グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

女性視点

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今でもあの恐怖は鮮明に覚えてます。

私には8歳年が離れた兄がいて、私が10歳の時です。
私は優しい兄が大好きで、いつも一緒にいました。
お兄ちゃんが遊びに行くというので連れて行ってもらうことになりました。
お兄ちゃんが行ったのは人気がない場所で怖かったけど、お兄ちゃんがいるから大丈夫だと思ってました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
某ウエディングホールに勤めている22歳です。
専門学校を卒業し就職して3年になりますが、今真剣に退職を考えています。

私の勤める式場は規模が大きく、それなりに人気があるようで、週末は半年先まで予約で埋まっている状態が続いているんです。
担当別に1~4課まであり、私は男性3名と女性8名の1課でした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は22歳、某会社のOLです。
男が好き、セックスが好き。
だから週に一度はナンパされに出かけます。

今日は花の金曜日、男に抱かれることを期待して、金曜日と土曜日は街に繰り出します。
食事はタダだし、セックスは気持ちいいし、おじさんはお小遣いをくれることがあるので、夜な夜な目いっぱい着飾って、バックにはコンドーム。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Tと神社でエッチしてから何日か経ちました。
初めて顔を合わせるまではガンガンTからメールが来ていたのに、エッチしてからはパタリとメールが来なくなりました。
でもあたしからメールすると普通に返事が来ました。
なんだか1回限りの関係なんだと虚しくなりました。
というか、エッチする前とした後で立場が逆転みたいな感じでした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
当時あたしは彼氏もいなく、前の彼氏と別れてから1年半くらい経った時期だったので、色んな男を紹介してもらっていました。
高校は女子が多かったので。
あたしは顔には自信なかったし、どんな相手を紹介されてもいいやって感じで、色んな人を紹介してもらいました。
だけど紹介だと話が続かず、メールが途切れることが多かったです。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
当時、私には彼氏がいたのですが、私のことが好きだという男がいて、私もその人のことが嫌いではありませんでした。

ある時、その彼が、「私ちゃんとヤレるんだったら10万出す」と言ってきたので何気なく、「本当に~。それだったらいいよ」と答えました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
主人は交際中はもちろん、結婚した今でも浮気や女遊びには全く興味を示さず、ずっと私を大切にしてくれています。

(でもそんな主人が、私以外の女性としたらどんなだろう・・・?)

以前から凄く興味があり、私からリクエストして、主人が他の女性を抱いてしまう設定のイメージプレイを何度かしていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
まずはスペック。
私:21歳、♀、ほぼニートのフリーター。
彼氏:29歳、社畜、早漏。

半月くらい前に彼氏の浮気が発覚した。
浮気というか、厳密には部下に手を出してセフレにしてたようだった。
私はなんにも知らずに、(彼氏かっけえwうっへw)とか思ってた。
当時の自分を絞め殺したい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
11月20日の月曜日。
約束の11時より20分も早めに俊哉さんはやってきました。
ただ待ちきれなかったのは私も同じで、朝からソワソワして、掃除もシャワーも早めに終え、いらないと言われていたお昼の簡単な準備を終えたところでした。
それだけ俊哉さんに会えることを楽しみにしていたのです。
もしかしたら、先ほど穿き替えた、今日のために選んだパンティもすでに恥ずかしい染みができているかも・・・。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は神戸で夫と高校生の娘と暮らす47歳の専業主婦、美紀と言います。
ほんの1ヶ月前、それまでの人生が急転するような出来事が起こりました。
甥っ子の俊哉さんと肉体関係を持ってしまったのです。

俊哉さんは私の姉の息子で、幼い頃から「俊くん」と呼んで可愛がっていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4年前に肝臓癌で6歳年上の夫が他界しました。
享年59歳でした。
還暦を迎える前に逝ってしまったので、夫のことを考えると無念でした。

私たち夫婦には1人娘(結子)がいますが、すでに嫁いでいますので、現在は夫の遺してくれた1軒家に1人で暮らしています。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
33歳の主婦です。
先週の土曜日に同級生の結婚式があり、遠い場所だったので主人に子供をお願いして1泊で出席しました。
子育てに忙しく家を空けることなどなかった私は凄く楽しみにしていました。
私は近くのビジネスホテルに泊まる予定でした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
その日は雨が激しく、歩く気分でなかったので、移動にバスを利用しました。
普段滅多にバスには乗らないのですが、かなりの混みようでした。
奥へ奥へと押され後ろの方へ。
一番後ろの席が3つくらい空いたのでそこに座ると、続けて何人か座ってきました。
結局右側の窓側になってしまいました。
まぁ終点まで行くので心配もしていませんでした。
続きを読む

このページのトップヘ