大学3年の夏休み。
今までで一番爛れた時期だった。

バイトの仲間で7~8人で良く遊んでいた。
その中に祥子がいた。
祥子はかなり偏差値の高い大学に通っていたんだけど、物凄く性に寛容な女、平たく言うと『ドスケベ』だった。
ただ完璧な女なんてそうそういるわけ無くて、顔がお粗末だった。
わかりやすく言うとUAみたいな感じで、唇が厚くてちょっとだけ日本人離れしたアフリカンな女。
体はその分素晴らしく、乳もケツもでかくて外人から声かけられたりするようなタイプで、実際にそんなこともしばしばあった。
ただ、祥子はバカ女じゃなかったので、そんなナンパ野郎とも俺達ともエロトークは満載だったが、きっちりと一線は引いていた。

ところが、夏休みの飲み会でその一線を越えてしまう事になる。

その時はいつにも増してハイペースに飲んでいたんだが、俺達はちょっとしたイタズラで途中から女の子達の焼酎を濃いめに作り始めていた。
4vs4の飲み会だったが、案の定、女の子達は早々に潰れ始めた。
ただ、誤算だったのは急性アル中手前くらいまで行った子がいて、その子の介抱も兼ねて祥子以外が帰ってしまったのだ。
俺達はカワイイ子達が消えて明らかにトーンが下がってしまい・・・。

「お開きにしますか」
「じゃあ、俺さ、お前んち泊めてくれよ」

野郎共は一番近いやつのワンルームに転がり込むことに決まった。

(朝までゲームで対戦か・・・)

みんなそう思っていた。

その時、祥子が「あたしも行く」って言ったのだ。

たぶんみんなも祥子も少し酔いすぎてたんだと思う。
え?って感じは一瞬で、俺は祥子の体をまじまじと観察した。
キャミソールを押し上げる巨乳、さっき聞いた話だとタイトミニの時は必ずTバックのはず。
ブラとお揃いだと水色だ。

後で聞いたら、野郎共は全員同じ事を考えていたらしい。

早速コンビニで酒を買い込む俺達に「なに~酔わせてやっちゃうつもりぃ?w」といきなり核心を突いてくる祥子。
ドギマギしてる俺達に「まあまあ、分かってるからw行こう行こう」。

(・・・。ナニが分かってるんだ??)

1VS4なのに、押し込まれてる俺達。
ストライクゾーンは酔いで広がりまくり、こいつのスゴイ身体しか見えてない。
顔もただ単にエロく見えるだけw

とりあえず、そうこうしてるうちに到着。
部屋に入って、酒の準備やプレステを出し始める俺達に・・・。

「なにしてんの?こんなギャルをほっといてw」
「へ?」

「あんたたちってインポ?wどうせ今日あの子達酔わせてみたいな事考えてたくせに」
「あたしじゃ不満だってーの?この巨乳を無視なんてさ」

・・・と、ニヤニヤしながら自分で持ち上げてる祥子。
マジでいいみたい。

「祥子ぉ、俺達半端じゃなく溜まってるけどいいのか~?」
「今日は正直飢えてるから、いいよ~んw」

それを合図に俺達も一斉に手を伸ばした。
胸を揉みまくるヤツを横目に俺はタイトミニを捲り上げる。
だってTバック大好きだから、どうしても確認したくてさw

むっちりとした尻肉に光沢のある青い生地が食い込んでいる。
まずは尻を鷲掴みにしてから、俺はTバックを掴んでぐいっと食い込ませた。

「あっ、やっ!」

祥子が喘ぎ、ケツを突きだしてきた。
そのケツをビシッと平手打ちしてやると・・・。

「んあ~っ」

「あれ、祥子こんなの好きなの~ww」

嫌がるどころか、喘いでやんのww
こいつ、M確定じゃん。
楽しい夜になりそうだ。

俺たちは祥子を四人がかりで食べ始めた。
キャミソールからは張りのあるおっぱいが引きずり出され、左右から違う男に好き勝手に揉まれていた。

「す・・ごいねっ・・あんたたち・・激しすぎ」

「でも、お前もエロイな」
「もしかして、前からこうなりたかった?w」
「なんとなく願望はあったよぉ」

「へ~、勉強できて賢いのに、淫乱女だったとはね」
「俺も祥子は言うだけで、実際は淡泊だと思ってた」
「もぉ・・・でも、今日は好きなことさせてあげるw」

「いやいや、もうやってるしww」
「んじゃ、祥子ちょっとしゃぶってくれる?」
「うん、いーよ」

「唇厚いからエロイよな」
「フェラ顔最高っす」
「はふかひーってば・・・」

「こら、しゃべらねーで舐めろ」
「おいおい、お前早くも命令口調かよ」

「でもあの賢い祥子がチンポしゃぶってんだよな」
「スゴイよな」
「うん」

俺たちは好き勝手な感想を述べつつ、服を脱いでいった。
全員が素っ裸になり、祥子の服もはぎ取る。
でも俺の希望でTバックとブラはそのままww
仁王立ちで囲んで順番にフェラさせた後、祥子をベッドに寝かせて正常位で貫いた。

