珍しく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。

妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。
どちらかいえば考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。
「どうかした?」

後ろから、ちょっと声を掛けてみる。

「あっ、兄ちゃん・・・」

妹は困ったなぁって顔をしていたけど、悲しげとかじゃない表情。
どうやら失恋したとか、そんな風ではない。
安心して、相談に乗ってあげられそうだ。

妹はちょっと一息あけて、こう言った。

「明日さぁ、ちんこ触んなきゃいけないんだよ・・・」
「はぁ?なんだそれ?」

ちんこって、あーた。

「明日、介護実習でさぁ。老人介護の施設行くんよ。一日、担当したご老人の介護するんだけどさ、下の世話するジャン。そうなるとさぁ、人生初ちんこ触るわけなんですよ」

なるほど。
ん?人生初ちんこですか?
彼いたじゃん、高校生の時さ。

そんなことを思いながらも、さすがに人生初ちんこに関しては突っ込んで聞くわけにも行くまいと思いつつ・・・。

「でもな、介護ってのはさ、そういうもんだろ。それを分かってて、その道に進んだわけだろ」

我ながら、馬鹿みたいに正論を言ってみる。

「そんなことは、分かってるよ。うん。介護ってのは、大変で、辛いから、こうやって事業になって、大きなお金が動いて、人が必要とされてるってのは。だから、のほほんとしてる私でも、しっかり稼げるかと思ったんだけどね」

うっ、俺よりちゃんと考えてやがる・・・。

ちなみに俺はアルバイトしていた本屋を、大学卒業後、スライドして社員に。
給料は・・・実家暮らしでよかったと思う程度。

「じゃあ、なに悩んでるんだよ?」

「悩んでないよ。ただ、悲しいのよ。なんで人生初ちんこが、ご老人のちんこなのかしら」
「誰のかわかんない、ちんこよりはいいだろ」

妹は唇を尖らせて「なんで私が、誰のちんこか分かんない、ちんこ触んなきゃいけないのよ」と、呟いている。

ちょっと頭が痛くなった。

「あのなぁ。お前も女なんだから、ちんこ、ちんこ連発すんなよ」

「じゃあ・・・おちんちん?」
「それもなぁ・・・」

なにを思ったのか、妹はいきなり立ち上がり「ペェニースッ!」と変なドイツ語風発音で叫んだ。

「ちょっと、お前っ」
「ペェニースッ!ペェニースッ!ペェニースッ!」

俺のつぼに入った。
腹が痛い・・・。

妹は調子に乗って「ダズ、イッヒ、ペッ、ペッ、ペェニースッ!」とか、ワケわかんなくなっている。

ちょっと喘息の発作が出そうなくらい笑った。
ひとしきり笑った後、リビングのソファーに二人並んでのんびりと話し始めた。

高校の時の彼に関しては、妹から話してくれた。

「なんか、まだ早い、まだ早いって感じで、キスして、手を握って満足してたんだよね。ん、向こうは満足してなかったかも。なんか、恥ずいね、こんな話。だから、人生初ちんこはご老人のちんこなのよ」

なんだかなぁ。

「ペェニースッ」と言ってみる。

「ペェニースッ」と言って返してきた。

そんなこんな話していて、俺はちょっとソファーから立ち上がった。

「兄ちゃん、どこ行くの?」
「ん、ちょっと」

妹はニヤリ、と笑った。
ニヤリって文字が浮かんでそうなくらいニヤリと、笑った。

「トイレ行くんでしょ?」

・・・そんな話になったら嫌だなぁと、薄々思っていた。

「だったら、どうだって言うんだ?」
「私の人生初ちんこにしようかと・・・」

急に心臓がバクバクした。
自分でもビックリするくらい、ドキドキした。

すんなり、気の利いたギャグで返せれば良かったんだけど、妹の「人生初ちんこにしようかと・・・」にすごくグッときていた。

思えば、この時、人生で初めて妹を異性として意識したのかもしれない。

「馬鹿を言うなよ。大体、あれだ、うちのトイレは二人では入れませんよ!?」

「トイレが二人で入れないのが問題ですか?」
「なんか、期待してませんか?」

妹はニヤリと笑ったまま、いや、心なしか顔が赤くなっていた。

妹はちょっと考えて、思いついたことを次々口にする。

「どうする?お風呂なら大丈夫かな?」
「なにが大丈夫なんだよ!俺の気持ちも考えろよ!」

「あのねぇ、介護ってのはそういうもんじゃないでしょ。介護する側も、恥ずかしいとか、汚いとか、そんなの思わないの!だって、そんなこと思ったら、安心して介護を受けられないでしょ!」

なんか、急にテンション上がり気味じゃないですか?

