中1の終わりの頃の話。

その頃の私は今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。
肥満体型の叔父にしてみれば、体重が半分ぐらいの私を押さえつける事なんて、容易な事だったと思う。
家の中で襲われた。
私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに・・・。
叔父は圧倒的な力で私をねじ伏せ、唇を奪い、激しく舌を絡ませてきた。
初めてのキス。
その気持ち悪さと言ったら・・・。
キスのショックで呆然として、一瞬気が遠くなった。

気が付いた時には全ての服と下着を剥ぎ取られてしまってた。
叔父はしばらくの間、私の胸を中心に全身を舐め回した。
もちろん私は抵抗を続けていたが、悲しいかな、やがて全身に力が入らなくなってしまった。
いわゆる、ギブアップ状態。
後はもう、叔父のやりたい放題・・・。
叔父のペニスを受け入れざるを得なかった。

大きく膨れ上がったペニスが入ってきた時、身体を真っ二つに切り裂かれた感覚に見舞われた。
そして、すぐに襲ってきたのは、脳天を突き抜けるような痛み。
あまりの激痛に、幾度も幾度も“いっそ死んでしまいたい”とさえ思ったほど。
それに、叔父はお相撲さんみたいな肥満体。
全体重が華奢な身体の私に伸し掛かったので、本当に押し潰されると思いました。

宥められたりすかされたり・・・で、叔父との肉体関係はしばらく続いた。
大人しかった私は、悩みつつも、結果的にはそれに従っていた。
家やラブホなんて時もあったけど、車でする事が多かったな。
叔父にしてみれば、うちの親にバレないようにするための工夫だった。

イク事を教えてくれたのも叔父だったけど、心が満ち足りる事は一度も無かった。
多い時・・・というか、親に見つかるまでは週に2回以上はセックスしてた。

叔父はよく学校の帰り道に私を待ってた。
車に乗せられ、家からさほど離れていない裏山の脇道みたいな所へ連れて行かれた。
イク事を知ったのは、セックスを始めてから1年以上経ってからだったと思う。
一旦覚えると、いつも必ずイクようになってしまった。
嫌だ嫌だと思いながらも、身体が勝手に反応する・・・。

(女のカラダって、一体なんやねん・・・)

気持ちは余計にブルーになり、自分の身体を呪った事もありました。

叔父は最初の時を除き、大抵は避妊してました。
さすがに私が妊娠するのは困ると思ってたのでしょうね。
車では、コンドームを使ってました。
でも、ラブホや家の時は、イク寸前にペニスを引き抜き、私のお腹の辺りや口の中に出しちゃう事も多かったです。
今振り返れば、こんな方法でよく妊娠しなかったものです・・・。

親に発覚する少し前・・・。
叔父はよく、「家出して、ゆりかと2人で暮らす」と言ってた。
事実、県外へ仕事を探しに行くという事も実際にやってた。

叔父が私を抱いている時は、「お前を一生離さない」と、いつも口癖のように囁いていた。

「透き通るような、ゆりかの肌が堪らない」とも呟いていた。

それが“愛”なのかどうかはよく分からない。

その頃の私は、物を考える気力をすっかり無くしていて、“なんでもどうでも、もうええわ”としか思ってなかった。

あの時、親に見つかって2人の関係が断ち切られなければ、大変な事になっていたかもしれない。
叔父に裸にされ、抱き締められると、いつも悪寒がした。
キスをされ、舌を絡められると、必ず吐き気を催した。

でも、でも・・・、いざセックスが始まってしまうと、もうダメだった。

ペニスの抜き差しが激しくなればなるほど、私の頭の中と身体は“気持ちイイ!!”が支配した。
それは、叔父が射精を終えるまでの間、私の方が何度も何度も絶頂に達してしまうほどの快感だった。
演技する気はなかったけど、イク時はどうしても絶叫せずにはいられなかった。

叔父とセックスした夜は、そんな自分が情けなくて、悔しくて、いつも泣いていた。
叔父との肉体関係は嫌だったのに、最後の方になると、“死ぬほど嫌”だとは思わなかったんじゃないかな?・・・と、当時の自分を振り返ってます。

いつも心はブルーでした。
でも、叔父のペニスで膣の中を掻き乱され、一旦イッてしまうと、心のどこかで2度目、3度目の“次の波”を期待している自分がいたのです。

そんな時の私は“妊娠してもいい”とは思わなかったけど、“出来ちゃっても仕方ない”とは思ってました。
叔父の行為に対する“容認”の反応は、最後までしませんでした。
少なくとも、叔父を抱き返すような事はやらなかったつもりです。

正直言って、何度も何度もイッてる時に、“何かにしがみつきたい!”という欲求に駆られた事はあります。
だけど、いつも心の底で、“叔父の背中に手を回したら、オシマイ”という念は持ってました。

でも、その日の私は“何か”が違っていました。

叔父の部屋。
お決まりの正常位で挿入された時、いつもなら悪寒が走るのに、それが無い・・・。
むしろ、“痒いところを掻いてもらってる”・・・みたいな感触を、ムズムズと膣の辺りに覚えた。
時間が経つにつれ、叔父の動きが激しくなるにつれ、“気持ちいい”を自覚せずにはいられなくなってきた。
押し殺していた声を漏らした。
一度声を出してしまうと、快感はぐんぐん増大する。
それは膣からお腹辺りまで感じるようになった。

(もう、どうにかして!)という思いで頭が一杯になった。

その想いが、自然と口から、「イキそう」という言葉になってしまった。

自分で、気が狂ったと思った。

叔父は素早く体位を変え、私に犬みたいな姿勢を取らせた。
すぐに叔父のペニスが勢いよく入ってきた。
いつもと角度が違う、激しく力強いピストン・・・。
たちまち全身に痺れるような快感が走り、間もなくそれが脳天で炸裂した。

たぶん大声で「イク!!」と言ったと思う。

膣内の肉がギュッと縮み、嫌だったはずのペニスを力強く包み込んでるのが、自分でも分かって恥ずかしかった。