翌日、仕事を終えて帰宅すると、妹はリビングでグデーっとテレビを観ていました。

不思議と、お互いに昨日の気まずさとか無いようでした。
少なくとも、俺にはありませんでした。

「言ってた介護実習、どうだった?大変だった?」

妹はTVから目を離さずに・・・。

「ん、担当した人は、自分でトイレ行ける人だった。おばあちゃんだったし」

「そっか・・・」

おばあちゃんでしたか・・・。
なぜだかホッとしたのを覚えています。

まだ人生初ちんこは俺で、唯一のちんこなんだなぁ、とか考えて、まあ、自分から見ても気持ちの悪い野郎ですね、俺。

それから、夏休みに入り、妹はボランティア兼実習で忙しく施設を巡っているようでした。
こっちは社会人、しかも本屋なので暦とはあまり関係なく、お盆を除いては、通常通り仕事の毎日。

そんな、8月も終わりの頃、妹がリビングでTVをぼーっと観ていました。

「忙しそうだな」

妹はこちらを見るでもなく、生返事。

「うーん」

俺は冷蔵庫からビールを取り出して、妹の横に座りました。
TVではなにやらお笑い番組が流れています。

「こんなの毎週観てたっけ?」
「観てないよー」

ビールを飲みながら、TVをぼー。
レイザーラモンが小学生を前に、腰を振りまくってます。

妹が思いついたように、こちらを見ます。

「そうだ!すごいんだよ!まじ、すごいの!聞きたい?」
「ん?なに?」

「あーでもなー、人間不信になるかもなー」

急にドキッとしました。
あれから、お風呂場での一件に関しては、お互い触れることはなかったのですが、人間不信とか言うと、どうしても俺の「口を開けて!!」という台詞を思い出すのです。

あれは、兄不信になるよなぁ・・・。

しかし、妹の口調、表情からは俺を嫌ってるようには見えません。

「なんだよ、気になるじゃん」

ドキドキしながら聞いてみます。

「あのさあ、この前のボランティアなんだけど、精神薄弱の子供の施設でさぁ、もうさ、無茶苦茶なんだよ」

「俺は精神病とかの専門知識は一切ないから、あまり詳しいこと分かんないけど、いわば病気なんでしょ?足を骨折した人が歩けないのと同じで、それを無茶苦茶とかいうのは、駄目だろ」

正論です。
妹にちんこ咥えさせた男が正論ですよ。

「そんなの、ちゃんと分かってるよ!ただねぇ・・」

「なんだよ」

正論を言いましたが、その無茶苦茶ってのも気になります。

「あのさ、中学生くらいの男の子とかがさ、涎とか垂らしてるのよ」
「まあ、それくらいはあるだろうなぁ」

「んでね、もう、無茶苦茶なのがさ・・」

ちょっと言いにくそうに続けました。

「一日中オナニーしてる子がいるの」
「一日中?」

「うん、看護士の人とかさ、もう、慣れたもんで、なんとかちゃん、やめようねー。とか言うんだけど、にこーっと笑ったまま、続けてるの」
「うへー。それはキツイなぁ」

妹は、もう、まいったなぁって顔をして・・・。

「なんかさぁ、すごい状況なのよ。牛乳とか、口から溢れさせて飲んでる子がいたり。でも、一番はそのオナニー君だね」と、ため息をついた。

「気持ちいいと思ったら、それが止まらないんだろうなぁ」

俺も、やれやれといった風に答えた。

「兄ちゃんさ、その子の気持ちは分かるんだ?」

妹は真剣な表情でこちらを見る。

うぅ。
真剣に答えたほうがいいよなぁ。

「そりゃ、俺だってオナニーすることあるもん。でもさ、それはなんか、こう耐えられないときとか、むらむらする時とかあるんですよ。四六時中しようとは思わないけど」

妹は納得したように「そうだよねー。なんか耐えられない時、あったもんねー」と笑った。

あの時のことですかね・・・。

ちょっと、意地悪く「まあねー。女の子でもそういう時、あるんだもんねー」と言ってみた。

あの時、お前も左手でオナニーしてたじゃん。

妹は、こっちを赤い顔して睨んで、「そーですねー!」と言って、ソファーを立った。

「あっ、怒った?」

思わず、下手に出る。
俺、こんなに弱いキャラだったかなぁ?

