グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

痴漢

    このエントリーをはてなブックマークに追加
以前、人妻好きの男性を集めたSNSに入っていたことがあります。
で、メンバーの1人の奥さんをご主人の同意のもと、通勤電車の中で、時間に都合のつくメンバーが集まって、囲んで痴漢をしたことがあります。
もちろん奥さんは知りません。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日、痴漢に遭っちゃいました(*>v<)

綾乃は大阪に住んでるんやけど、夕方の電車の人の多さにはほんまにビックリ。
たまたま買い物からの帰りやって、買ったばっかりの超ミニを嬉しがって穿いててん。
そしたら満員電車やから綾乃は色んな人に囲まれちゃった。
そしたら後ろから何かごそごそって聞こえてきた。
綾乃は、(何やろ?)ってキョロキョロ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
朝の中央線の◯◯駅車内は混雑するというのは有名な話みたいですね。
当時のオレはそんなこと全く知らなくて、◯◯駅の隣の××駅で朝7時半に下車した。
目的は皮膚科。
季節の変わり目になると手の荒れがひどくなるんです。
手がヒリヒリしてて仕事中も常にイライラする。
色々な皮膚科に行ったけどダメ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20歳の時の痴漢話です。

東京で暮らしてた時期があり、休みの日に彼女と遊びに行った帰りなのですが。
埼京線に乗って新宿まで戻る最中に事件は起きた。
夕方近くに乗った電車はなかなかの満員状態で、彼女に少しでも楽させるようにドア付近のわずかのスペースに向かい合う形で立ってた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
出張で東京に行ったんだが、怖い思いをしたが素晴らしいことも2つあった。
いつもは痴漢が下手な俺だけど、昨日は最高だった。
まず6日前に大学生らしき女の子に痴漢したんですが、「警察に連れて行かれたいの!」とものすごい怖い顔で睨んできた。
正直、もう東京では痴漢はしないと思った。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
A子が痴漢を捕まえて警察に突き出したら示談金で30万も貰ったらしい。
冤罪とかはやばいけど、本当の痴漢なら相手が悪いんだから30万は美味しい。

埼京線が一番出るらしいというので行ってみた。
おやじなんか捕まえるのは簡単だけど、逆ギレで暴力とかあるとやばいので、念の為B子にも付き合ってもらった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
出張で関空へ行く途中のJRの中で痴漢に遭いました。
以前にも地下鉄で押しつけ痴漢に遭い、鉄道警察へ連れて行かれた経験があります。
もちろん痴漢してくる男が一番悪いけど、やはり自分にも非があるような気分で・・・。
最近はミニも穿かず、パンツルックの服装が多かったから油断してたのかな?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
冬休み明けからしばらく経った時期。
今年は暖冬だと言われてはいるが、それでも真冬は寒い。
最近じゃあJK・・・否!JCやJSでも黒タイツやレギンスなるものを着用する子が増えて面白くない。
特に俺みたいなロリ趣味野郎がターゲットとしているJCは生脚だからこそ価値がある。
JKにはない張り、艶、スベスベなツルツル感にゾクッとくるのだ!
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は27歳にして離婚しました。
子供は8歳と6歳の男の子と女の子で、2人とも私が親権を取って実家に戻り、今は実家から会社に通勤しています。
実家暮らしになったので以前より経済的に良くなり、子供達も両親が見てくれるので、仕事が遅くなっても安心して仕事に専念出来ていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
妻(39歳)と結婚して18年を迎えました。
妻は私が言うのも何だが、まあまあの美人だと思います。
職場で知り合った頃には、妻の隠れファンが多く存在していたことも知っています。
結婚し、妻は職場を去ったが、同僚や後輩からは「羨ましい」と言われました。
そんな妻も、出産して育児と家事に追われ始めると女性から母へと変わり、いつの頃からか地味な服装に薄化粧と色気を失っていきました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
左手の中の男も、先端の丸い部分がパンパンになっていて、今にも破裂しそうだった。
男から出た透明な液体が、ヌルヌルとして気持ちがいい。
不規則にビクッビクッと痙攣を繰り返し、先端からみっともなく精液を撒き散らす男の姿を見ることができるのはもうすぐだった。
続きを読む

このページのトップヘ