付き合っていたK君との別れを悲しんでいると、差出人なしで一本のビデオテープが私宛で送られてきました。
それを見てみると・・・親友のしのぶちゃんとK君のハメ撮りビデオ(前半は隠し撮り)でした。
別れた理由は些細なことで、私には前の旦那との子供もいるし、中出し禁止でした。

ビデオの中の会話では「そっかー、ゆきちゃんは中出しさせてくれないんだー。しのぶはK君だったらいいのになー(あきらかに誘惑していた・・)」とK君に抱きつき出しました。

ビデオは彼の部屋で撮影されていて、日付は私とまだ付き合ってる最中でした。
部屋は間接照明だけで暗く、お酒が置いてあり、ふたりとも酔っている感じ。
始めはビデオは固定してあり、少し離れた所から隠し撮りしているみたいでした。

K君「しのぶの体見たかったんだ・・・」

しのぶ「K君ならいいよ・・・ゆきちゃんより激しくして・・・」

しのぶちゃんは一緒に温泉とか行って体は見ていました。
よく入浴中に「しのぶちゃんはオッパイ小さいねー」と言ってバカにしていたこともあります。
K君は、しのぶちゃんの小ぶりなおっぱいを出し、乳首を舐め始めました。

「ゆきの体は見飽きてたから、しのぶのは新鮮だよ・・・」

「胸はゆきより小さいけど、お尻はしのぶの方が大きいんだな・・・」

そんな会話が続き・・・。

「実はカメラ回してるんだ・・これ・・」

K君はそう言って、カメラをしのぶちゃんへ向けました。

「こんなのビデオに撮ってゆきちゃんに見つかったらどうするの・・」

「ゆきが見てると思ってカメラに向かって話してごらん」

しのぶちゃんはK君のオチンチンをしゃぶり始めました。
K君はアップで自分のモノを咥えているしのぶちゃんのエッチな表情を撮影しました。
しのぶちゃんの舌使いはすごく上手に見えました。
今度はしのぶちゃんのアソコがアップで丸見えになりました。
ビデオの映像はもちろんモザイクなしで、すごく濡れて愛液が溢れていました。

「しのぶのお尻が前から見たかったんだ・・舐めたい・・・」

K君はしのぶちゃんを四つん這いにさせ、お尻を舌で愛撫し始めました。
右手でお尻の穴を大きく開き、アップで撮影・・・。

「しのぶのケツの穴開いちゃって奥まで丸見えだぞ・・・」

「いやあ、そんな汚いトコ見ないで・・恥ずかしいよ・・あっ・・舌いれちゃイヤ・・」

親友とはいえ、私と付き合っている最中のK君を寝取っている女の肛門など見たくもありませんでした。
そのままバックで挿入。

「K君、私バックが好きなの・・・もっと後ろからガンガン突いてえっ!!」

「しのぶっ好きだよ・・」

カメラに向かい、しのぶちゃんは・・・。

「ゆきちゃん、ごめんね。あなたのK君のオチンチン気持ちいいのっ・・こんなにしのぶ感じちゃってるのっ!!」

そう言いながらしのぶちゃんは頭を上下に振って、激しく感じていました。
K君は正常位に体勢を変えてカメラを後方の棚に置き二人の結合部が見える状態に・・・。
自分の彼氏のオチンチンが、親友のアソコに挿入されてる・・・。
言葉を失いました。

「しのぶっ、中に出していい?」

「いいよ・・・K君っ、ゆきちゃんの代わりに私が受け止めてあげる。中に出してえっ、イキたいのっ!!わたし、クリよりも膣が感じるのっ・・・奥の方突いてっ・・・」

「こうか・・・?」

K君の腰の動きが速くなりました。

「うん・・すごい・・・すご・・・い・・いくっ・・・」

しのぶちゃんは正常位で突かれている状態で、体をビクビクッと痙攣させました。
女の目から見てもイッていました。
女の悦びを感じる表情を浮かべながらしのぶちゃんはK君を抱きしめキスしました。
しのぶちゃんがイッしまって無言になっていると、K君がオチンチンをしのぶちゃんのアソコに出し入れしている様子はモザイクなしで映し出されていて、クチュックチュッと音が聞こえてきました。

「俺もイクよっ・・ゆきの中より、しのぶのマンコの中の方が気持ちいいよっ!!しのぶ、いくよ・・・俺・・好きだからさっ・・・」

K君は興奮してオチンチンの動きが速くなり、動きが止まりました。

しばらく経ってからK君はダランッとオチンチンが抜いて、しのぶちゃんのマンコからK君の白濁した精子がプクプッと逆流して流れ出ました。
それは私とのエッチの時には見られないような量のK君の精子でした。
親友のしのぶちゃんが大股を開いたマンコから、私の彼氏であるK君の精子が出てくるのをこのビデオで見た瞬間、わたしは画面の前で呆然としました。

私と付き合ってる最中に、しのぶちゃんと浮気してこんなハメ撮りビデオを撮っていたなんて・・・。