸に触れた。
服の上からでも大きさは段違いになっていた。
揉むとその柔らかさを実感できる。
夢中になって揉み続けると理奈は少し声を出していた。

理奈「あっ・・はぁ、んっ・・」

胸を揉みながらセータを脱がして、ワイシャツのボタンを外して行く。
さらにその下のシャツも脱がすと理奈の上半身に残るのはブラジャーだけだった。
途中までは特に抵抗をしなかったが、最後のシャツを脱がせた途端、隠すように双乳を両手で覆った。
耳は真っ赤になっている。
恥ずかしくて我慢出来なくなったのだろう。

脱がしているこっちも結構恥ずかしかったのだから、彼女がそうなるのは当然だ。
でもこっちも我慢が出来なくなっていた。
両腕で覆った理奈の乳房を無理やり鷲掴みにする。
そのままさっきより力を込め揉みしだきながら耳を舐める。

理奈「ひゃんっ!!」

どうやら耳は敏感らしいと思い、執拗に側面や耳の穴の中を舐め回す。

理奈「ああっ!あんっ!」

耳たぶを甘噛みすると体が震える。
超可愛いんですけど・・・。
顔を覗き込むと、ほんのり赤くてヤバいくらいだった。
興奮した俺はブラジャー外しに四苦八苦しながらもなんとか取り上げる。

理奈「あっ!」

目の前に現れたのは、昔と変わらないくらい白く大きく膨らんだ胸だった。

理奈「恥ずかしいよぉ・・・」

体を丸める理奈は少し震えていた。
俺は理奈に構わず胸を揉む。

理奈「あっ・・あんっあんっ」

乳房を揉むたび体をビクつかせる。
胸の先端にある乳首を摘みあげ、そこも揉む。

理奈「あっ!あっ!あっ!あっ!」

クリクリしてシゴく。
先端を指で擦るとその度に声を出す。
片手で乳首を弄り回しながら下半身にも手を伸ばす。
スカートに手を突っ込み、パンツの上から理奈の股間を撫で上げる。

理奈「だめっ!!」

さっきまで乳首を刺激されるのを止めさせようとしていた両腕で股間を弄る手を抑えようとする。
しかしもう遅い。
理奈のマンコはびしょびしょで感じてるのは明らかだったし、力も弱い。

椅子から彼女を下ろし、床に押し倒す。
スカートを取りあげると理奈の体にはもうパンツ一枚しか残っていなかった。
俺はズボンとパンツを脱ぎ、彼女の体にのしかかる。
男性器を見たこともないはずの理奈は、足や股間に当たるチンポに動揺していた。
胸を隠して、目が合うと恥ずかしそうに逸らす。
俺は顔を下げ、正面から理奈の胸を眺める。
そして間髪入れずに乳首にしゃぶりついた。

理奈「・・・!」

息を漏らし、俺の顔を胸から引き剥がそうとするが、そんな事お構いなしに乳首を吸い舐め上げる。

理奈「あっ!あんっ!んっあんっ!!」

右手と口で両胸を愛撫して左手を股間に持っていく。
あえてパンツを脱がさずに揉んだり撫でたりする。
乳首をしゃぶるのを止めて理奈の顔を見る。
耳まで赤くして涙目になりながら股間を弄る手を止めようとする。
その姿はもうとてつもなく可愛くなっていた。

俺はそれをしばらく続けてからパンツの中に手を突っ込んだ。
マンコの濡れ方は驚くほどでローションでも垂らしたようだった。
俺はもう十分濡れているのでパンツを脱がした。

実際に見たのは初めてだったけどなかなか複雑になっている。
何かの膜のようなものがあり、クリトリスは皮で包まれているみたいだった。
ひだの奥に穴がある。
色々触るとすごくビクついて理奈も声を上げる。
俺は彼女の太腿にがっちりと腕を巻きつけて離れないようにすると足を思い切り開いた。

理奈「ああっ!」

そして顔を近づけて理奈のマンコを舐めた。

理奈「ひゃっ!やだやめてっ!そんなこと・・・」

割れ目にそって舌を這わせる。
マンコを下から上に舐め上げられると腰がビクつき愛液が溢れる。

理奈「あんっ!ああっ!!!やぁっ!!」

しゃぶりつき夢中で舐める。
舐めて舐めて舐めまくる。

理奈「ダメダメダメダメッ!!」

思い切り割れ目に吸い付きクリトリス舌先でつつく。

理奈「あああっ!!!だめっ!!あっあんっ!!!」

理奈の体が跳ねた。
太腿で俺の顔を挟み、手で髪を掴んで震え続けた。
これでイッたんだろう。
でもこんなにすごいモンなのかと驚いた。
AVで見たのはもっと静かだった気がする。
俺は震えている状態の理奈の股を開いた。
そして股間にチンポをあてがい挿入した。

理奈「あっ!!!」

なるべくゆっくり入れたつもりだったけど、すごく痛かったんだろう。
大きな声を出して俺にしがみついてきた。
理奈が辛そうなのでしばらくこのままでいたかったけど、興奮していた僕のチンポは女の子の中の気持ちよさに耐えられなくなっていた。
あったかくてぬるってしているのが気持ち良い。
気付くと腰が動いていた。

理奈「ああっ!!」

前後に動くともう気持ち良すぎて頭にもやがかかっているような感じだった。

理奈「んっ!んっ!んんっ!!」

だんだん射精感が押し寄せてくる。
このまま抜かないとまずいのに、どうしても中で出したい快感に負け俺は動きを早めた。

俺「理奈ぁ、悪いお前の中に出したい」

理奈「あっ!だめっ!あっ!あっ!」

チンポが出入り続ける。

理奈「あっあっあっあっ・・・」

俺は最後に理奈の乳首にしゃぶりついて思い切り突き、奥深くに入り射精した。

理奈「あんっ!ああああっ!!!!」

理奈は俺の体を抱き締め、俺のチンポから放たれた精液を膣の中で受け止めた。

その後俺達はしばらく抱き合っていたが、人が廊下を歩いている気配を感じて急いで後始末をした。
理奈は中で出した事を許してくれたが、しばらくはエロいことは出来なかった。