俺の女房は数ヶ月前に近所に住むある奥さんに車で跳ねられ入院した。

かなりの重症で1年程の入院を余儀なくされた。
俺は女房と毎日セックスするのが楽しみだったのだが、それが叶わなくなったのだ。
俺は謝罪に来た奥さんにこう言ってやった。

「あんたのせいで俺はずっとムラムラしてしょうがないんだ!どう責任とってくれる!」

少し脅しながら出方を見ていた。

「すいません・・・申し訳ありません・・・」

頭をさげているが、当然許すはずもなし。

「あんたの誠意を見せてもらおうじゃないか!」と吐き捨ててやった。

すると、「・・・私とのセックスを望んでおられます?・・・」と切り返されたので、「何でもいい!とにかくすっきりさせろ!」と言った。

奥さんは「・・・わかりました。奥さんが退院するまでの条件で・・・」と承諾した。

俺はすぐさま奥さんを部屋へ案内し、準備を始めた。
奥さんは俯いて無言で正座している。
俺はズボンを脱ぎ、ブリーフ1枚になって奥さんの座る位置に仁王立ちした。
チンポははち切れんばかりに勃起している。
やがてブリーフにスケベ汁が滲む。

「奥さん、見てみろ!あんたのせいでこんなに溜まってるんだ!何とかするんだ!」とスケベな事を強要した。

奥さんはチンポをまじまじと見つめて、「・・・こんなに大きいの・・・私・・・入らない・・・」とつぶやいた。

俺は奥さんの手を取り、チンポを掴ませた。
手でチンポを揉ませた。
ブリーフはスケベ汁でベタベタ。

「パンツ脱がせろ!玉を優しく揉め!満足したらチンポの棒をしごきながらしゃぶれ!」と命令した。

「・・・んぐ・・ジュボジュボ・・・ジュボジュボ・・・」と厭らしい音を立ててしゃぶっている。

「旦那のよりいいか?どうだ?」と聞いてやる。

「・・・すごい・・・おっきい・・・おっきすぎるわ・・・玉もすごすぎ・・・あぁぁいぃ~」とほざく。

「じゃあ、今度は自分で服を脱げ!乳見せろ!パンツも脱げ!」

奥さんはしゃぶりながら服を脱ぎ捨てていく。
ブラ1枚になったところで奥さんの乳を拝見してみた。
意外にもまあまあでかい乳だ。

「サイズはいくつのブラしてんだ?」

「・・・ジュルジュル・・・88・・・」

俺はブラを強引に破り捨てて、身包み剥いでやった。
奥さんはさほど動じていない。
チンポしゃぶりが忙しいらしい。

そのままチンポをしゃぶらせて、俺は乳を揉んだ。

「あぁぁぁ・・・もっと強く・・・揉んでもいいよ・・いぃ~」

乳首を摘んで思いっきり引っ張る。
乳首が10cmくらい伸びる。
俺は久しくこんなに興奮したことがなかったので、このまま口内発射してやった。

「美味しかっただろ?俺のは?旦那よりも大量だろ?」

奥さんは全部飲んでいた。
やらしい女だ。

続いて奥さんをバックではめてチンポをぶっ挿す。

「あぁぁ~あぁ・・・やだやだ・・やめて・・・あぁぁ・・・」とよがる。

止めるはずもなし。
俺はさらにピストンを早めて逝かせようとする。

「あぁぁ・・ダメ・・・マンコが壊れちゃう~・・・やめて~ああ・・・」と懇願するが止めない。

「奥さん・・・悪いけど中に出すぞ!あんたは俺の女房役なんだから当然だろ?!」と言い、発射してやった。

「あぁ・・・ひどい・・・中出しするなんて・・・」と言いながら泣いている。

そんなこと俺には関係ない。

「だったら俺の女房を返してくれ!俺は毎日女房とやっていたんだ!中出しして、毎日逝かせてやってたんだ」

「・・・うぅ・・・わ・わかりました・・・あなたの妻でいます・・・」

そう言いながら泣いている。

「じゃあ、明日もこの時間に来い。俺のデカマラをご馳走してやるから」

奥さんは服を着ながらチンポをしゃぶっている。
こいつはもはや俺のセフレに堕ちたな。

いずれ俺の子供を孕ませてやると心に誓った。