ある日、妹が「ねぇ、峠に行ってみたい。車出せない?」と言ってきました。

まぁ、紅葉の季節だし、それもいいかな。

「この前、友達と頭文字D観てさぁ」
「そっちかよ!」
うちには、割と新しい軽と、オンボロセダンがあるんですが、まあ、どっちかは親に借りれるだろうと。
他県に抜ける峠道なら何度か行ったことがあるし、行き先も決めて、妹、おおはしゃぎです。

「うちのセダンならドリフトできる?」
「出来るのかもしれんが、俺は出来ん」

「じゃあ、練習しといてね!」

無茶苦茶言います。

まあ、後で車に詳しい友人に聞いてみたんですが、うちのオンボロセダンでは、ドリフトは無理との見解が出ました。
出来るなら、練習していたかもしれない、自分が愛しいです。

休みを合わせる件は、勝手に片付きました。
秋は学校での行事が多いらしく、妻子持ちの先輩から、俺の平日休みと、先輩の日曜休みの交代を、向こうから提案してくれました。

いざ、当日。

妹は開口一番「ドリフトの練習した?」でした。

「うちの車じゃ無理なんだって」
「うわっ、調べたんだ!」

妹は、けらけら笑っています。

他愛もない会話をしながら、オンボロセダンは峠に向かいます。
途中、コンビニでおにぎりとお茶を買って、妹が大量に持ち込んだMDを聞きながら、二人で歌ったりなんかして峠に向かうんですよ、これが。

峠に近づくと、怪しげな西洋のお城風の建物が、次々と目に入ってきます。

妹は、無言で、流れていくホテルの入り口を見ています。

「兄ちゃんさ」
「ん?」

「ラブホテルって、結構高いね」

値段表見てたのかよ!

「あっ、兄ちゃんさ」
「なんだよ」

「今のとこ、温泉付だって。本当?」
「知るか」

「知らないのか」

なんか、ドキドキしてきます。
この道は、帰りも使うんですから。
夕方には、また通るんですから。

峠に入ると、紅葉にはまだちょっと早かったみたいですが、それはそれとして、綺麗な景色が広がります。

とはいえ、あまり運転がうまくない俺は、妹の「うわー!渓流あるよ!下!」「あー!あの紅葉すごい色づいてる!」「やっぱり日本がいいねぇ」なんて言葉から、景色を想像し、目の前の路ばかり見て運転してましたが。

やっと途中にあるダムのパーキングに車を止めて、ゆっくりと景色を楽しみました。

「兄ちゃん、写真とろう、写真」

ぴたっとくっついて、携帯で自分たち二人を撮っています。

「撮ったの、兄ちゃんの携帯に送ろうか?」
「あっ、ああ。そうだな」

何の気なしに答えているように、装います。
帰ったら、写真データをバックアップしておこう。

ちょっとドライブして、車を止められるところにおいて、渓流のそばで、おにぎりとお茶でごはん。
誰もいない、渓流の流れる音だけの場所で、なんとなく二人とも無言で、かといって気まずい雰囲気でもなく、のんびり過ごした後、帰り道につきました。

帰りの峠道、妹が助手席で携帯をかちゃかちゃ触ってます。

「メール?」
「ん、さっきの写真、携帯の壁紙にしてみた」

「!」

「さっきの渓流の写真だよ!二人で撮ったのじゃないよ!」

うわぁ、見透かされた。
見透かされてますよ。

行きによったダムを通り越し、オンボロセダンは進みます。

「兄ちゃんさ」
「ん?」

「今日は楽しかった?」
「楽しかったよ。でも、家に帰るまでがドライブです」

運転に自信が無いですから、結構本気の台詞です。

やがて、山の入り口のラブホテル街に近づいてきました。

「兄ちゃんさ」
「ん?」

「私のこと、好きじゃない?」

運転中に動揺させないでください!

