グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

浮気

<相手のスペック>
36歳、2児の母。
157センチくらいでEカップと、なかなかのスタイル。

昔からの友人で、実は少し体の関係もあった。
しばらくお互い忙しくてたまにメールするくらいだった。
しかし、久しぶりにメールすると、ストレスが溜まっているのか、『人肌恋しいわぁー』って返ってきた。
続きを読む

私には結婚を前提に付き合っている彼氏がいて、彼には甥っ子のケンタ君がいます。
彼と彼のお姉さんは年が離れていて、彼は24歳で、ケンタ君は14歳の中学2年生です。
私は23歳で、ケンタ君からは、「姉ちゃん」と呼ばれています。
彼と付き合って2年。
ケンタ君とも何度も会っていて、家族ぐるみで旅行に連れて行ってもらったこともあります。
ケンタ君は私の家から電車で1時間半くらい離れた叔母の家にいて、休日はたまに遊びに来ることもありました。
続きを読む

大学の時サッカー部のマネージャーをしていた私。
毎年の夏の合宿は大変だけど、とっても楽しいものでした。
私は1年生の時から同期に彼氏がおり、とってもラブラブでした!
ちなみに私は少し太っている深キョンのような容姿です。
彼氏もいたし、お母さんのようだと、みんなからは女として見られていない存在だったと思います。
続きを読む

一昨年の秋、出会い系で会った女の子の話。
備忘録に近いです。

<スペック>
名前:ユキ。
年齢:22歳。
職業:大学生。
顔:上野樹里を崩した感じ、可愛い系。
髪型:黒髪のナチュラルワンカールボブ。
スタイル:普通体型のCカップ。
続きを読む

高3の頃、2つ下の1年の女の子(歩美)と付き合っていた。
その子はネット通話のスカイプが好きで、よく一緒に喋って遊んだりした。

ある時、会話に1人追加していいかと聞かれ、オッケーした。
同じ16の女の子(千尋)だった。
ちょっと天然で面白く、話がコロコロ変わる子だったのを覚えてる。
続きを読む

最近、新しくうちの部署に入ってきた後輩の男の子と、職場の人には絶対に言えないことをしてしまいました・・・。
Rくんは私が教育担当になってから、仕事では絡みがあるけど、プライベートでは全くといった感じでした。
年は3個ぐらい年下で結構イケメン・・・。
真面目そうで、身長も180センチくらいあって、同僚の女子から密かに格好いいと人気がありました。
続きを読む

舞とは高校3年間ずっと同じクラスで結構喋ってた。
去年の大晦日友達の家に6人ほどで泊まりに行くことになり、そこには舞もいた。
夜までwiiや人生ゲームなどで騒いで、年を越してから初詣に行った。
友達の家に戻ると疲れからか、みんなすぐに寝始めてしまった。
続きを読む

とあるサイトで知り合った人妻のM子(48歳)。
最初は日常会話のみだったが、たまにはエロい話でもしてやろうと下ネタを振ってみた。
M子はノリノリで色んな話や体験談等を話すようになり、いつの間にかテレビ電話でオナニーの見せ合いをするようになった。

続きを読む

私は孝介くんのチンチンを握り締めました。

「あったかいね」

そして上下にシゴいてあげました。

「・・・っつ」

彼は声を押し殺します。
続きを読む

女子大3年の、彩乃(あやの)と言います。
162cm、50㎏、ブラのサイズはEカップです。
港区のマンションで1人暮らしをしています。
趣味はもっぱら1人エッチです。
続きを読む

結婚する前、会社の23歳の女の子が可愛くて清純な感じだったので惹かれていた。
まずは昼食を奢って仲良くなり、次は映画に誘い、文学好きで話が合ったので数回のデートをした。

2ヶ月ほど経った頃、「付き合って」と告白。

しかし、「ごめんなさい」と振られた。

続きを読む

平成の初め頃の思い出です。
中3の夏休みの登校日のこと。

中3の頃はモテ期で調子に乗ってました。
隣の席のエッちゃんと話してました。
エッちゃんはショートカットで猫顔が可愛い巨乳の女の子です。
テニス部で真っ黒に日焼けしてました。
続きを読む

狙ってたワケじゃないんだけどね。
職場に美人というより可愛いアイドル顔した後輩がいて、それがとにかく酒はザルで、どんな飲み会でも今まで一度も乱れたとこを見たことなかったんだが・・・。
続きを読む

<自分のスペッ>
俺:167cm/65kg、23歳。

<相手のスペック>
165cmぐらい。
ポチャ、一応巨乳。
続きを読む

さすがに1~2分扱かれただけで射精してしまうなんて男として恥ずかしすぎるので、ふーちゃんの手を掴んで扱くのを止めさせ、「俺も頼みがあるんだけど・・・」と誤魔化しも兼ねて言ってみました。
ふーちゃんは俺の顔を見ながら「なぁ~に?」と答えてくれたので、俺はどさくさに紛れて無理を承知で言ってみました。

「ふーちゃんとキスしたい・・・」

ふーちゃんは、「えぇ~~・・・」と困惑しながらも顔を近づけてきました。
続きを読む

このページのトップヘ