「それにね、おじいちゃんとかでも、ちんこ触ると大きくしちゃう人とかいるんだって。でも、それはしょうがない事らしいの」

なんとなく頷いて、「男って、おしっこ我慢してると立ちやすくなるんだよ」と、へんな予防線を張った。

妹は眼が笑ったまま、真剣な表情を作ろうとしている。

「兄ちゃん、もし兄ちゃんが両足折ったりして入院したらさ、きっと私が付き添いに行くと思うんだよね。そん時ちんこ触るか、今触るかの違いジャン」
「両足折ったりしませんから」

「じゃあ、両足折られるのと、ちんこ触られるのどっちがいいのよ!」

なんですか、その究極の選択は?

「・・・ちんこ触られるほう」

「ほら見ろ!さっさとお風呂場行くよ!」

本当のこと言うと、ちょっと触らせてみようとか、この時点で俺も考えていたと思う。
この1年くらい彼女もいないし、風俗も行かないので、なんか悶々としていたのも事実。
しかし、妹相手に「ちんこ触らせてみよう」とかって、思いついたこともなかった。
というか、普通考えませんよ、現実世界では。

でも、正直、おしっこするのを見られるのはキツイ。

「なあ、その、触るだけならトイレ行った後でよくないか?」

妹は首を振る。

「だめだよ、それじゃ意味無くちんこ触るみたいジャン。明日の練習を兼ねたほうが、いいでしょ。いいのよ。うん」

変な納得の仕方をしている。

俺の気持ちの整理も、その変な方法論で解決してください・・・。

なんか夢見心地というか、頭の回転が止まったまま妹と一緒に脱衣所に入った。
妹は俺の顔をジーっと見ながら「ここで下だけ脱いじゃおうか?」と言った。

「えっと、あれだ、湯船にして流しちゃおう。全部脱がなくてもできるからさ」

いきなり下を脱ぐほど、決意ができていませんよ。

「そっか、立ったまま出来るんだよね。便利だよね。うん」

便利だと思ったことは今までなかったなぁ。

二人で浴室に入る。

「さて・・」

妹はちょっと緊張の面持ち。

「それでは、介護を始めます」

手術をするわけじゃないんだから・・・。

正直、勃起したらどうしようと思ってたが、とてつもない緊張感から、そんな心配は無用だった。
それより、思った以上に小さくなってる・・・。

えーい、こうなったら思い切るしかない。

思い切って、ジーンズの前を開け、パンツと一緒に下ろしてみた。
ちらっと妹を見ると、じーっとちんこを見ている。

むぅ、はじめましてこんにちは。

何を思ったか、“がっ!”と、ちんこを掴んだ!

「・・・」
「・・・」

「思ったより小さいね」

正直な意見が、人を傷つけることもあります・・。

妹は、ちんこから目を離さない。
何を考えているんだろう・・・。

一呼吸おいて、冷静に考えてみると、妹に、風呂場でむき出しのちんこを握られているのがすごく馬鹿馬鹿しくなった。
ちょっと、開き直りも入ったのかもしれない。

妹がちんこを握っている感覚が、だんだん身にしみてくる。

「人生初ちんこなわけですが、感想は?」

「あーっ、えーっと。変な感じ。面白い触り心地」

そう言って、にぎっ、にぎっと手を動かす。
うひーっ!それヤバイです!

「ちょっと、まて、動かすな。動かさないで。動かさないでください」

「ふむ。でもあれよ、大きくなっても冷静に対処するのが介護だから」

そう言って、にぎっ、にぎっと強く握る、弱く握るを繰り返す。

なんか話が変わってませんか?
いったい、何がしたいのですか?
大きくなるのが見たいのですか?

こうなったら、大きくなったちんこを見せてやろうじゃないですか。
というか、刺激に負けて、勝手に大きくなってきました。

まあ、にぎっにぎっと、強く、弱くを繰り返してるだけなので六分咲き程度ですか。
通常時、ちょっと皮カムリ気味なんですが、完全に頭部分が覗いてきた。

妹は、頭部分が覗いてきたのに反応して、鼻を膨らませた。

「兄ちゃん、おしっこ出そう?」

妹は正面から、俺のを握っているのでこのままおしっこすると、確実に浴びてしまう。

「いや、そりゃ、トイレ行こうと思ってたから、出そうと言うか、えーっと」

正直、出ない。
この六分咲き勃起状態ではなかなか出そうでも出ないでしょう。

妹は、ちんこを握り直しながら、俺の背後に回った。
背後に回るときに、にぎっ、にぎにぎっ、握ってる感じで、今までの強く、弱くの握り直しではない新たな感覚で、ちんこが八部咲き程度に成長しましたよ。

