グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

続き物

    このエントリーをはてなブックマークに追加
最近は合鍵を使ってなかったので、久々に使うことにした。
京子の家に入ると、どうやら2人とも起きているようだった。
俺は脅かそうと思い、広美の部屋に行った。
突然俺が来たからビックリしたが、喜んでいるようだった。
広美を脱がすと、広美は俺のベルトに手を掛けて、そのまましゃぶりだした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2回目に入り、しばらくして玄関で音がした。
京子が帰ってきた音だとすぐにわかった。
普段のパートの日なら、広美が作った夕飯を帰ってきてすぐに食べるのだが、もちろんその日はそんなものはない。
気になったのか、広美の様子を見に京子が階段を上がってくる音がした。
俺は広美の部屋のベッドの下に隠れて様子を見ていた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
家庭教師を長くやってるせいか、まぁ母子家庭ということもあるのだろうが、俺は母親から非常に信頼されている。
合鍵まで持っている。

母親が会社の慰安旅行で家を留守にしたときに留守番を頼まれた。
そのときに娘の広美の処女を奪い、一晩中やりまくった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
とりあえずスペックってやつを。

俺:当時16歳、高校1年。
身長168センチ、体重50キロ。
可相我門に似てるって言われてた。
マンションの909号室。

相手(サエ):当時17歳、高校2年。
身長155センチくらい、体重40キロくらい(あくまでも予想)。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
吹き抜ける風はまだ冷たくて、歩いていても自然と背中を丸めてしまう季節。
でも心の中はすごく暖かくて、家路に向かう足取りもスキップしたくなるくらい弾んでしまう帰り道。

「なんか最近楽しそうだね」

浮かれた気持ちがどうしても顔に出てしまうらしく、3時限目の終わりの休みに、隣の女子に声をかけられた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
激動の1週間が終わり、また新しい1週間が始まる。
なんだか今朝は、すごく快適に目が覚めた。
枕元の時計に目をやると、まだ5時半を少し過ぎたところ。
楽しみがあるってわかってると、身体まで浮かれて勝手に動き出したくなるらしい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
劇的な出来事!
なんてことはなくて、のんびりとした日曜日が始まる。
父は本当に久しぶりの2連休。
起きたときには居間のソファに座って、せっせとゴルフのクラブ磨き。
多彩な趣味の人だけれど、特にゴルフをこよなく愛する父。
腕前はよく知らないけれど、母が「すごいのよ」と教えてくれたことがある。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
『オールド・ボーイ』

韓国の映画。
知る人ぞ知る、悲しくも美しい物語。
デジタル放送で流されたのは2週間ほど前の金曜の夜。
仕事で父が遅かったり、出張でいなかったりする週末は、カラオケやゲームセンターに僕を連れてって、一緒に遊ぶのが母の楽しみ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験を真剣に考えるようになって、頭の良かった母は家庭教師代わりに僕に個人指導。
わからないところを訊ねると、後ろに立って丁寧に教えてくれる。
柔らかいおっぱいが背中に当たっても彼女は平気な顔。
当たり前といえば当たり前だけど、おかげで僕は勉強になんか集中できなかった。
続きを読む

このページのトップヘ