「怒ってないよ。ふん」

また、ソファーに座り直す妹。
心なしか、俺に近い位置に体を寄せる。

おっ、ツンデレだ。

この頃覚えた言葉が、頭によぎります。
あのお風呂場の経験以来、ちょっと萌え系の本に目を通してみている自分が嫌いです。

「なんかさぁ、一日中、男の子のオナニーとか見たりすると、訳わかんなくなるねぇ」とか言って、体をさらに寄せてきます。

「実はさ・・・」

妹は耳元で「兄ちゃんがしてるの、また見たいんだけど」と言った。

また見たい?
えっと、してるのって、自分で自分のちんこを、ごっしごっししてるのを?

妹は今にも、「冗談冗談!」っと言い出しそうな雰囲気。

どうしようと、5秒も悩む時間はない。
物凄い悩み所なんですが、2秒ぐらいで答えを出しました。

「いいけどさ」

馬鹿です。
俺、本当に馬鹿です。
病気かもしれません。

何故か、打ち合わせしたかのように、二人で浴室に向かいます。

後で、冷静になってから考えたのですが、前回の場所が浴室だったというのと、なんとなくベッドがある場所、俺か妹の部屋はまずいんじゃないか?という意識があったと思います。
ベッドがあると、絶対行けることまで行く気がしていました。
というか、行きたいのが俺の願望というか、可愛く言えば、願い事?みたいな。

妹は、無言でまた前回同様、目の前に正座します。

今回は、ズボンとパンツを下ろす前に、完全に大きくなっていました。
一日中オナニー君のことを、馬鹿には出来ません。

妹に見られながら、自分のを右手でしごき始めました。
妹は自分の両手を、自分の太ももあたりで、ぎゅっと握って、唇を噛んでちんこを見ています。
なにか切羽詰ったような表情で、右手を動かしているのを見つめています。

よく見ていると、右手の動きに合わせて、妹の目が上下に動いていてなんか、すげぇ可愛いです。

左手を妹のほうに伸ばすと、妹はびくっと体を後ろに反らせました。

「あっ、あのさ」
「はひ」

妹は緊張してなのか、なんなのか、「はい」が「はひ」になってます。
これが萌えですかね?なんかグッと来ています。

「頭撫でていい?」

妹は驚いた表情の後、頭を撫でやすいように、前に持ってきます。
自然とちんこへの距離も近づきました。

右手でじぶんのちんこをしごきながら、左手で妹の頭を撫でています。

変態です。
ど変態です。
ど変態警報発令です。

もう自分が嫌になりながらも、ちんこをしごく手が止まりません。

妹の両手も、いつの間にか自分のジャージの中に入っています。
妹は目の前の、本当に目の前のちんこを凝視しながら、両手をもぞもぞジャージの中で動かしています。

ちらっと、妹がこちらの顔を見たときに、目が合いました。
妹はなんともつかぬ表情で、こちらを見ています。

オナニーをしている所を見られて、どんな気分でしょう?
まあ、俺も見られているわけですが。

妹は、ちんこに目を戻したり、目を閉じたりしながらどんどん顔を赤くしていきます。

妹が「ふぅーっ!」と変な息を漏らした瞬間、その息がちんこにかかり、期せずしてちんこから大放出。

妹の顔にはかからなかったのですが、髪やTシャツには、べっとり行きました。

妹は治まらないらしく、両手を激しく動かして「うーっ!うーっ!」なんて言いながら、こっちを見ています。

どうしよう、ちんこを口に押し付けてみようか?
まてまて、ここはそっとキスしようか?
なんて考えていると、妹はビクッ!と跳ねて、本当に跳ねて、急にぐったりとしました。

ちょっと考える時間が長すぎました・・・。

二人して、呼吸を整え、しばらくぼーっとしていました。

妹が呼吸を整え終わると「シャワー浴びたいから、出てってもらえる?」と聞いてきました。

「うん」

そう言って俺は、自分の部屋に戻ろうとしました。
なんか、表情、雰囲気から今日は終わりって感じが漂っています。
シャワーを浴びてから、何かありそうな風ではありません。

「兄ちゃんさ、ありがとね」
「おっ、おう」

なんか、このまま風呂覗いたりとかはありえない雰囲気の中、急いで自室に戻り、自家発電に勤しみました。