うちが中学生の時の事です。

休日、兄貴が朝からデートやって出掛け、夕方まで帰ってこんと言ってた。
うちは小遣い無いし、出掛ける予定も無し。
暇だから兄貴の部屋でテレビゲームしようと。
それでのほほんと遊んでたら兄貴が帰って来た。

(何で?夕方まで帰ってこん言うたやん)

兄貴にはいつも、『俺がいない時は勝手に部屋に入るな』と言われてた。

(やべっ、兄貴にシバかれる!)

慌ててテレビ消して部屋から出ようとしたけど、もう階段上がってきとる。
押し入れに避難。

「妹いないみたいだから大丈夫、部屋入って」

(彼女連れてきたんか)

襖ちょっと開けて見たら、年上らしきお姉さまが。
ベッドに座って少し話ししてたら兄貴、お姉さまとエッチしだした。
兄貴、ベッドに座ってお姉様にフェラさせて、その後バックで突いたり、お姉さまが上に乗って腰動かしたり、覗き見しながらうちオナニーしてもうた。

終わってお姉さま「ちょっとシャワー借りるね」と部屋を出た。
兄貴は、「さて・・・」と言いながら押し入れの方に・・・。

(ギクッ)

“ガラッ”

「ここで何してるのかな?」

(バレてる・・・)

その時のうちの格好、Tシャツでパンツずらしてオナニーしてたから、膝ついてあそこ弄ってた。

「お前覗き見しながオナニーしとんのか、ええ趣味しとるな」

ちょっとお怒りの様子。

「いや、これは、その~」

「言い訳は聞きとうないわ」

「ごめんなさい」

お姉さまが上がって来るようで・・・。

「お前もうちょい隠れとけ、オナニーしてもええけど声出すなよ」

そう言って襖を閉めました。

そのまま2回戦開始。
今度はわざとこっちに見えるようにエッチしだした。
押し入れの中で隠れてのオナニー興奮するな。
お姉さま帰って、兄貴フスマ開けた。

「どや、他人の見ながらオナニーするのは?

「気持ちええわ」

「お前、処女のくせにようやるな」

「もう処女じゃないもん」

「マジか?」

「マジです」

「なんじゃそりゃ」

兄貴驚いてた。

「俺らのセックス見た罰や、お前のオナニー見せろや」と言いやがった。

うちも弱味見せるのは、負けるみたいで悔しかったので、「見したるわ」って、兄貴の前でオナニーしてやった。

「まだ毛が生えてないガキの身体やな、そのくせここ濡れとるやんか」とあそこ触ってきた。

敏感なとこ触られ、うひゃってな声出しておしっこチビッてもうた。

「もう覗きすんなよ」って言われ、部屋追い出された。

いやいや、また覗かせてもらいまっせ(笑)