「あっ、あぁ、好きなんじゃないかな。うん。好きだよ。うん」

「そっか。私も好きだよ。うん」

言葉にしてみると、妹が好きだという事実が、はっきりと認識できました。
なんか、そうなんだなって。

ラブホテルが見えてきました。
俺の心臓はバクバクいってます。

緊張のせいで、視野が狭くなってきます。
やばいやばい、運転に集中しないと。

さっきの会話は、誘ってるよなぁ、絶対・・・。

一軒目のラブホテルの前を、通り過ぎる。
ちらっと妹のほうを見る。
妹も、ちらっとこちらを見て、微笑む。

二軒目、三軒目の前を通り過ぎる。

「温泉入るかぁ!」

俺は頭の悪そうな台詞を言いながら、ウインカーを出した。
行きに妹が言っていた、温泉付のホテルに突入した。

これまで2回。
過ちといえば、過ちが2回ありましたが、両方とも言いだしっぺは妹からでした。

今回は、どうなんだろう?
やっぱり、俺の意思だよなぁ・・・。

この時、俺はものすごい決意をしていました。

絶対に、やらない。
何かあるかもしれないけど、何かしてしまうかもしれないけど、やるのは無し。

妹は、フロントのパネルを見ながら、「げっ!高い!表に書いてあるのより高い!」と、僕の袖を引っ張ります。

「表には、一番安い部屋の値段が書いてあるからなぁ。温泉入りに来たんだから、風呂の大きな部屋にしよう」

実を言うと、峠に紅葉を見に行くにしては、かなりの現金を準備して来ている俺がいます。

なんなんでしょう?何考えてたんだ?俺。

3番目くらいに高い部屋のボタンを押します。

妹、ちょうビックリ。

「兄ちゃん!DS買えるよ!」
「DSは買いません」

鍵を受け取って、エレベーターに乗ります。

「兄ちゃんさ、慣れてるね」
「慣れてないよ、本当に」

エレベーターを降りて、ライトが点滅している部屋に向かうと、途中の部屋のドアから、「ああんっ!ああんっ!」と、ものすごい声が聞こえてきます。
妹、またビックリ。

手にしがみつき「ふへ。ふへへへへ」と、引きつって笑っています。

部屋に入ると、ソファーの上に上着を投げて、風呂場に向かいます。
温泉に入りに来たんですから、うん。

妹は、部屋中見学しまくっています。

「兄ちゃん!兄ちゃん!」

風呂にお湯をためていると、妹の叫び声が。

「どうした?」

「冷蔵庫にすごいものが売ってます!」

大人のおもちゃの自販機です。

「記念に買ってやろうか?」
「えー!えー!えー!」

叫びながらも、選び始めてますよ。
さすがにエグイ形のは避けて、シンプルそうなのをボタンを押して、取り出しています。

「買っちゃった!」
「うん」

「買っちゃった!」
「うん」

あほな子のように繰り返しています。
妹はガサガサ、パッケージを開けて、電池を取り付けています。

そんな妹を見ながら、僕が思ったことといえば、本当に、この後、どうしよう?でした。
妹が大人の玩具で大興奮しているのを、ぼーっと見ながら。

お風呂から、ブザーが鳴ります。
大はしゃぎしていた妹は、ぴたっと止まりました。

「お風呂」

俺は一言いうと、さて、どうしよう、どう、一緒に入ろうと誘おうかと。

「一緒に入ろう」

妹が切り出してきました。

「うん」

二人で、いそいそと服を脱ぎます。

妹の裸を見るのは、えーっと、どれくらいぶりだ?
たぶん妹が高校生のときに、偶然風呂場で見てしまって以来です。

二人とも全裸になって、風呂場に向かいます。
あまり妹のほうをジロジロ見ないように・・・ん?

「お前、何持ってんの?」

手には大人の玩具を持ったままの全裸の妹。

「あっ、これ、防水って書いてあったんだよ」

あほな子のように振舞いながら、大人の玩具を選んでたらと思ったら、こいつ、無茶苦茶企んでましたね・・・。

かなり広い浴槽なので、二人でもゆったりとは入れます。
お互い、向かい合う形で入浴。

お湯で歪んで見えますが、出ているところはしっかり出てて、引っ込むべきところは、ちゃんと引っ込んでいて、かなりスタイルがいいんじゃないですか?

