私は30歳、妻29歳。
ごく普通の平凡な夫婦です。
子供は6歳・5歳ともに男の子です。

それは妻が長男を出産する前の出来事ですが・・・。
ある有名な助産婦で出産する計画で、助産婦院ということで正式な診断は産婦人科でしてもらう必要があるらしく、その先生のもとへ診断に何回か行くことになりました。
先生は55歳くらいで、看護師さんもおばちゃんでした。

2回目の診断の時でした。
隙間から覗くことができ、どのような検診かと見ていました。
なんと妻のおまんこを指でピストン、そして拡張しているみたいに見えました。
私はそれを覗きながらチンポがガチガチになっていました!

帰宅して妻に「どんな検診だった?」と聞いてみたら、「安産のために産道を広げる治療を受けた」ということでした。

まさかと思いましたが、“それが本当なのか?”とも思いました。

それからまた次の検診があり、妻と出掛けました。
また妻が先生に同じような検診を受けると思うと不安と、また逆に妻の反応を見て見たくなりなした。

私の不安というか、“期待”が目の前で行われました。
おまんこの拡張だけでなくアナルも指でマッサージされていて、最後はイカされていました!
看護士さんもいる前でです!

帰宅後、妻に「今日はどうだった」と聞いてみたら、「前と一緒よ」って言っていました。

そして出産前の最後の検診です!
お腹も大きくなり、無理もさせれない状態で行きました。

そして検診を覗いていましたら、先生が「奥様もうすぐですね!今が大事ですよ!安産のため検診しましょうね!」と言って、治療台で妻の下半身の診察を始めました。

先生は私が見ているのを知っていたようです。
私に見せるように妻のおまんこのマッサージが始まりました。
指が1本、2本、3本、そしてなんとアナルにも1本、2本と・・・。

先生は「アナルを今から柔らかくしてないとイボ痔になりますからね^^」と言ってアナルをほぐしました。

見ている私はもうこれ以上ないくらいの勃起状態ですが、先生に任せて妻を見てみたくなりました。

私は自分に“これは治療だ”と言い聞かせました。

(もう、こうなったらどうなるのか・・・?)

やがて妻はおまんこ、アナル、クリトリスのマッサージで、看護士さんと先生の前で3回いかされました。

そしていよいよ出産の日がきました!
妻は超安産で、先生が駆けつける前に助産婦院で無事出産しました!

それから1年半が過ぎ、第2子の出産を迎える半年前、やはりあの助産婦と産婦人科での検診です。
私は違う産婦人科を勧めましたが、妻は前が安産ということで、やはり以前の助産婦院と産婦人科を選択しました。

今回行くと先生が「前回安産とお聞きしました^^」と、ニヤニヤしながら出迎えてくれました。

私は、今回は妻に「検診から立ち会いたい」と言いましたが、妻は躊躇っていました。

そこで私は先生に「今回は検診から出産まで立ち会いたい」と言いましたら、先生は「いいですよ」と言ってくれました。

いよいよ検診です!

「1回目が安産でも2回目はわからんので、早いうちから対処しましょうね。奥さん」と先生は言いながら、妻のおまんこに2本、3本と指を入れていきました。

「ほう、やはり柔らかくなりましたね^^」

少し動きが激しくなりました。
妻は息遣いが荒くなり、もうイキそうです!

そうしたら看護士さんが・・・。

「奥様アナルがイボ痔の軽い症状になっています。入れときますね^^」

妻はその瞬間に果ててしまいました!

目の前の出来事が信じられませんが現実でした。
私たち夫婦は無言のまま帰宅しました。

帰宅後、妻と話をすると妻は、年上男性それも50歳くらいの男性が好きなフェチがあるそうで、先生の検診が自分の妄想に合っているらしく、今回も同じ産婦人科を選んだらしい。
こうなったら妻のフェチを見てみたくなり、毎月の検診が楽しみになりました。

残り3回の検診の際からは、私が先生に「以前より安産になりますようにお願いします^^」と思い切って言いました。

先生は「皆さんよくある事とですから安心してください」と言いました。

夫としては妻の安産、そして妻の痴態、先生のすけべ心・・・。
すべての条件が満たされました!

そして、すべての検診で妻は私の目の前でおまんことアナルを拡張して頂き、何度もいかされて無事安産で出産しました!