妹は背後に回ると、俺の右の脇の下から顔を出してちんこを確認している。

右手で根元を握り、左手で、ちんこの頭をきゅっと包んだ。

「これなら、おしっこしても飛び散らないよね」

頭部分を包んだ左手を、きゅっと動かした。

満開勃起。

ちんこがビクン!と動いたのを、確かに妹も両手で感じていた。
脇の下から出した顔を、俺のほうに向けた。

妹は目を大きく見開いて、明らかに興奮してる・・・。

「あのさ・・・。この状態だと、ちょっと出ないかも」

「手、邪魔?かかっちゃってもいいよ。介護の時も、結構かかるらしいし。予行演習、予行演習」

そう言うと、右手をにぎっにぎっ、左手をさわっ、さわっと動かす。

またまた、ちんこがビクッ!と動く。

うわぁ・・・。
すみません。
気持ちがいいです。
腰が動きそうです。

でも、妹が背後にぴったりくっついて、頭で腰の上を固定されてるのでちょっと動かすわけには行かない、というかバレる。
この際、バレてもいいような気もするけど、なんかそれは避けたい。
兄が妹の手にちんこ包まれて、腰を動かしてるのは、嫌過ぎる。

「あの・・正直に言うと、こう、大きくなってるじゃないですか?女の子には分からないかもしれないけど、大きくなってると、おしっこしにくいんですよ。尿道が圧迫されるのかな?おしっこ出ないんですよ」

なんか、敬語気味で告白しました。

「ふーん・・・そっか。それで、ちょっとずつ出てるのか・・」

・・ん?ん?出してないつもり・・・。

左手の、ちんこの頭を包んでいるほうの手から、にゅちゃ、にゅちゃっと音が漏れてきています・・・。

それ、おしっこじゃありません・・・。
違うんです・・・。
ガマン汁なんですよ、きっと・・・。

なんか、我慢ならなくなって、ちょっと腰を動かしてしまいます。

「うーっ」

なんか、声が漏れてしまう・・・。

「兄ちゃんさ、えっと、手、動かしたほうがいい?」

脇の下から、こっちを上目遣いで見てます・・・。
お前、すべて分かってるんですね・・・。
兄が感じていると・・・。

「このままだとさ、おしっこ出来ないんだよね?しょうがないよね?」

そう言いながら、両手をはっきりと動かし始めた。

ぎこちない手の動きで、ガマン汁がガンガン出てきます。
しかし、なんでしょう、出ません。
なんか出ません。

どれくらいの時間がたったか、わかりません。
手の動きに合わせて、にゅちゃ、にゅちゃっと音がし二人の妙に荒い呼吸音が浴室に響いてます。

不意に妹が手を止めて、「だめ、この姿勢疲れる」と言いました。

ガマン汁を大量に出し、なんか、まあ出なくてもいいか気分だったのでここで終了かぁ、すごかったなぁ・・・とパンツを上げようとしました。

妹はすかさず、「ここ、腰掛けて」と浴槽に俺を座らせました。

ちんこ、ぴんこ立ちのまま浴槽に腰掛ける俺。
妹は、そんな俺の正面に正座します。

まっ!まさか、口で!?

そんな姿勢なんですよ、これが。

妹は、手でちんこを掴み直すと、正面、僕の足の間に正座しながらしゅこっ、しゅこっと動かし始めました。

さすがに、口でするわけでないようですが、これは効きます。
ずっと焦らされ状態だったので、物凄い快感です。
ちんこのそばに、妹の顔があり、息を感じます。

うわぁ・・・。

妹は、僕の顔をちらっと見たり、ちんこをじーっと見たりの繰り返しです。

ん、妹よ、なんか、正座しているお尻を、ちょっと動かしてませんか?
もぞっ、もぞっ、と妹のお尻が動いてませんか!?

なんか、頭がさらにぼーっっとします。

上から見ていると、Tシャツの襟からブラが覗いてるのが見えます。
そっと手を妹の胸に伸ばしました。

何も考えていません。
本能のまま、手を伸ばしました。

妹は胸を触られた瞬間、素早く手を動かし、俺の手を払いました。

「そういうことはしないの!」

怒られました。

「すみません」

素直に謝りました。

妹の手が動き、どんどん高まってくるのが分かります。
妹の唇、妹のTシャツの襟から覗くブラを見ながら限界を感じ始めました。

ふと、妹はちらちら見ていた僕の顔を、じーっと見つめました。

猛烈に恥ずかしくて、視線を外したいのですが、目を逸らすことが出来ませんでした。

「兄ちゃんさ、あんまりこっち見ないでよ」
「あっ、ごめん」

慌てて視線を天井に向けました。

換気扇を見ながら、あー、換気口に埃がたまってるな掃除しなきゃなぁ、とか、変なことを思い浮かべていました。

ちんこに感じる感覚が、ちょっと変化しています。
ん?さっきより刺激が少なくなってます。

そっと視線を落とすと、・・・妹の片手、右手はちんこですが、左手は、妹のジャージの中に入ってます・・・。

慌てて天井に視線を戻しました。
妹は目を閉じていたので、気付かれていないと思います。

俺のちんこをしごきながら、オナニーですか!?
俺の妹って、そんな娘でしたか?

