先日、会社で出会った彼と結婚をしました。

男性を紹介してくれる友達も少なかったし、どちらかというとインドア系で出掛ける事もそれほどなかったので、男性経験は正直少ないです。
就職して、2年くらい経ってから今の旦那さんと知り合いました。
付き合っている事は会社でも極秘のような雰囲気。

男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を掛けられる事も何回もあり、「三樹子ちゃん」と親しみを込めて呼ばれていました。

1月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
そんななか、半年前に交際を断った後輩の木原君(23)も「幸せになってくださいね」と来てくれました。

準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って、なぜか部屋の鍵をかけて・・・。

「ありがとう」って2、3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。

何が何だか分かりませんでした。
あまりに突然にキスをされました。

木原君は「ずっと三樹子先輩のことが好きだったんです。我慢できません」って襲いかかってきました。

ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい・・・。

「大声を出したら大変な事になりますよ。静かにしてて」

キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
でもこんな姿を見られるのもイヤで、声は出ませんでした。

そのうちウェディングドレスのスカートは捲られて、下着も取られてしまいました。
部屋にある大きなソファに座らされてアソコを舐められて・・・。

「三樹子先輩のカラダが欲しいんです。ずっと仕事中とか想像したりしてた・・・。お尻、やっぱり大きいんですね。お尻の穴まで見えちゃってますよ」

「(会社の後輩にお尻まで見られちゃってる・・・。)」

恥ずかしくて声を出したくても出ませんでした。
木原君はウェディングドレスの脱がし方が分からないのか、胸はドレスの上から揉むだけでした。

「三樹子先輩のオッパイ柔らかい。見たいな・・・」

「だめっ・・・だめだよ・・・」

ドレスをガバッと捲り、アソコを丁寧に舐めてきました。
結構上手で木原君の舌使いに感じてしまいました。

「木原君・・・だめだよ。私たち・・・。あぁっ・・・んはぁっ・・・」

ソファでそのまま四つん這いにされて、後ろからアソコを愛撫され・・・。
途中、お尻の穴まで舐められて舌まで入れられました。

今の彼にもされたことがないのに・・・。

「三樹子先輩・・・咥えて」

お洒落なスーツのズボンを下ろしてきて、木原君の太く大きくなったモノを咥えさせられました。
すごく熱くて脈打っているのが分かりました。

「もう口でガマンしてっ。木原君だめだよ・・・」

「だめですよ。もう僕の、こんなになってるんだから」

私の唾液でべったりになったモノを正常位で(生で)挿入してきました。

「三樹子先輩の中、温かいです・・・」

「だめだよ。私、結婚するんだから・・・。木原君とこんなこと・・・」

普段、彼とは避妊のため、たまにしか生でしたことがなくゴム独特の感触でのエッチだったので、木原君との生エッチは刺激的でだんだん気持ち良くなってきました。
木原君は私の胸がやはり見たいのか、強引に肩紐をずり下げ、ウェディングドレスを剥ぐように片方ずつ下ろして私の胸を出しました。

「三樹子先輩って結構胸ありますね・・・。大きい・・・」

私の白い胸を揉みながら、木原君は乳首を優しく舐めてきました。

5つ年下の木原君。
入社したての時は私を頼って「三樹子先輩、三樹子先輩」と慕ってくれたっけ。
だんだん木原君が弟のように可愛く思えてきました。
私は木原君の上司ではないけれど仕事のアドバイスをしたり、指示を出しているのに・・・。

今はその木原君に犯されている・・・。

私は自分でウェディングドレスをさらに上げて、足を多めに開き、木原君が動きやすいようにしてあげました。
腕を木原君の背中に回して・・・。

「木原君・・・ああんっ・・・気持ちいい・・・すごい入ってるよ・・・奥まで・・・」

木原君のオチンチンの先が私の子宮に直接当たる感じで、当たると気持ち良いんです。
私のアソコからは“クチョッ・・・クチョッ”と、大きな音が出ていました。

「僕、三樹子先輩が欲しいんですっ」

木原君の腰の動きが速くなってきました。

「ああっ・・・いやっ!!木原君・・・中はだめっ!!・・・出さないでっ!!・・・いやぁっ!!・・・」

背中に回していた腕をほどき、私は抵抗しましたが、両手首を上から凄い力で押さえつけられて動けませんでした。

「だって三樹子先輩、時間ないじゃんっ。このまま僕っ・・・あっ・・・くっ・・・」

膣内で射精・・・。
私の膣の奥のほうで木原君の熱い体液がたくさん・・・。

「(私の子宮の入口に木原君の噴射口が当たってたら直接精子が入っていきそう・・・。流し込まれちゃったかな・・・やばい・・・)」

木原君は気持ち良さそうな顔で私に覆いかぶさってきました。

すごく情けなくて涙が出てきました。
まさか旦那と愛の誓いを結ぶ人生最良の結婚式の日に、職場の後輩とエッチしてしまうなんて・・・。
木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスを直しました。
式の間も膣からは精子が流れ出てくる気がしました。

意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「三樹子は泣き虫ね」って言われました。

結婚式が終わって、少し1人で居ました。
ウェディングドレスの裏地は浸みたような色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。
まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。

いま木原君の子を身篭っていますが、旦那さんは何も知らずに喜んでいます。
何とかして堕ろしたいのですが、お腹の子には罪はないし、悩んでいます。