「おめー、何一番風呂入ってんの」

友達は俺に文句を言いつつも・・・。

「ま、夜は長いかww」
「そゆこと」
「じゃ、俺初パイズリ行かせていただきます」

1人が祥子に跨ってブラのカップをずらして、深い谷間に挟んでいく。
俺は野郎の背中しか見えないのが不満で、不満を祥子のまんこにぶつけるように突きまくった。

「あっ、祥子ゴムどうしよーか?」
「・・っ、はっ、あんっ、外に出してよ」

「了解、じゃ口で」

早く交代してやったほうがいいかと思って、スピードを上げてピストンピストン。

「祥子!あーんして」
「あーーーーーー」

パイズリ中の友達を迂回して、祥子の口に注ぎ込んだw

「ビデオみてえだな」
「飲め飲め!」
「んーーー、んっ・・」

「飲みましたよ、この子w」
「祥子、こっちもいける口だな」
「バカ・・・、でも濃すぎだってww」

「じゃ次、俺!ちょっとお前、退いてくれ」

パイズリ野郎を退かして、もう1人が祥子を四つん這いにする。
Tバックをずらしてから、ぐっと腰を入れる。
仰け反った祥子の口元に、俺以外の二人がちんぽを持って行く。
祥子は後ろから激しく突かれつつも、大事そうにちんぽを交互に含んでた。
俺は、なんでこんな事してんだろうと、つかの間冷静になったりしてたっけw

んでこの後は、アナルを攻めたり縛ったりしながら、祥子を朝まで廻し続けた。
朝方めざましテレビを見ながら、最後に祥子の顔にかけたときは、既に顔中パリパリになってて、ちょっと引いた。
結局、ここから祥子と俺たちは複数プレイ仲間になってしまい、何かとやるようになるんだけど、結局だれも1vs1ではやんなかったな。

でも半年位で祥子に彼氏が出来て、終わってしまった。
あいつ、その辺はハッキリしてて、「彼氏が出来たからもう出来ないよ」って言ってきたんだよね。
だから、俺達も最後に一泊で旅行しようって持ちかけた訳。

「なあ、祥子最後に温泉でも行こうぜ、みんなで奢ってやるよ」
「確かに、無茶苦茶世話になったからな」
「えっマジで?wあたしはタダなのw」

「これでまた普通の友達に戻ろうぜ」
「うん、そーだね、飲み会とかはしよーよ」

「じゃあさ、来週末あたりに行こうや」
「うん、いーよ、あけとくよ」

「おし、決まり。じゃ、俺が宿とレンタカー押さえるわ」

て、流れで解散旅行に行くことが決まった。
当日ノリノリで現れる祥子。

「おまち~」

「彼氏は大丈夫か?」
「うん、ちょうど春休みで一旦帰省してる」

「そうか、じゃ気兼ねなく祥子廻せるなww」
「またあたし犯されちゃうのねww」

「お前が笑うなってw」
「まあ、これで最後だし、無茶します!w」
「どんな決意表明してるのw」

「とりあえずさ、じゃんけんで負けたヤツがドライバーな」
「おし、じゃあ、ジャンケンポン!」

負けたヤツは泣く真似をしながら運転席へ。
残りの俺らは祥子とともに対面座席にしたセカンドシートへ。

「最初のサービスエリアで交代するから、前見て運転しろよw」
「ちくしょー、お前ら最初から飛ばすなよ」

「てか、もうチンポ出してるし」
「あんた、立ってるじゃんww」

「おう悪いかよ、早く咥えろって」
「もう・・仕方ないか」

この時のフェラから次の日の帰りまで、祥子は起きてる間の殆どは口にチンポ入れられてたw

「あんたたち最後だからって・・あんっ!・だ・・」

こんなセリフ吐きまくりだった。
マジで犯しに犯した2日間ww
流石にスッキリと解散できたけど、一月もするとまたムラムラとww

でも、絶対に祥子はそうならなかった。
なんであんなにしっかりしてるのにあの時期だけ、あいつ、爛れていたんだろうか。

今は秘密で撮った写真だけが、俺達の思い出話のオカズになってる。