グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

初体験

あたしは今、高1ですが、初体験は小4でした。

それは7月頃のこと。
家に帰る途中に教室に水着を忘れたことに気がついて教室に引き返したんです。
そして教室のドアを開けたら、好きだったO君があたしの水着を広げてオナってたんです。
あたしはそのとき、オナニーどころかエッチも知らなくて。
続きを読む

私が中学生の頃のことです。
岐阜県に住んでる従兄に3年ぶりに会いに行きました。
従兄は、その頃ちょうど20歳で一人暮らしをしていました。
従兄の家に行くと、意外にも整理整頓されていて驚きです。

「紅茶でもいれようか」
続きを読む

今までに僕は2人の女性に僕の子を産ませました。
今回はそのうち1つの体験談を書こうと思います。

僕が初めて父親になったのはなんと13歳のときです。
中学1年生でした。
担任の長瀬先生(当時25歳、既婚)に誘惑され、エッチしてしまいました。
続きを読む

俺が大学4年の頃の話。
この頃が人生で唯一エロい体験が出来た時期だった。

工学部の建築学科だったので女はほとんどいないのだが、たまたま俺が入った研究室には大学院生の女(23歳)が2人もいた。
1人はいつも笑顔で小さくて可愛い感じのA子、もう1人は大人びた感じで美人系なのだが、ちょっと恐い感じのB子だった。
続きを読む

俺とトモコはいわゆる幼なじみというやつで、俺が小3の時に引っ越した先の隣の家に住んでいました。
トモコの見た目は、広末をロングヘアーにした感じです。
トモコの家は父子家庭で父親は郵便局員で時々帰りが遅いこともあり、その時はうちの親が家に呼んで一緒にご飯を食べたりすることもあり、逆に俺がトモコの家に行ってご飯を呼ばれたりすることもありました。
続きを読む

僕(ゆうま・仮名)が中学3年生の頃の話。

体育は2クラス合同で行なっていて、プールの授業の時は校舎とプールが近いということもあって、例えば1組が男子、2組が女子みたいに、別れて教室で着替えていました。

そんなある日、体育の授業の前に、僕は係の仕事で国語のワークを隣のクラスの友達(あかね・仮名)と職員室に運んでいました。
続きを読む

高校2年生の時、1学年下の後輩の聡美と処女と童貞で初体験した。
小柄で可愛い聡美は同じ中学の後輩で、「同じ高校に合格したら付き合って欲しい」と言われていた。
聡美は気立ての良い女の子だったから俺も気になっていたので、喜んで受けた。
続きを読む

オジサンに処女を奪われてから2ヶ月。
今日もまた・・・朝5時50分くらいに電話がかかってきた。
オジサンは少し仕事が早めにあるそうで、一緒にオナニーするのには時間を早めないと思い、電話を少し早めてしてきたそうだ。

「じゃあ下脱いで」

オジサンは毎日の日課のように言っている言葉を言ってきた。

私は、「う、うん。下着・・・も?」と聞いた。

続きを読む

オジサンは揉んでいた手を止め、また体中を撫で回しだした。
もう私の体は疲れていて我慢など出来ない状況になっていた。

「はっ・・・ぁ・・・っん・・・」

オジサンは私を支えていた、もう片方の手を私の乳首に持っていき、少し強めに摘まみだした。
私は息を漏らしながら膝を崩し、ペタンと座ってしまった。
続きを読む

久しぶりにオジサンを見たとき、私のイメージとは少し違っていた。
頭の中で少し格好良く顔を作り変えちゃったみたいで、かなりショックを受けた。

(こ、こんな顔だったけ・・・やっぱ顔とか体型って結構付き合うのに重要だよね・・・)

とか思っていたら車が発進。

(ちょwどこ行くんだよ!)と思ったが、口には出せなかった。

続きを読む

中学3年生。
全ての初めてをオジサンに捧げた夏休み。

出来事は約1月くらいに遡る。
オンラインゲームで私が入っていたチームの隊長さんだったオジサン(30歳)がある日、『メアドを交換しよう』と言ってきた。
オジサンとは結構仲が良かった。
続きを読む

当方27歳、今日、吉原で卒業してきました。
店は120分、55Kのところ。
記憶が鮮明なうちにと思い、無駄に長いのはご容赦を。

以前から気になっていた姫を勇気を出して予約。
その後はオナ禁スカイウォーカーになって、暗黒面に陥ることなく、期日までの3日を無事やり過ごす。
今日は朝起きて、爪を切りやすりをかけ、風呂では念入りに体と髪を洗い、歯を丁寧に磨く。
超暑い日で、体臭が気になるので制汗剤を使っておきました。
続きを読む

ボクは叔母で童貞を卒業しました。
独身の頃の叔母は、ボクたち兄弟の第二の母親みたいな存在で、よくうちに遊びに来ていました。
母親より優しい印象の叔母に、よく懐いていました。
弟が生まれた時、5歳だったボクは見事に赤ちゃん返りをしました。
弟の世話にヘトヘトだった母は、ボクの相手をする余裕がなかったのでしょう。
冷たくあしらわれ、悲しい思いをしていました。
続きを読む

今まで童貞でいることについては何も感じなかったんだけど、前日の夜、妙に童貞を捨てたくなったので決行。
当日の朝にサイトを巡って、お気に入りの姫を見つける。
90分で3万ぐらいとのこと。
心のどっかに引っ掛かるものがあったのか、予約の電話をするのに30分も躊躇してしまった。
予約の電話はボーイさんの対応も丁寧で安心した。
続きを読む

オレが中学のときの話ですけど、当時仲のいい女の子がいて学校帰りとかによく遊んだりしてたんです。
家にもたまに行ったりして。
で、正直に言うとオレはその子(ここでは『A』とします)のことが好きでした。
でも奥手なんで、告白はできず・・・。
続きを読む

このページのトップヘ