就職したての頃に、赴任先の街で彼女もいなかったので勇気を出して1人でスナックに行ってみた。

40代のママと、若いけどデブの女の子でやってる店で、可愛くないのが幸いというのだろうか、何度か通ううちにリラックスして飲める場所になった。
帰宅途中に駅の側の定食屋or居酒屋で晩飯を食った後、そのスナックに週1くらいで通っていた。

けして客も多くはない店だったので、俺はあっという間にそこの大常連になっていた。
そのうちにカウンターの中に立ったり、たまに団体が入ったりすると、店員のようになってる時もあったり、いいようにこき使われて、それをネタに俺も逆襲してタダで飲ませてもらったり、今思い出しても楽しい時間だった。

ママと女の子(ルミちゃん)は正直美人では無かったが、何よりも明るく下品な人たちだった。
仲良くなりすぎるとエロな事が逆にタブーになったりする事もあるけど、俺は根っからのスケベ、しかも酒が入ると加速するタイプだったので、仲良くなったのをいいことに、ママにもルミにもよくお触りしていた。
しかも当時23歳wオヤジすぎるw
向こうも平気で「ドエロ」とか言ってたんで、お互いに後腐れ無しって感じなのも最高。

「ま~た、はじまったよwエロオヤジがww」
「うるせえwちょっとこっち来いってww」

てな感じで、乳揉みは日常化してたね。

客がいないときは胸元に手を突っ込んで生で揉み倒してやってた。
大概は頭を叩かれたり、ケツを蹴られたりして終了だったけど、女のバイオリズムのせいか、ごくたまに「あーーーー、ちょっ、ヤバイヤバイ」なんて感じてる日もあったw

こんなことばっかりやってるとセックスするのも健全な大人の自然な摂理?w
まずは仕事あがりのルミを送っていって狼。
人によってはデブなんだろうけど酔ってる俺には、程よい柔らかさでございますww
日頃接していてM入ってるのは知っていたので、「お前、無茶苦茶してやるよ~んw」などと、言葉責めしながらルミの部屋へ。
玄関に入るなりのディープキス、さらに乳揉みw

唾液を飲ませながら、たっぷり揉み込んだところで、チンポを取り出して、こっちから口に押し込んでやる。

「ベロ使え」とか「唾いっぱいつけろ」とか横柄。

フェラから軽くイラマチオ。
えづいたところでやっと入室ww
床に這いつくばらせてケツだけを高く上げさせる。
仕事用のタイトミニをムニムニムニィィィっとずり上げてみれば赤いパンティがケツに食い込んでるww
真ん中は更に色が濃くなってたりして、ルミよお前Mだねえw

反っくり返ったチンポをあてがって、後ろから責めてやるとかなりの反応。
近所に聞こえるぞw

「このままイッていいだろ?」なんて脅かしながら、口内発射の約束を取り付けた俺、悪魔?w

茶色で強くカールさせてるルミの髪の毛を掴んで、仰け反らせながら存分に突く。

「イクっ!」

髪の毛は掴んだまま回り込むと目を閉じてあーんして待ってやがるw
興奮のあまり勢い余って鼻の横から閉じた目尻に一筋着弾。
眉をひそめるのが嬉しいw
そのまま残りはお口へ余さず注いだ。
固まりが出てるような最高の射精感。
ちゃんと飲ませてからお風呂に一緒に入った。

指の後が赤く残るおっぱいを見ながら、「鬼w」って言われた。

「でもルミちゃんもマンコめちゃ濡れだったしww」

この後は風呂場で指マンとフェラで責め合ったあと、ベッドでこってりと合体して朝まで2発。
スカスカになった。

それからも普通に飲みに行ってたんだけど、ルミがママに喋ってしまったようで、あからさまにルミを早く帰した晩に問いつめられましたww

「Kちゃん(俺)、ルミちゃん食べちゃったんだって?w」
「いやいや、食べられたんだってば」

「でも、凄かったらしいじゃない、ケダモノだったってww」
「あいつどんな作り話したんだろ」

こんな会話をしながらあからさまに食って欲しそうだったんで、途中から隣に座らせて店も閉めさせて話を続けました。
もちろんその時は乳揉みながらねww

んで、その後の話はまた今度。