中学生の頃に、俺と俺の母、女友達(以下K)とその母で劇◯四季を見に行きました。

会場はほぼ満員でしたが、俺の左隣は空いていました。
席は左から俺、女友達、K、俺の母という順番で座っていました。
始まると、一瞬で暗くなり、隣の人の顔が見えるのがやっとでした。
はっきり言って、母に無理矢理つれてこさされたようなものだったので、すごく暇だった。

少し経つと、隣に暗いからよく判らなかったが20歳くらいの女の人が一人で来ました。
その人は、暗くてよくは見えないが美人でスタイルも良い人でした。

そこで、俺は少しぐらい触ってもいいよなと思い、まずスカートから触り始めました。
そして太ももを触り始めました。
しかし、女の人はなぜだか分かりませんが、こちらに見向きもしませんでした。

これはチャンスと思ったところで、劇の前半が終了。
最悪のタイミングだと思っていたら、隣に居たKが寝ていました。

母から「寝かせてあげなさい」と言われ、こっちもチャンスと思いました。

後半が始まると、まずKが寝ているかを確認するために太ももを触った。
しかし反応なし。
調子に乗った俺は、まずKから痴漢することにした。

スカートの中から手を滑り込ませると、何とも柔らかい感触が。
Kは何も反応しないのでパンツの中に手を突っ込むと、さわさわとしたマン毛の感触。
そして柔らかくて暖かい。
もっと触ろうとしたところでKの目が開いた。
俺はすぐに手を抜いて難を逃れた。

次は美人の人にターゲットを変えた。
こちらもK同様にスカートの中から滑り込ませると、パンツに到着。
パンツの中に入ろうとした時、美人の人がついにこちらを向いて来た。
しかし、もうやってしまっていて、後には引けずパンツの中に手を入れた。

すると、その人は濡れていて、マン毛も感触からして濃いように感じた。
さっそくクリトリスを探して弄り始めた。
するとその人は、我慢しているようだったが、小さい喘ぎ声が聞こえて来た。

俺はマンコの中に指を入れてピストンを始めた。

「あっ、あぁぁぁぁぁぁ」と少し声がし始めて、俺もスピードアップした。

そうすると、ドロっと液体が出て来た。

それから、もう二回逝ってしまったら劇が終わってしまった。
しかし、興奮した一日となった。