今から20年以上前の話。

オレが中学生の時、同級生でトモという女がいた。
色黒で背が小さく正直“カワイイ部類”の女子ではなかったが、明るい性格のため男子からはほどほど人気があった。
ある時、友達から「トモはお前のことを好きみたいだぞ」と聞かされた。

当時、結構女子から人気があったオレは何度か同級生から告白をされたことがあったが、特に決まった誰かと付き合ってはいなかった。
その話を聞いたときも『アイツから告白されれば友達に自慢が出来る』くらいにしか考えていなかった。

数日後、オレは近所の公園にトモを呼び出した。

「オレのことが好きだって聞いたんだけどホント?」と聞くとトモは恥ずかしそうに頷いた。

最初はなんとも思っていなかったが、トモがモジモジと恥ずかしそうにしている姿がなんとも可愛く見えて、思わずキスをしてしまった。

最初はお互いに唇をくっつけるだけのキスだったが、突然トモがオレの口の中に舌を入れてきた。
興奮したようにトモはオレの口の中を舐め回し唾液を“ヂュウヂュウ”と音を立てて吸っていた。

突然のことだったので驚いたが、オレもスゲー興奮してきてジャージの上からトモのオッパイを掴んだ。
(オレの地元では普段みな学校指定のジャージを着ていた)

するとトモは唇を離し、胸を隠すように抑えて「ココじゃ恥ずかしい・・・」と小さな声で言った。

オレは公園の奥にある身体障害者用のトイレの中にトモを連れて行った。
夕暮れの公園には人影もなかったが、トイレに着くまでオレはすごくドキドキしていた。
トモは黙ってオレについてきた。

トイレの中に入って電気を点け、トモを便座に座らせた。

オレは便座の後ろのパイプに座って、後ろからトモを抱き締めるような格好でオッパイを触った。
ジャージ越しに少し触った後、思い切ってシャツの下から手を中に入れた。
胸を触るとブラジャーの上からでも判るくらいトモの乳首はビンビンに勃っていた。

ブラの上から乳首をこね回すと、トモは「ウンッ、ウンッ・・・」と声を出して反応した。

オレはたまらなくなってジャージを捲り上げた。
トモは子供っぽい無地の白いブラジャーを着けていた。
両脇の辺りからブラの中に手を入れて直接オッパイを触ると手の平にポッチリとナマ乳首が当たった。

ブラの中で乳首を摘まむと「ウンッ、やだぁ・・・」とトモが甘えるような声を出した。

肩紐を外しブラジャーをずり下ろすと白いブラの中から色の濃い乳首がはみ出した。
急いで正面に回って覗き込んだ“初めての女のナマ乳首”は、エロ本やマンガに出てくるようなピンク色の小さなモノではなかった。
発育中の小さな胸の上に“ゴロン”という感じで不釣合いなくらいデカい乳首が乗っかっていた。

恥ずかしそうに胸を隠そうとするトモに「カワイイからもっと見せて」と言うと、少し躊躇った後、自分から胸をオレに差し出すように突き出して見せた。

調子に乗ったオレは、「トモが自分でオッパイを触っているところを見せて」と言った。

少し考えるような間の後、トモは自分の胸を触り始めた。
最初は恥ずかしそうに撫でているような触り方だったが、段々とエスカレートしていき、胸や乳首を指でこねたり引っ張ってみせるようになった。
胸に顔を近づけるとトモは恥ずかしそうに自分の乳首をオレの口元に近づけてきた。

オレは黙ってトモのデカ乳首をタップリと吸ってやった。
汗のしょっぱい味がした。

グミみたいな感触の大きさな乳首を舌で転がし、前歯でカリカリと噛んでやる。
横を見るとトモが自分の指で反対側の乳首をちぎれるくらいに引っ張っていた。
そちらの乳首を指ごと咥えてもトモはオレの口の中で激しく指を動かし、乳首を刺激することをやめなかった。

ガマン出来なくなった俺はジャージの下も脱がそうとしたが、「下はダメ」と言われてしまった。

「オッパイならいいの?」と聞くと小さく頷いたので、オレはパイズリにチャレンジしてみることにした。

ズボンからチンコを出すとすでに先走りでヌルヌルになっていた。
チンコを挟もうとしたがトモの小さな胸ではどんなに寄せても無理だった。
そこでオレはチンコを乳首に擦りつけてみることにした。

チンコを乳首に当てると「アッ、そんなのダメ・・・」とトモは嫌がったが、オレは構わず擦り続けた。
すぐに乳首は先走りでヌルヌルになり“ニチャニチャ”と音を立てた。

両方の乳首で交互にチンコをシゴいている間中、トモは自分の乳首に擦りつけられるチンコをジッと見ていた。
興奮していたオレはすぐにイッてしまい、トイレの床にザーメンをぶちまけた。
その後、服を着直したトモとキスをして別れた。