ずーっと気になっていた、乳首も淡くて、小さくて、100点満点でいうところの120点ですか?
おっ、ヘアも薄いので140点というか、俺の馬鹿。

さすがに無言のままはきついので、「いい風呂だな」とか、言ってみました。

妹は、顔にパシャパシャお湯をかけながら、「でもさぁ、温泉かな?本当に」と、ちょっと不満げ。

「まあ、兄ちゃんとお風呂なんて、なかなか無いから、いいか」

可愛いこと言います。

このままだとのぼせてしまう。

「のぼせるね」

そう言って、湯船から立ち上がりました。
妹も、合わせて立ち上がると、いっしょに洗い場の方に上がりました。

妹は、しゃがみこむと、玩具のスイッチを入れました。

「これってさ、やっぱり、気持ちいいのかな?」
「あーっ、どうだろう?そうだな、よし、試してみる?」

妹は、にへら、と笑うと、玩具をこちらに渡し、浴槽に腰掛けました。
今までとは逆に、俺が妹の正面、足の間に座りました。

目の前に、妹のがあります。

俺も女性経験が、一応6人あります。
不思議なことに、ヘアが濃かったとか、乳首がどうだったとかは覚えているんですが、女性器の形って覚えてないんですよね。
なんか、思い出そうとしても、曖昧にしか思い出せないんです。

でも、妹のは、今でもしっかり思い出せます。
薄いヘアの間から、こじんまりと。

なんか体育座りの姿勢だと、バランス崩しそうなので、全裸で、ちんこを立てながら、バイブを持って正座です。

妹は、こっちを見て微笑んでますが、体に力が入りまくってます。
緊張してるんだろうなぁ。

バイブの先っぽを、ちょっと当ててみます。
妹の微笑んでる口元が、ちょっと歪みました。

「どうするといい?」
「えっと、分かんないよ。こういうの、初めてだし」

そうですか。
触られるのも初めてですか!?
なんか、嬉しくなってきました。

バイブを、スリットに合わせて、そっと上下に動かします。

「えへへ、えへへへへへ」

妹はにへらっと、笑って、熱っぽい目でこっちを見ています。

「くすぐったい?」
「ううん、気持ちいい」

あっ、濡れてきてる。
これはお湯じゃないよな、糸引いてるし。

ちょっと、バイブを押し込もうとしたら、手を押さえられました。

「それはダメ。たぶん、痛い」

バイブをスリットにあてがうと、俺は中腰になって、妹に腕を回し体を寄せ、妹の胸に口をつけた。

「ひっ!」

あてがったバイブが、どんどん濡れていきます。

妹は手を、胸を舐めている俺の頭に回し、ぎゅっと抱き締めてきました。
妹の顔が見たいのですが、頭を抱きかかえられているので、変な上目遣いでも、ちゃんと表情は見えません。

