なんか夜中に目が覚めたら人の気配がして、目を開けたら女が枕元に立ってんのよ。

怖すぎる。

それで、よく見たら俺足とか手とかベッドの柱に縛り付けられてて動けないの。
「何だお前人の家に勝手に入りやがって!!」って言ったらナイフ出されて「抵抗したらバッサリいくよ?」とか言ってんの。

俺は怖くなってあまり抵抗はしない事にしたんだが、金を取るわけでもないしこいつ何なんだ?とか思ってたら、その女、俺のチンポしゃぶり出したんだよ。

顔とかはまあ不細工じゃないが美人でもなく普通な感じ。

「おい!何やってんだコラ!」って言ったら首にナイフを当てられて、「もう一回言ってごらん」って物凄い冷静な無表情な顔で言われてゾッとした。

こんな状況でも勃つもんは勃つわけで、ある程度の硬さになってくると、その女騎乗位で入れてきやがったんだ。
で、しばらく入れたまま動かないの。

「おい!抜けよ馬鹿!変態女!」って言ったら頬を思いっきり叩かれた。

「あんた自分の状況分かってんの?殺すよ本気で。今後、口答えはすんな。分かったか?」

そう言った女の目は本気だった。

俺が恐怖で大人しくしていると、上から覆いかぶさってきてディープキスをしてきたんだ。
俺はせめて舌が入ってくるのだけでも阻止しようと口を瞑ってたら「そんなに死にたいのあんた。口開けな」と言われて、仕方なく口を開けたら俺の舌・・もう吸われたり舐められたりしゃぶられたり、もう女のしたい放題だよ。

で、少しずつ女が腰を動かし始めたんだ。
頭がしだいにボーっとしてきた俺は快感半分、抵抗する意識半分って感じだった。
女はやがて体を起こして腰をガンガン使い始めたかと思うと、5分くらいしてすぐイッたようで俺に体を預けてきた。

俺はこれで終ると思ったから、「なあ、満足したなら帰ってくれよ・・・」って言ったんだ。

そしたらその女はニヤリと笑って「まだ駄目。あたしが本気で満足するまで駄目。あんたはチンポ勃てときゃいいの」と言って、今度はキスしたまま、腰をガンガン使い出した。

俺は息が苦しくて顔を背けて口を無理やり離したんだが、キッと女に睨みつけられ、両手で顔をホールドされてしまった。
そのまま、10分くらいガンガン腰を使われてしまい、俺はさすがに射精しそうになった。

それに気付いた女は・・・。

「ふふ、イキそうなんでしょ。ちなみにあたし今日超危険日だから。中で出したらあんたの赤ちゃん高確率で出来ちゃうよ」

背筋がゾッとした俺は・・・。

「ぬ、抜いてくれ!もう出そうだから早く抜いてくれ!」

俺がそう言うと女はニヤッと笑って、俺にディープキスをしながらさらに激しく腰を使ってきた。

俺は必死に口を離しては、「おい!出るから!抜いてくれ!!」と言ったが、俺の体を完全にがっしりホールドして抜いてくれそうにない。

「いつまで我慢できるかな?ほーら、もっと激しくしてやる。ほらほら!」
「お前!抜けって・・・誰がお前なんかと赤ちゃん作るかよ!!」

「はいはい。こんなに勃起させて何言ってんだか。もう出そうなくせして」

そう言うと、女は俺の断末魔を確認するかのように、俺の表情をジッと確認しながら腰をいっそう激しく動かした。
一瞬、頭がスパークしたかのように真っ白になり、俺はその女の中に大量に射精してしまった。
女も同時にイッたようで、体がビクビクしている。

「ふう。ちょっとしばらく黙ってて。喋ったら殺すよ」

女はそう言うと、俺に体を預け、俺にしがみついたまま、しばらくジッとしていた。

余韻を楽しんでいるのか?

「こんなに出しちゃって・・・そんなに私と赤ちゃん作りたかったの?」

気色の悪い女だ。
お前が無理やりやったくせして。

「お前なんかと誰が!!訴えてやる!」

俺がそう言うと、女はナイフを俺の首筋にたて、「私・と・子・作・り・し・た・か・っ・た・の・よ・ね・?」と言った。

俺はその女の目がとても恐ろしかった。

「答えなさい!」
「あ、ああ・・・」

「そう。じゃあ夜はまだたっぷりあることだし」
「は?もう帰れよ!!」

「ふふ。だってあなたが子作りしたいって言うんだもん」

女はそう言うと、結局夜が明けるまで俺を解放してはくれなかった。

計中出し4回。
その後、妊娠をネタに結婚を迫られ、今は俺の妻の座に居座った。

何もしらない子供を見て複雑な心境になる・・・。