去年の夏、家族3人で海水浴に出掛けました。

義母は「何年ぶりかしら」と張り切って、水着も新しく購入していました。

海水浴場に着くと、義母と妻は車内で着替え始め、私が居てもお構いなしです。
着替えも終わると、早々に2人は海水浴場へ直行!
私は後をついて行きました。

私が浜辺に着く頃には、2人はもう海の近くにいました。
私はシートを引き、パラソルを立てて場所を確保した後、シートに横になりながら、2人の様子を窺っていました。

しばらくすると、義母が戻ってきて「浮輪どこだっけ?」と言うので、膨らましてあげました。

義母を見ると、白のビキニでVゾーンも結構凄く、それでいてぽっちゃり体系の義母は、凄くエロく見えました。
しかも、良く見ると義母はサポーターを付け忘れた様で、白いビキニは透けていました。
今は濡れていないので、まだいいですが、濡れた時には、かなり透けると思います。
私は教えるか悩みましたが、見てみたいという心理から黙っていました。

膨らました浮輪を渡すと、義母は喜んで嫁の所に向かっていきました。

義母が妻の所に着くなり2人は海に入り始め、バチャバチャと水を掛け合い、とても楽しそうでした。
2人が海に入って10分もすると、若い男5人が妻達に近付いていました。
初めは近くにいて2人を見ているだけでしたが、やがて、1人の男が話し掛けていました。
話しも終わったのか、その後、嫁と義母は男達と岸に上がると、1人の男が小走りに子供がいる所に向かい、2人の子供を連れて戻って行きました。
子供が合流するなり、妻と義母は子供に話し掛けていて、やがて砂遊びを始めたのです。

そんな光景を見ていると、男達の怪しい行動に気付きました。
男達は、何故か四つん這いになって遊ぶ義母の後ろ側に集まって見ているのです。
妻の近くには誰も居ません。
私は、ピンときました。

たぶん、義母の水着は海に入った為、スケスケ状態なんでしょう!
それを男達は見ているんだと思いました。

その時、妻が戻って来て「ちょっと疲れたから休憩!」ってシートに寝転がり、ジュースを飲んでいます。

私「お母さん1人大丈夫なの?」

妻「お母さん一番楽しんでいるんだから・・大丈夫!」

私は「俺が見て来る」と言うと、妻は「お願い~」って寝ていました。

私は、こっそり近付き様子を見ていました。
義母は子供と砂山を作り、四つん這いになってトンネルを掘っています。
義母の後ろ側に向かい、男達と同じ目線にしてビックリです。
義母のビキニは完全に透けてマンコの形が分かる状況でした。

男達はニヤニヤして「凄ぇ~な、マジ遣りて~よ、触っても大丈夫じゃね?」と話しています。

すると男の1人が、「お姉さん大丈夫」と体を近づけて、手でお尻に触れていました。

義母「大丈夫よ。応援?ありがとう」

男「お姉さん、トンネル掘るの上手いんだね!」

義母「そう。もっと掘るからね」

男「押さえてあげるね。頑張って」

そう言うと、尻を両手で鷲掴みし始め、仲間達も手を差し出していました。
そのうち、ビキニの中に指を入れビキニをズラし始めました。
義母は全く気にしていない様です。

(夢中なのか?)

義母のビキニはTバック状態で、毛がはみ出していました。

男の1人が「もう少し」と言うと、もう1人の男が「見ようぜ」と言って、ついにマンコがお披露目です。

義母のマンコはとても40歳には見えない位綺麗なピンク色でした。

男達「すっごぉい~」

義母「ちょっと何してるの?戻して!」と手でビキニを元に戻しています。

男達「あっごめんなさい!手が滑って」

何とも嘘くさい、いい訳をしていた。
しかも・・・。

「お姉さんに頑張って貰おうと一生懸命だったから・・・」

すると義母は「そ、そ~なの、ありがとうね!また、お願いするわ!」って完全に信用している。

男達にスイッチが入った。
また、尻に手を置くなり直ぐにビキニをズラし、またマンコは丸見え状態。
しかも今度は、マンコに指を入れ始めた。

そして「この方が、手に力入るからお姉さんいい?」って聞いている。

義母「え~、何か気になる~、でも一生懸命押さえてくれてるんだよね」

男達「そうだよ」

義母「じゃ、我慢するね」

って・・・ヤバいでしょ!

流石に見ていられなくなったので、ちょっと離れた所から、「メグちゃん!アイスでも食べようか!」って呼んでみた。
メグちゃん(義母の名前:恵)に聞こえたみたいで、「連れが呼んでるから」って砂遊びを止め、戻って来ました。

義母「あ~楽しかった!子供になった気分」

嫁「お母さん、夢中になり過ぎ!」

俺「かき氷食べよう!何がいい」

義理母「私、イチゴの練乳がいいな」

嫁「私、じゃーブルーハワイ」

3人でかき氷を食べながら、歩いてシートの場所に戻って行きました。
私は、ふと男達の方を見ると、ずっと義母を眺めていました。
シートで話をしながら、昼食を食べ横になっていたら眠くなり、ちょっと寝てしまいました。

気がつくと(30分位だったと思う)隣に嫁の寝ていて、義母の姿は見当たりませんでした。

気になって、探してみると砂浜の端の方に男達に交じって義母の姿がありました。
私は、またかと思い、近付いて見る事にしました。
近くに行くと男達の周りにも数人の男達(50代男性数名)が居て、私もその中に紛れ、バレ無い様にしました。

義母と男達は波うち際で、浮輪に乗って遊んでいるようでした。
相変わらず、義母のビキニは透けてエロモードです。
周りの男達も、その事に気づき、義母を見ているのです。

若い男達が「お姉さん、浮輪にお尻から座って!俺達押さえてあげるから」と言うと、義母は浮輪にお尻から座り「これ、結構怖いかも!」ってはしゃいでいます。

そんな時、大きな波が来て義母は浮輪ごとひっくり返りました。

その時、私は目を疑いました。
義母の下のビキニは下ろされていて、マンコが丸見えです。

若い男達は、ニヤニヤしながら、「大丈夫!お姉さん」と言いながら、マンコを触っています。

周りの親父達も「いいなぁ。俺も触りて~。良いもの見せてもらった」と興奮状態です。

義母は「もう脱げちゃったよ!もう一回頑張る」ってやめる気なしです。

男達は益々エスカレートしていき、義母の水着を剥ぎ取ろうとしていたので、「メグちゃん帰ろう」と私が声を掛けると、男達は睨む様に私を見ていました。

私は、義母を連れて嫁の所に戻り、3人で帰路に就いたのです。