「ひっ!・・・ひっ!」

たまに、ビクッと動く以外、妹は声を漏らし続けました。

困ったのは自分のちんこです。
片手にはバイブ、片手は妹の体に回しています。
しかも、頭を抱えられているので、自分のちんこを触れません。

しかし、ギンギンです。

なんとかしたいです。
なんとかしたいのですが、妹にも攻撃を続けたいです。

とにかく、妹を一回グテッとさせないと、どうにもならないかも。
そう思うと、攻撃力を上げるしかありません。

胸を舐める舌を尖らし、乳首を弾くように刺激します。
刺激に合わせて、妹のビクッっと動くのがシンクロしていきます。

バイブを親指と中指で支え、人差し指でそっと後ろの穴を触ってみました。

「ふぇっ!」

声を上げ、腕の力が緩みましたが、指が離れたので、また、元の力に。
一度、そっと触っただけなので、偶然指が当たったのかと思ったのでしょう。

驚かせないように、何度か、とん、とん、と後ろの穴に指を当てて、指をしっかりと後ろの穴に押し付けました。

「あぁ、あぅ、あわ」

なんか絶妙な声を出してきます。
バイブを小刻みに動かしながら、後ろの穴に当てた人差し指も円を書くように、軽く動かします。

「うーっ!うーーっ!」

「うーっ!うーーっ!」

なんか、バイブはぐしょぐしょになるわ、頭を抱きかかえている腕には物凄い力がこもるわ、足はガクガクしているわで、えらい騒ぎです。

バイブをしっかりと押し付け、お尻に、ぬるぬるになった後ろの穴に、人差し指がするっと入りました。

ビクッと弾ける様に、妹は体を仰け反らし、一気に力を抜きました。
危うく湯船に倒れそうになるので、必死で支えました。

「おい!危ないって!」

僕の腕の中で力を抜いたまま「・・・ベッドに運んでぇ。力はいらない。ぅー」と。

こっちのちんこは力が入ったままですよ。
ぅー。

力を抜いている妹を、お姫様抱っこしようとましたが、意外と重い。
何とか踏ん張って、持ち上げるも、床が滑りやすくて危険です。

一度は抱きかかえたものの、妹を床に下ろします。

「重かった?」
「いや、こっちの力不足が原因」

妹はお風呂場の床をのたのた動き、タイル地の壁に背をつけます。

「冷たくて、気持ちいい」

妹は呆けたような顔をして、微笑んでます。

俺は腰をトントンと叩き、浴槽のふちに腰掛けます。

よかったような。
あのままベッドまで運んでたら、危なかった。
絶対、やってた。

そう思いながら、壁に背を預けてる妹を見ています。
妹ながら、そこそこ可愛いと思ってはいましたが、全裸で呆けたようにこちらを見ている妹は、無茶苦茶可愛いんですよ、参ったことに。

妹も、無言でこちらをじーっと見ています。

ふと、妹は視線を落とし、力いっぱいぴんこ立ちのちんこを見つめました。

「お前が可愛いからいけない」

わけの分からない言い訳をします。

「でも、あれだ。その、こうはなっているが、やるのはマズイと思う」

はっきりと口に出して、言いました。

言っておかないと、やることになると思って。
ここまでの関係になっているので、自分には近親相姦に対する嫌悪感や、罪悪感は希薄なんだろうな、と感じていました。
たぶん、妹も同じでしょう。

「あたりまえじゃん。そんなの」

そう言って、妹は目をギンギンのちんこに向けると、手をこっちこっちとしました。
俺が「ん?」と言う表情をすると、妹は目を閉じて、口を開けました。

・・・これは・・・。

目を閉じるだけなら、キスしてだよな。
口を開けてるってことは・・・。

俺は立ち上がって、ゆっくりと座り込んでる妹に向かいます。
ビンビンのちんこをおっ立てながら。

そばまで行くと、妹の足を跨ぐように立ち、ちんこを左手で妹の口に軌道修正しながら、右手を壁に着きました。

そっと妹の口にあてがうと、妹はちょっと頭を前に出して、咥え込みました。
俺は左手も壁に当てて、上ってくる快感を押さえ込みます。

妹が頭を壁のほうに戻すと、咥えていたちんこが少し離れそうになります。
俺は自ら腰を前に突き出しました。

妹が舌で刺激してるれるかな?と、ちょっと期待したんですが、目を閉じて、咥えたまま。

ガマンできなくなり、壁に手をついたまま、腰を振り始めました。
妹の唇から、しゅぱっ、しゅぱっと音が聞こえます。

ちょっと腰を落とした変な体勢なので、かなりキツイのですが、とてつもない心地よさに負けて、腰の動きが止まりません。
妹は、目を閉じたまま、自分の手を自分のあそこに持って行きます。
俺が両足を跨いでいるせいか、ちょっと自分のに触りにくそうです。
一回動くのを止めて、妹の唇から離れました。

妹はきょとんと、こちらを見ています。
俺はバイブを拾い上げると、妹に手渡し、また顔にちんこを近づけました。

妹はまた口を開けて、俺のを咥え込みます。
妹の手から、ブイーンというモーター音が聞こえてきました。

急に、妹の唇がきゅっと締まったので、発射しそうになり、慌てて腰を引きます。

妹はちんこを咥えたまま、上目遣いでこちらを見て、それから唇の中で舌を使い始めました。

これはガマンならん。
腰が動いてても、止まってても、絶対いく。
すぐいく。マッハでいく。

どうせならと、強い快感を求めて腰を動かします。
妹の唇から、涎が垂れてきています。

俺が腰を動かすと、眉間のしわが、きゅ、きゅとリズミカルに浮かびます。
苦しいのかな?

