グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

男性視点

今から2年くらい前の話。

その女友達とは仲良くてよく遊んでた。
でも恋愛関係とかじゃなくて、ホントに友達として遊んでいました。
俺は学生で彼女は社会人で車を持っていたんで、いつも彼女が車を出してくれてました。
そのぶん俺が飯を奢ったりして。
続きを読む

俺が高2、彼女が高1の初夏、裏山の藪の中で合体中、覗きのオヤジにもろに見られ、説教までされた話を書きます。

彼女は身長165cm、バストCカップ、肌は透けるように白くて体操部所属。
蒼井優似の本当に可愛い女性だった。
家はシングルマザーでお母さんは30代後半の綺麗な人。
個人病院の院長の愛人をしていたから経済的には恵まれていた。
続きを読む

20歳を過ぎて初めてできた彼女だった。
バイト先の同級だが学校が違うN。
小顔でロングの黒髪が似合う、僕には不似合いな彼女。
バイト先でも女子とあまり口を利けない僕を気遣ってくれたのか、話しかけてくれていたNだった。
続きを読む

自宅から出て1人暮らしをし、学生時代から始めたスロット。
少ないながらも年間100万円以上の収支を出していた。
ある事情から自宅に戻ることになり、地元のスロット店へ通いだす。

2年前の冬。
通うパチ屋にコーヒーレディーが派遣されるようになった。
続きを読む

保育園の年長の時。
仲良かった女の子に家に親の仕事が終わるまで預けられるようになってた。
その子は広い屋敷に住んでいて、親の目が届かないので色々やった。

きっかけは、彼女が買ってもらった水着を着て見せてくれたことだった。
続きを読む

俺にとってはものすごい出来事だった。
俺の会社は夏と冬に飲み会があるのだが、今年の夏の飲み会のことを話します。

某居酒屋の3階で行われた夏の飲み会。
総勢36名の飲み会で結構な人数だった。
続きを読む

智恵はクリを指の甲でリズミカルに回転させながら、もう一方の手で穴の周りを2本指でぐちゅぐちゅと掻き回し、すぐさま指を2本入れると、クリのリズムと同じように回転させていた。

「だめぇ、見ちゃイヤ!」

「智恵のすごい濡れてる」

「あぁ!そんな!感じちゃう」

「溢れてるじゃん」

続きを読む

繁華街の飲み屋で酔った女に出会ったのはだいぶ前の話。
飲み屋のカウンターでちびちびと飲んでいると、突然隣に座った女の子。
小声で可愛く、「ねぇ?やっちゃわない?」と誘われた。
なんの話かわからずにいたんだけど、飲み代を払えば私とエッチできるよ!という意味だった。
続きを読む

我が家の隣家は、旦那さんがある特殊な仕事(詳しく書くとばれるので伏せておきます)に就いていらっしゃるので、ほとんど在宅しておらず、いつも奥さんと3歳になる一人娘の2人きりのご家庭です。

横浜のそこそこ高級な住宅街なので、お互い少々の庭を持っており、隣家の奥さん、仮に『S子さん』としておきますが、S子さんが庭で子供を遊ばせる姿をしばしば見かけてはおりました。
我が家とS子さん宅の庭は、木製の格子を隔てながらも、やはり隣接しているのです。
続きを読む

中学校から高校にかけて、俺は超デブだったので、常人の女以上におっぱいがあった。
小学生の妹がよく「おっぱい♪おっぱい♪」と言って揉みに来た。
ただ無邪気に面白がってやってただけで、エロい気持ちなど妹には毛頭ない。
そのうち俺は乳毛が気になりだしたので、見せたり、直に揉ませたりするのは恥ずかしくなった。
と同時に妹のおっぱいも膨らみ始めてくると、妹は兄のおっぱいを弄ぶのは良くないことだと感じ始めたようだった。
続きを読む

高校時代の話をします。
僕は高校時代、電車通学をしていました。
高2の時に車内で出会った女の子の話です。

僕はいつも決まった時間の電車に乗り、決まった車両に乗り、決まってドアに背を向け、もたれるように電車に乗っていました。
神経質な性格などではなく、ウォークマンを聞きながら無意識に行なっていた、ただの日常でした。
続きを読む

突然、校長室に呼び出されると、「健康優良児の学校代表に決まったから」と通達され、「今から審査会場に行ってもらうから」と、そのまま同級生の女の子の片瀬さんと2人一緒に、訳が分からぬまま養護の先生の車に乗せられた。

1時間ほど車は走り、公民館みたいなところで降ろされると、養護の先生と離れ、受付の係員に誘導されながら、体育館らしきところに連れて行かれた。
すると中では、同級生と思われる他校の代表者がすでに男女それぞれ30人ずつぐらい集まっていた。
続きを読む

俺(A)が小学6年生の時だった。
近所の悪ガキBといつも遊んでいた。
性の知識もなく、ただ女の子を見ていると股間が熱くなるのを今でも覚えている。
体育の授業の時の着替えでは、Bと2人でブラを着けてない女の子の隣で寝たふりをして、まだ発育途中のマショマロのようなおっぱいをずっと見続けていた。
続きを読む

小学6年の時のこと。
近所のアパートに、20代後半ぐらいのお母さんと、小学2年の女の子が引っ越してきました。
自分は登校班の班長になったばっかりで、朝点呼して、引率する役目でした。
集合時間にその子はよく遅れ、アパートによく呼びに行きました。
そのお母さんは髪もとかしてなくて、いかにも寝起きって感じで、子供ながらに呼びに来られて鬱陶しいって思われてるんだろうなぁって思ってました。
続きを読む

私は41歳の借金男です。
全ての預貯金などを解約し返済しても260万円の借金が残りました。
これも早期に完済しないと、あっという間に利子が膨らんで元の木阿弥です。

そんなある日、36歳の妻が離婚届と完済証を私に差し出しました。
続きを読む

このページのトップヘ