僕の小学校は水泳の着替えが4年生まで教室で男女一緒でした。

今では考えられませんが、もうかなり前のおおらかな時代の事です。
とは言え、男子はともかく女子は4年生ともなると下はタオルなどで隠して着替えていました。
ある日、担任の当時50歳くらいの女の先生が、「女子もなるべく隠さずに着替えなさい」と言いました。

ほとんどの女子が、「えーーーー」って言って拒否していましたが、1人の、あるリーダー的な女子が、「私、全然恥ずかしいと思わん。みんな(あそこは)同じなんだし」と言って、全く隠さずに着替え始めました。

それを見て僕ら男子は、おおはしゃぎで「おーーーー」とか「すっげーーー」と言って、その女子の前に集まって騒いでいました。

そしたらある1人の男子が真っ赤な顔して、真剣な表情でその女子に・・・。

「オレ、女の兄弟(姉妹)いないから、初めて女のちんぼ見た。本当に割れてるんだぁ」

そう言ってまさにまじまじと、じーっと、その女子の割れ目を見つめていました。

それでも、その女子は別に動じたりせずに・・・。

「女のは、おまんじゅうって言うんだよ。見た事なかったの?女のは皆こうなってるんだよ」

そう言って堂々としていました。

僕には妹がいたので、女子のおしっこが出るところの形は知ってたけど、あの時担任の女の先生がクラスの女子に、「なるべく隠さずに着替えなさい」って指導したのは、姉妹とかいなくて、女子の大事な部分をまだ見た事のない男子への性教育だったんだろうか?