いや、どうも妹は自分で刺激をするのを、俺の腰の動きに合わせているようです。

バイブの音が、ブイン・・・ブイン・・・とリズミカルに聞こえてくる。
押さえつけたり、緩めたりしているようです。

妹も、バイブを持った自分の手を、上下に激しく動かしています。
スリットに当てがっているだけでしょうが、しわを眉間に寄せて、唇とちんこの間から、涎がだらだら出てきている顔からは、妹ももうイキそうなんだ、と分かりました。

「また口に出していい?口に出していい?」

何故か二度聞く俺。
妹は、ちんこを咥えたまま、切なそうな表情でこちらを見て、軽く頷きます。

腰を早く動かすのを止め、力強く、がつん、がつん、がつんと動かし、四回目にがつん、と唇の中にちんこを押し込んだ瞬間、止め処なく精子を放出しました。

なんか、どくどく出ています。
妹は、ちょっと苦しそうな顔をしてますが、まだ手を動かしています。

やがて、ちんこを咥え、精子を口いっぱいにしながら、びくっ、びくっ、と果てました。

無理な体勢に、疲れてきていたので、そっとちんこを抜きます。
妹の口から、僕の出したものが、たらたら出てきます。

妹は下を向いたまま、たまにびくっ、としています。
まだ、手に軽く握られているバイブは、ブイーンと音を立てていました。

妹はよろっと腰を上げると、俺のほうに倒れこんできました。
支えようとすると、妹は僕の太ももあたりに体を預け、腕を僕のお尻に回し、まだ、拭ってもいない唇でまた、ちんこを咥え込みました。

「ちょっと!ちょっと!」

俺が慌てるほうです。
妹はかたくなに力を込め、逃げようとする俺の腰を押さえつけ、口を動かします。

ちょっと、なよってたちんこも、力を取り戻しています。

うぅ、気持ちいい。

妹は、ちょっと口を離すと「やばい。なんか楽しい」と言って、精液でベトベトの口で、またちんこを咥えました。

なんだ、なんだぁ!なんで火がつんてんだ、こいつ!

ガンガン、攻めてきます。

うわぁ。

俺は天井を睨みつけ、ガマンしました。
ガマンしてるってことは、長く楽しみたいという男心。
ちんこにまとわりつく感触に、集中してました。

妹は、ふと、お尻を撫で回し、こともあろうに、俺のお尻の穴にバイブをあてがいました!

「まて!まてって!」

妹は、口を離すと、にへらっと笑って「さっき私にもしたじゃん」とバイブをぐりぐり動かします。

頑張って侵入を寄せ付けない、俺のお尻の穴。
頑張れ、尻の穴。

「いやっ、だって、これはないだろう!」

「大丈夫だって!私、座薬入れるのうまいんだから!」

えっ、看護って座薬入れたりするんですか?

そんないらないことを考えた瞬間、ちょこっと侵入を許してしまいました。

「あぁぁぁぁぁ」

あぁ、俺からこんな声が出るんですね・・・。
妹はちょこっと入ってしまったバイブをぐりぐり動かしながらも、口でのしごきを強めました。

「あぁ、あぁ、あぁ」

妹は楽しそうに、意地悪げな目つきでこっちを見ながら、舌を先頭に絡めてきます。

力が抜けた瞬間、バイブがかなり侵入し、俺はアホ見たいな声を出して、またイキました。

さっき出したばかりなのに、どくどく、馬鹿みたいに出ています。
妹は口の端から、涎と精液を出しながら、ちんこを咥えて笑っています。

俺はお尻に突き刺さったバイブの振動を感じながら、かなり凹んでいました。

二人でお風呂に入りなおし、エロイことは無しで、体を寄せ合って、きゃっきゃきゃっきゃと楽しみ、汚れを落としました。

「さっきの兄ちゃんは、かなりかっこよかったよ」
「お前なぁ」

「あぁ、あぁ、だって」
「このぅ!」

こんな感じで。

部屋を出る前に、綺麗に洗ったバイブを妹は俺に渡しました。

「アホか!俺はこんなん使わないぞ!」
「私だって、兄ちゃんとしか使わないと思うよ」

ん?ん?また使うの?

そうとは聞けずに、そっかと、上着のポケットに突っ込みました。

支払いの後、貰ったポイントカードを妹は熱心に見て、俺に返しました。

「いやさ、このポイントが増えてたら、兄ちゃん、ここに来たことがわかると思ってさ」
「来る相手なんて居ないから」

「そっか、そっか」

妹は嬉しそうに頷きながら、腕を組んできました。

「そっか」

そう言うと、また俺を見て微笑みました。

こうして、二人の初ドライブは終了したのですよ。