グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

レイプ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は女だてらに管理職に就いています。
商談なども任されているので、取引先が遠方なら自ら出張に行くこともよくあります。
そんな出張先での出来事です。

交渉等を含めて1週間ほどかかりそうだったので、私は一番信頼している部下を連れて行くことにしました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
数年前、僕は繁華街でキャッチに声をかけられ、立ち寄ったガールズバーでぼったくりの被害に遭った。
この日、僕は風俗に行くつもりで財布には結構多めにお金を入れていたのだが、そこでかなりの金額を持っていかれてしまった。
深夜のためATMも時間外で、帰りのタクシー代も払えそうになかった僕は、風俗はおろか帰ることさえも出来ず、しばらく酔い醒ましに街中を徘徊していた。
電車でならなんとか帰れそうだったが、始発までは相当の時間があった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
すごく昔のことですが、私は21歳のときの出来事です。

その日は8月の暑い夕方のことでした。
何も知らない私は、彼に指定された東京駅近郊のシティホテルに行き、ノックしました。
ドアが開くと彼が出てきて中に通され、ワクワクしながら部屋に入ると、そこには3人の男性がいました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は短大卒業して就職した頃から、自転車で駅まで行って電車に乗って会社に通っていました。
駅まで通ってた時によく「パンツが見えた」と男性達の声が聞こえてたんですけど、自転車で急いでいた私は、パンツを見られたことより会社に遅刻したくない気持ちが強く、気にしませんでした。
パンツが見えたくらいで喜んでいる男性の感情が当時は理解できず、恥ずかしいという感情よりも、そんな事に興奮する男性の心理というか性欲がわかりませんでした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私が大学1回生の冬休みの時なんだけどね。
仲良くなった友達の『ヒナ(仮名)』の実家が浦安市で、ディズニーの近くで羨ましいなって話してたら、「泊まりに来なよ」って話になって泊まりに行ったんよ。

ヒナの家は父子家庭でね、仕事で遅くなるからってお父さんから連絡来たから、先にご飯を食べてお風呂に入って、ヒナとリビングのコタツで飲んでさ、2人とも寝ちゃったんよ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
レイプされた当時のスペック。
私:18歳、高卒で地元に就職。
相手:24歳、同じ職場の先輩、包茎。

お互い別に付き合ってる相手はいた。
包茎先輩(今の夫)は、どちらかと言えば私の苦手な「ウェーイw」とか言ってるようなリア充DQN系だった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
入院先の病院の霊安室で看護師さんに中出ししました!
扁桃腺って完全に治るまで入院しなくちゃいけないんで、めちゃくちゃ暇なんですよね。
だから、つい可愛い看護師さんを発掘してしまいます。

ある日、担当の看護師さんが休みってことで、代わりに前から狙っていた新人看護師の、あみちゃんが来ました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
去年の夏、主人と小学生の息子2人(小5と小4)で山中の河川に出かけたときのことです。
私と上の子は水着になって川で遊び、主人は下の子とバーベキューの用意をしていました。
気づくと主人と息子の姿がなく、バーベキューの場所には見知らぬ20代くらいの男性が・・・。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5年前、私が大学時代に母校の教育実習に行っていた時、男子生徒達に学校で犯されました。
そして、それが毎日のように続き、あと数日で実習期間が終わりを迎えようとするある日の夕方、彼らはとうとう私の家までやって来たのです。
しかし、その日は実家から中学生の妹が家に泊まりに来ていて・・・。
その時のことを話したいと思います。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私が27歳の時、ホテルで仕事をしていた時のことです。
当時、それなりに有名なビジネスホテルで働いていました。

そんな私も結婚をして、もうすぐ会社を退社するという時、ある若い19歳の男の子がアルバイトとして入社してきました。
最初はとても良い印象で真面目そうな子でした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
まだずいぶん若い時だ。
将来のことも仕事のことも特に悩みのなかった、若くて無鉄砲な時代だった。

その日、バイト先の男友達と高校で知り合った女友達でカラオケで飲んでいた。
名前がないと表現しにくいので、その女友達を仮に『マイコ』としておこう。
バイト先の男友達は『タイゾウ』で。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今でもあの恐怖は鮮明に覚えてます。

私には8歳年が離れた兄がいて、私が10歳の時です。
私は優しい兄が大好きで、いつも一緒にいました。
お兄ちゃんが遊びに行くというので連れて行ってもらうことになりました。
お兄ちゃんが行ったのは人気がない場所で怖かったけど、お兄ちゃんがいるから大丈夫だと思ってました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
俺は31歳、独身、アパートで一人暮らし。

夏の夜中、玄関の方からバタンドタンという物音で目を覚ました。
何かと思って見に行くと、見知らぬ熟女が玄関で寝ていた。
近くに寄ると、やたら酒臭い。
時々部屋の鍵を掛け忘れていたから、酔っぱらいが間違って入ってきたんだろうと察しがついた。
続きを読む

このページのトップヘ