その後もオレとトモの公園での『秘密の関係』は続いた。
(月イチくらいのペースで)
キスが好きなトモは、毎回、口の周りがツバでベトベトになるくらいの激しいキスをしてきた。
アソコを触られるのが怖いらしくセックスはさせてもらえなかったが、『同級生のオッパイが弄くり放題』というだけでオレは十分満足だった。

暑くなって女子が薄着になると、トモのブラもシャツ越しに透けて見えた。
無地・チェック・ストライプ・水玉など、トモが着けてくるほとんどのブラには見覚えがあり先走りやザーメンを擦りつけたこともあった。

『あのブラの中身をオレは味わいつくしている』

そんな想像をすると授業中なのにチンコが痛いくらいに勃起した。

最終的にはキチンと付き合うこともなく、高校に入ると同時に会わなくなってしまった。
その後、一度だけ会う機会があったがそれきり現在に至る。

そんなトモが当時一度だけオレの家に遊びに来たことがある。
その日はオレの両親が留守でいない土曜日の放課後だった。
中間テストがあったので珍しく制服姿のトモはいつもより可愛く見えた。
(オレの学区ではイベント時にのみ制服を着た)

公衆トイレとは違い、周りを気にする必要がなかったのでいつもより時間をタップリかけて楽しんだ。
ジャージを捲るのではなく、制服のブラウスのボタンを外して見るトモの胸にすごく興奮した。
トモも興奮していたらしくキスの時間は長く、自分の胸を弄る手つきも乱暴で大胆だった。
オレも左右の乳首で一回ずつ、トモが胸を触っているのを見ながら自分で一回と、合計三回も射精した。

疲れたオレたちは知らないうちに眠ってしまった。
少ししてオレが目を覚ましても、トモはまだ眠ったままだった。

その時、初めてオレは明るい中でじっくりとトモの体を見ることができた。
色黒でほっそりした体からは、ほんのり汗と唾液の匂いがした。
ブラウスの前がはだけて捲れ上がったブラが見える。
白地にピンクのハート柄でタグには『A75』と書いてあった。

匂いを嗅ぐと汗と洗濯洗剤の混じった不思議な匂いがした。
下乳があたる部分が汗で少し黄ばんでいた。
可愛らしいブラを持ち上げるといつもとは少し違うトモの乳首があった。
グミのようにプリプリしたいつものデカ乳首ではなく、やや先端の方が少し細くなった縮こまったような乳首がそこにはあった。

カーテンをそっと開けて、部屋を明るくしてさらにトモの胸を観察した。
全体的には濃茶色の乳頭の先端だけが皮が擦りむけたようにキレイなピンク色をしていた。
そこにはシワのような穴があり、ココから母乳が出るのだと思った。
乳輪はいつもよりツヤツヤして大きく見えた。
今まで気にならなかった乳輪のポツポツがいやらしく見えた。

いつものボリュームのある大人のようなデカ乳首よりも歳相応の未熟な感じで、『たぶん、コレが普段のトモのオッパイなんだろう』と思った。

そっと乳輪に息を吹きかけ乳頭の先端のピンクの部分を爪で掻いてみた。
変化はすぐにあった。
息を吹きかけるたびに乳輪は小さく収縮し、オッパイ全体の中からそこだけポッコリ浮かび上がるようにシワが出来ていった。
乳頭部分は先端から段々とふくらみが大きくなり、乳首のつけ根の方がくびれて熱気球のような形になった。
よく見ると先っちょはやっぱり擦りむけたようなピンク色をしていたが、母乳の出るシワ穴はいつの間にか無くなっていた。

午後の日差しに照らされた同級生の裸の胸。
白いブラウスと可愛らしいブラジャー、プックリと膨らんだ乳輪の上に乗っかった大きな濃茶色の乳首の影が、褐色肌の小さな鳩胸の上にいやらしく影を作っていた。

薄く目を開けたトモはちょっと恥ずかしそうに人差し指で乳首を隠しながら「・・・エッチ」と言った。

オレは最初の時のように「トモが自分でオッパイを触っているところを見せて」と言った。

トモは何も言わずに乳首に乗せた指を動かし始める、ビー玉でも転がすようにクルクルと・・・。

あらから数十年・・・。
オレが開発しまくったトモの処女乳首は誰のモノになったのか。
学校でも比較的大人しい生徒だったトモが何故あんなことをさせてくれたのか。

鮮明な記憶以外、今では全てがわからない・・・。