僕も目を閉じて、聴覚に集中します。
暗闇で獲物の気配を探すハンターのようです。
ハンターなんて見たこともありませんが。

ちんこのくちょ、くちょ、という音。
妹のふっ、ふっ、ふっとリズミカルに息を吐く音。
自分のはっ、はっ、はっという呼吸音。

そのほかに、妹の左手がジャージとこすれる音。

それと、妹の左手が自分のを触る音が、くちょ、くちょっという音が聞こえた気がした瞬間、自分の限界を感じました。

「だめっ!出る!」

妹は目を開けて、パニクリました。

「どうする!どうしよう!?」

咄嗟に俺の口から出た言葉は「口を開けて!!」でした。

妹は目を見開いて、なんで!?どうして!?なに!?と、困惑の表情を浮かべながら、口を開けました。

妹の手が止まったので、自分の右手でちんこをしごきます。
妹は目の前でしごかれているちんこから、目を離さずに口を開けています。
一度は止まったジャージの中に入れた左手も、再度動き出し、妹は眉間にちょっとしわを寄せて、ちんこを睨んでます。

もうだめ、限界の瞬間、俺は腰を浮かせて、妹の唇にちんこを押し付けた。

妹も困惑しながらも、ちんこの頭部分を咥えました。
舌が、ちょっと当たるのを、電流が流れるように感じました。

一気に出ました。
妹の口の中に、どくっ、どくっと、今まで経験したことのないくらいというか、自分の中にこんだけ精子が溜まってるのかと、ビックリしました。

妹は「ふーっ」と鼻から息を吐きながら、俺を上目遣いで見ています。
どうしていいか分からずに、ほっぺをちょっと膨らませ、ちんこを咥えて、こっちを見ています。

「全部出たと思う・・・」

妹は唇をするっと離し、左手をジャージの中から出して、浴槽のふちに手をかけ口の中の精子を、風呂桶の中に吐き出しました。
左手が濡れていないか思わず確認したんですが、たぶん濡れている?くらいの感じでした。

妹の視線を感じ、視線を妹の顔に戻します。
今まで感じたことがないくらい、妹の表情が読めませんでした。
何を考えてるのか、さっぱり分からない表情でした。

「・・・」
「・・・」

二人とも無言です。
視線を合わせたまま、無言です。

なんでしょう、ここで「あっはっはっ、変なことしちゃったねー」とか、軽口を絶対言えない雰囲気です。
しかも、最後には「口を開けて!!」とか、俺言ってるし・・・。

妹から、切り出しました。

「もう、おしっこ出る?」

そうでした、そんな話でした。
そんな話がスタートでしたね。

「おっ、おう、出るよ。ちょっと待って」

僕はふらつきながら立ち上がり、風呂側を向きました。
妹は横から手を添えて、今度は本当に手を添えてるだけなので自分でもちんこを支えて、おしっこをしました。

妹の手でしごかれ、妹の、たぶん、オナニーを見て、妹の口に出した後とは言え、おしっこをすることの照れとか、一切なかったのが不思議といえば不思議だった。
妹もおしっこが出るのをボーっと見ているようで、別の世界を見ている視線でした。

おしっこが終わると、妹は「見せてくれて、ありがとね。ちゃんと、お風呂洗っといてよ」と言って、自分の部屋に戻っていきました。

なんか、手を洗ったり、うがいしたりしなかった妹にまたまたグッときていました。

急いで、風呂桶を洗います。
絶対、妹は自分の部屋で、続きを、オナニーをしてるのではないか!?
そんなことを思いながら、風呂桶を洗いました。

洗い終わると、急ぎ足ながらも音を立てないように、妹の部屋へ向かいました。

中に入るわけではなく、ドアから聞き耳を立てるつもりでした。

妹の部屋に近づくと、ガンガンにCDが流れているのが聞こえてきます。
ドアまで行っても音楽が聞こえてきて、中の様子が判りません。

頑張って耳を澄ましていると、「ふうぅ」という声や、バタン!という大きな音が聞こえてきました。

ただ、中の様子はやはり想像するしかなく、すごすご自分の部屋に戻って、自力発電をすることになりました。