高校生の頃の話。

当時は男2、女2でいつも遊んでいた。
高校2年の春、俺と秋田(仮名・男)で歳を偽ってクラブに行った時、ナンパした女2人(井上と上野・仮名)が同じ高校のしかも同学年だったのが始まり。
下心から始まったからエロを隠す必要が無くて、話していて楽だからそのまま友達になった。

好きな女(男)に、恋人はいるのか、好みのタイプは、だとか情報交換したり、3年になった頃にはSEXのテクニックについて議論したり、加藤鷹のAVを見て一緒に研究したりもした。
胸ぐらい触っても気にされないような関係。

一人暮らしの秋田の部屋は六畳の1Kでユニットバス。
女がシャワーを浴びている横で俺はうんこなんて平気だった。
「くさいよ~」とか言ってカーテンの隙間から湯を浴びせられたり。

仕返しにカーテンで体を包んでふざけていたら、カーテンレールごと外れてしまって、その日からシャワー禁止。
体を洗いたければ風呂桶に湯を溜めて入る。
裸は見放題。
そんな事一々気にもしなくなっていた。

俺と秋田は4人でいる時間が恋人といる時間と同じぐらい大切だった。
しかし、女2人はそうでもなくて、彼氏ができてしばらくは足が遠のく。
でも「ここに来ないと息が詰まる」と言ってすぐに戻ってくる。
4人が4人ともに尊敬し合っていたし、目指しているものがあったし、委ね合って生活していた。

志望の違いがあって、全員別々の大学に進む事が決まっていた。
こうしていられる時間はあと少しだ。

ある日、井上が言った。

「皆地元だから一緒に住まない?」

ルームシェアの提案。
井上と上野は既に二人で一緒に住む事を決めているようだった。

秋田「ずっと一緒はね。部屋二つ借りてとかなら賛成」

上野「あーいいね」

井上「4人がいいなあ」

男部屋・女部屋案と合同案の2つが挙がった。

秋田「遠藤(仮名・俺)は?お前はどうしたい?」

俺「俺は・・・一緒がいいよ」

意見は2つに割れた。

その日はそれ以上話さなくて、受験勉強そっちのけで酒を飲んで、ZIMAを胸に挟んで「パイズリ~」とかふざける上野の乳首に練りカラシを塗ったくって悲鳴を挙げさせた。

時は過ぎ、4人とも大学に受かって遊び呆けていた。
もうエロ全開。俺ら全壊。
無修正のAVを見ていたら女優がパイパンで、井上が「スッキリしそう」と言うから、シェービングクリームとカミソリで剃ってやった。

秋田が「今からオナニーするからあっち向いてろ」と言うから、皆で凝視した。

美大に行く秋田の為に3人してヌードになり、俺と上野で69ポーズをしていたら本当に咥えられた。
そこからなし崩し的に乱交。

俺が「わかめ酒をやってみたい」と言ったら、井上が「毛が無いから無理」と言って爆笑。

その後(わかめ酒に毛は必要なのか)という疑問を全員裸で検索。
必要らしいという結論により(パイパンの場合『あわび酒』という)上野でわかめ酒を決行。
太ももが細いので器にならず失敗。
堕落していく感覚が気持ちよくて、もっと過激な事は無いかと色々試した。
でも、大学生になってからの事は話さなくなった。

皆終わりが近いことを感じていた。

こんな馬鹿な事は続けていられない。

「面白そうなの見つけた」と片栗粉Xを作り始める女は嫁には行けない。

「ノド渇いた」とパンツを脱がせてクンニを始める男は死んでしまえ。

入学式を翌週に控え、俺たちは真面目になった。
これで終わりだと、それぞれと交わり、ユニットバスを水浸しにしてシャワーを浴びた。
それぞれ一品ずつ料理を作り、会話の一つ一つを噛みしめながら食事を楽しんだ。
それから、今後の抱負を言い合う。

秋田「一人暮らしを満喫する」

皆で笑う。

井上「とりあえず、普通の彼氏を作る」

皆で笑う。

上野「今まで楽しかったから、これからも楽しければいいよ。でもさ、これからの楽しいのは、今とはもっと違う事だよね」

もっと自分を磨かなければ。

俺「社会人になってからを考えながら、学生生活は楽しみたい。やり残した事は無いから新しい事を始めれると思う」

皆で頷く。

あれから5年。

秋田、井上、元気にしていますか?
俺は今、上野と付き合っています。
あの頃とは違う愛情で、彼女を愛しています。
12月に入ったら、3年ぶりに連絡をします。

あの頃とは違う、楽しい話を聞かせてください。