グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

羞恥

    このエントリーをはてなブックマークに追加
もう2年くらい前だけど、いつものように大学の友達数人と家飲みしてるときの話。

女子は寝転んでおしゃべりしてたんだけど、「女子3人のお尻が並んでるのが面白い」って、男子がこっそりデジカメで撮影。
みんな退屈してたので、そこから撮影大会になった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は61歳、主人は60歳のどこにでもいる夫婦です。
私と主人は、もう数十年も前にお見合いで結婚しました。
当時は今みたいに、ナンパしてそのまま結婚なんてあんまりなかったように思います。
というより私がそういうこととは無縁だった気がします。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
こうなったら最後の手段です。
俺は裸のまま、勃起したまま、お風呂のタイルの上に跪いて土下座をしました。
生まれて初めての土下座でしたが、この時は脳ではなくチンコの思考で行動してたので、ためらわずに出来ました。

「ごめんなさい」

「ちょ、やめてよ」
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
俺が24歳になった夏に体験した話です。

連休を利用して祖母の家へ行きました。
祖母は広い家に1人暮らしをしており、介護を必要としているみたいですが、その辺は近所に住んでいる叔母さんが面倒を見てくれているようです。
そもそも祖母の家を訪ねたのは祖母に会うためではなく、海から遠い実家から海に近い祖母の家へ拠点を移し、釣りライフを満喫することでした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は、ある大学病院に勤務している30代の内科の医師です。
先日、医師になって初めて、診察中にドキドキしてしまう貴重な体験をしましたので、初めて投稿させていただきます。

ゴールデンウィークのことです。
開業されている地方の先生が海外へ学会へ出かけられるということで、3日間ほどの診療支援の依頼が医局に来ました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
21歳の時の体験談です。
当時付き合っていた彼女と彼女の妹(JK)を車に乗せて、金沢から北陸道を走って京都まで行くことになりました。
助手席に彼女、リアシートに妹が座ってました。
ちょうどGWだったこともあって敦賀のあたりからひどい渋滞に。
それまでずっとしゃべっていた彼女の妹が徐々に無口になっていきました。
トロトロ走行だったので、(車に酔ったのかな?)と思っていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
これは、まだ私が大学生で青春を謳歌していた若かりし日のドキドキするようなエロ体験です。

大学でいつも一緒につるんでいた友達から、「面白いアルバイトがあるのでやらないか?」と誘われ、面白半分でOKしました。
その友達は、色々な場所で絵のモデルのアルバイトをしていました。
そして紹介されたアルバイトも、絵のモデルでした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
これは僕が小学5年生の時の話である。

当時、上級生の6年生には、性的なことに好奇心旺盛な先輩のミヤ、マユミ、メイの3人グループがいた。
その子たちはたびたび下級生の男子を放課後、女子トイレに連れ込んで、『解剖』と称して服を脱がして露わになったおちんちんを皆で弄ぶという遊びをしていた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
婦人科の内診に夢中になってしまいました。
明るいところにアソコが晒されて、医師が中を覗くというその行為。
感じないはずがありません。

私が内診が大好きになったきっかけのお話をします。
今でもあれは本当に診察だったのか疑問に思うところもありますが、とにかく興奮をしたことは鮮明に覚えています。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
とある日の放課後。
自分は廊下で同じクラスのAさんと共通の趣味の話題で盛り上がっていた。
しばらく話し込んでると、廊下の奥から1人の女の子がこっちに駆け足でやって来るのが見えた。
同じく自分とクラスメート、細いフレームの眼鏡がトレードマークのKさんだった。

「あっ!KちゃんKちゃん!」
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
幼稚園の頃に観た、野生動物のドキュメント番組。
なぜかチーターに食べられるインパラに興奮した。
インパラになってライオンやチーターに食べられたいと真剣に思ってた。

変態幼稚園児の俺は、その夢を少しでも実現しようと模索した。
そこで目を付けたのが着ぐるみ。
しかし、全く財力も技能もない俺にはどうしようも出来なかった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
文化祭の準備を一緒にやってる班に気になる女友達がいた。
なんかの連絡網で、「今夜、電話するからね」って言われて、家の電話番号を教えた。
俺は携帯を持ってないから、メールで事務的に済まされる可能性はない。

確実に、直接声を聞いて話せる!
好きな女子から今日、電話がかかって来る!
続きを読む

このページのトップヘ