当方男、仲間内からはかなりの変わり者として知られている。

ある日、大学で女友達と話をしていたら電車内での痴漢についての話題が挙がった。
友人いわく、「自分が使っている路線は結構出る」らしいとのこと。
友人自体は痴漢に遭ったことが無いのだが、痴漢が「この人痴漢です!」と言われて捕まえられるところは目にした事があるらしい。

そこでふと、実際にどのくらい痴漢が多いのか気になり始めた俺は、ある実験をしてみる事にした。
中性的な顔立ちだということを生かし、女装してその路線に乗る事にしてみた。
実際にした格好は、伸ばした地毛と、女性が最近着ているようなハーフパンツ、普通のTシャツとその上に軽く羽織る物、という構成だった。
ちなみに乳は肉まん×2にしてみた。

そして決行当日、なるべく女らしい行動を心がけつつ、電車がそこそこ込む時間帯を狙いながら俺は電車に乗り込んだ。
しかし、なかなか獲物はかからない。
結局その日は終電まで粘ったものの獲物は現れなかった。

翌日再トライをかけてみた。
するとどうだろう、今度は昨日までとは何か違う雰囲気を感じる。
異様な雰囲気の原因を探ろうと周りをチラ見してみると、何となく怪しい男を発見した。
この男、見た目は普通のサラリーマン風なのだが、何となく常人でない匂いを感じた。
むしろこれは俺と同等の変態の匂いだと俺は感じた。

そして、時は来た。
触ってきた。
艶かしく触ってきた、ケツを。
俺のケツを。男のケツを。

先月イボ痔を治したばかりの俺のケツを触られた瞬間、こんなに艶かしく触ってくるとは思わなかった俺は、突如ヤマジュンやTDNネタを思い出してしまい、本気で「うわぁっぱぁば!」という感じで叫んだ。
すると痴漢は、突如だみ声で奇声をあげた目の前の人間にかなり驚愕したらしく、「おういっ!?」と言って体ごと素早く手を引いた。

しかし俺の方がパニックに陥っていて、「俺、男なのにケツ触られた!すっごくエロく触られた!俺男なのに!俺男なのに!」とワーワー叫んでしまった。
しかも相当パニクってた俺は更に「胸だって肉まんなのに!木村屋の冷凍肉まんなのに!」と言って肉まんを胸から取り出す始末。
車内の人全員が呆然としつつ、俺と男を見ていた。
俺と男も呆然としていた。

この間、ほんの数十秒ほどだったかも知れないが、この時はこれが数時間位に感じ取れた。

みんな呆然としてると電車が止まった。
そこで我に返った俺は一目散に電車から飛び出し、その勢いで駅から脇目も振らずに飛び出した。
そしたら走ってきたバイクに轢かれて気絶した。

気づいたときは病院のベッドの上だった。

その後、俺のあだ名は「フルスロットル」になった。