グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

痴漢

    このエントリーをはてなブックマークに追加
出張で東京に行ったんだが、怖い思いをしたが素晴らしいことも2つあった。
いつもは痴漢が下手な俺だけど、昨日は最高だった。
まず6日前に大学生らしき女の子に痴漢したんですが、「警察に連れて行かれたいの!」とものすごい怖い顔で睨んできた。
正直、もう東京では痴漢はしないと思った。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
A子が痴漢を捕まえて警察に突き出したら示談金で30万も貰ったらしい。
冤罪とかはやばいけど、本当の痴漢なら相手が悪いんだから30万は美味しい。

埼京線が一番出るらしいというので行ってみた。
おやじなんか捕まえるのは簡単だけど、逆ギレで暴力とかあるとやばいので、念の為B子にも付き合ってもらった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
出張で関空へ行く途中のJRの中で痴漢に遭いました。
以前にも地下鉄で押しつけ痴漢に遭い、鉄道警察へ連れて行かれた経験があります。
もちろん痴漢してくる男が一番悪いけど、やはり自分にも非があるような気分で・・・。
最近はミニも穿かず、パンツルックの服装が多かったから油断してたのかな?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
冬休み明けからしばらく経った時期。
今年は暖冬だと言われてはいるが、それでも真冬は寒い。
最近じゃあJK・・・否!JCやJSでも黒タイツやレギンスなるものを着用する子が増えて面白くない。
特に俺みたいなロリ趣味野郎がターゲットとしているJCは生脚だからこそ価値がある。
JKにはない張り、艶、スベスベなツルツル感にゾクッとくるのだ!
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は27歳にして離婚しました。
子供は8歳と6歳の男の子と女の子で、2人とも私が親権を取って実家に戻り、今は実家から会社に通勤しています。
実家暮らしになったので以前より経済的に良くなり、子供達も両親が見てくれるので、仕事が遅くなっても安心して仕事に専念出来ていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
妻(39歳)と結婚して18年を迎えました。
妻は私が言うのも何だが、まあまあの美人だと思います。
職場で知り合った頃には、妻の隠れファンが多く存在していたことも知っています。
結婚し、妻は職場を去ったが、同僚や後輩からは「羨ましい」と言われました。
そんな妻も、出産して育児と家事に追われ始めると女性から母へと変わり、いつの頃からか地味な服装に薄化粧と色気を失っていきました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
左手の中の男も、先端の丸い部分がパンパンになっていて、今にも破裂しそうだった。
男から出た透明な液体が、ヌルヌルとして気持ちがいい。
不規則にビクッビクッと痙攣を繰り返し、先端からみっともなく精液を撒き散らす男の姿を見ることができるのはもうすぐだった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
専業主婦をしている50歳のおばさんです。
先日、猛暑日の中、古くからの友人に会いに行くために、ちょっとお洒落して電車に乗りました。
物凄く暑い日で、電車に乗った時には滝のような汗が体中から吹き出ていました。

ハンカチで汗を拭きながらガランとした車両の端に座ってると、私の隣に若い男の子が座りました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
高校2年の夏休み、大学の寮に入っていた姉が帰省してきた時のことです。
その日は仲良しの友達が遊びに来ていて、僕の部屋でエッチな本を見て2人で盛り上がっていました。
姉が母に言われてお茶とお菓子を持ってきてくれました。
姉が部屋から出て行くと・・・。

友達「お前の姉ちゃん可愛いな、きっと裸も綺麗なんだろうな」
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
男の人って、一度は痴漢したくなる瞬間があるらしいですね。
でも、もし発覚したら逮捕されて人生が終わるので我慢しているのでしょう。

私はこれまで同じ女性として、痴漢されて嬉しいとか、気持ちいいなんて人はいるはずがないと思ってました。
私自身も今までに何回か痴漢に遭いましたが、手を払ったり睨んだり、痴漢にはうんざりしていました。
でも今回は違ったんです。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
いつ倒産してもおかしくない町工場で勤めています。
本当に小さな工場で、従業員も4人の零細企業。
夫と離婚してバツイチになり、知人にこの工場をに紹介してもらったんです。

ある日の午後、ちょっと遅い昼休みを取っていました。
その日は休日出勤で、私と50代の作業員の2人だけ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ついこの前起こった出来事を書きます。
地元に夜行バスで帰った時の体験談です。

その夜行バスは座席が、通路を挟んで2つと3つのようになっていました。
自分は3つの方の窓側の席に座りました。
出発を待っていると、隣の席に中3と中1くらいの姉妹らしき子が座ってきました。
続きを読む

このページのトップヘ