グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

Hな体験

    このエントリーをはてなブックマークに追加
高校の修学旅行のときでした。
3泊4日の修学旅行は、山口から大阪そして東京まで、バスで巡る旅行でした。
その間ずっと同じバスガイドさんでした。
僕のクラスは運良く、一番きれいなガイドさんでした。
他のクラスも、みんなそれなりに可愛いガイドさんでした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
これはオレが若かった時のこと。
仲の良い6人のグループで遊んでいた。
その中でもオレは年が若い方だったのだが、そのおかげで何かと可愛がられていたような気がする。
上は30歳の男性もいたが、オレの中で強烈だったのは24歳のヒカリという女だ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
オレは若い頃に深夜のコンビニでバイトをしていたことがある。
そこは住宅街の中にあるということもあり、夜中に来る人など限られていた。
だから仕事と言っても、配達された商品の検品や整理などがメインだった。
それ以外はハッキリ言ってやることがない。
それでも助かったのは、夜中でも2人体勢だったことだ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の思い出作りに友人たちとキャンプに行くことになった。
男女合わせて5人の仲間たちで、1泊の計画である。
大きな車を持っている男がいるので、乗り合わせてキャンプ場に向かった。
バーベキューができる施設も整っていて、広い芝生が広がっている。
好きなようにテントを張っていいという素晴らしいところだ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は25歳になりますが、職を転々としています。
やる気だけはあるのですが、仕事が長続きしません。
もう貯金も底をつき、このままでは家賃を滞納してしまうと思い、手っ取り早く夜のバイトをしました。
スナックみたいな所で、お客さんの隣りに座ってお酒の相手をするお店でした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがバイトをしている、とあるカフェでの話だ。

オレの本業は一般的なサラリーマンなのだが、この店のオーナーと知り合いで、手伝って欲しいと言われたので、週に3日くらい夜だけ手伝っている。
正直、平日の夜は暇なものである。
8時くらいまでならご飯を食べに来るお客さんもちらほらいるのだが、9時になったらもうほとんど誰も来ないと言ってもいい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
その日は合コンで、男女合わせて6人で飲んでいた。
女性3人は全員初対面。
見た感じ、ハズレな女もいなくて、話をしていてもまあまあ楽しい。
その中に1人、あまり話さない子がいた。
そこまでだんまりでもないのだが、あまり自分を主張してこない。
きっと控えめなタイプなのだろうと思っていた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
芸能関係の仕事をしているものです。
先日、良い思いしたので投稿させてもらいます。

芸能と言ってもメジャーな世界じゃなくてマイナーな世界です。
小規模な舞台や朗読劇のプロデュースをやっています。
キャスティングしてるのは駆け出しの若手女優ばかりです。
女の子オンリーの舞台です。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、22歳の女の子、ひとみに中出しをしました。
彼女はおっぱいがとても大きくて色白の専門学校生。
生理の周期を聞いていたらちょうど危険日でした。
私も1週間ほどセックスはむろんオナニーもしていなくて、精液は溜まりまくり。
これはラッキー!
もう中出ししまくるしかないと、話を聞いているうちに股間が膨らみました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日、仕事の後輩と人妻風俗に行って来ました。
とりあえずその店は初だったので、パネルを見てエロい感じの嬢をチョイス。
後輩と会話が盛り上がってたのでその時は気づいてなかったんだが、嬢と対面したときに嬢が明らかにキョドっていて、全く目を合わさない。
まぁ恥ずかしがり屋さんね、と思いながら個室へ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事で外回りをしていた時の話。
客先の都合で訪問時間を変更せざるを得なくなり、かなり時間が空いてしまった時がありました。
会社に一旦帰ることもできない距離と時間でしたし、睡眠不足を解消しようと林の中の邪魔にならないところに車を停め、車内で寝ていました。
続きを読む

このページのトップヘ