私はリビングを覗いた。
Yが妻を見下ろしながら、全裸になっていく。
その年齢にしては屈強な裸体が現れる。
浅黒く大きな男の裸体だった。
妻の拘束が解かれる。
そしてYの手は、未だ大きく息を吐き続ける、妻のファスナーに手を掛けた。
妻は動かない。
Yがワンピースを裾から捲り上げ、妻の頭部から引き抜く。
妻は少しだけ抗ったが、強引にその両手を上げさされたのだ。
下と揃いのラベンダー色のブラジャーを、妻は着けていた。

「ダンナは未だ帰ってこないよ」

未だソファーに上半身を埋めたままの妻に、Yは初めて声を掛けた。
妻の剥き出しの下半身が、異常に白く思えた。
妻が何かを言った。
私には聞こえなかった。

「ダメだ。もう一度だけ犯すよ、奥さん」

Yの声は、低く大きい。
妻を見下ろし、両手を腰に当てている。

「心配するな、亜希子。お互いに他言は無用だ。俺は約束する」

Yはこの時から、妻を呼び捨てにした。

妻は黙したままだった。
何を考え、思っていたのか。
Yは仁王立ちで喋り続けた。
妻を一目見た時から、こうしたかった事。
私がSM行為を妻に行っている事。
それを妻が受け入れているM女である事。
(これを言わなければ、次の寝室での行為は不可能になってしまいます。敢えて言わせました。)

「今から、寝室でお前がMか確認してやる、来い」

Yは妻を強引に引き立たせた。
妻は俯いたまま首を振っている。
その顎を掴み、Yは妻の顔を上げさせる。
妻が視線を外す。
それは私の方を見る結果となった。
私は跳ぶ様に身を隠した。
(この時はもう気付かれたと思いました)

暫くの間、二人の声が聞こえません。
もう駄目かと思った瞬間、再度の妻の喘ぎ声が洩れてきたのです。
覗いたその光景は、強烈に卑猥なものでした。

妻がリビングの中央で、立ったまま床に両手を付いていました。
いつの間にか全裸にされ、その裸の背中を私に向け、尻はYに向けられていました。
Yはその前に中腰になり、妻の尻を両手で掴みしめていたのです。

「ここだな。亜希子のオマンコは」

指を出し入れしている様でした。
逆様に垂れ下がった妻の束ねた髪が、箒の如く左右に揺れていました。

「俺のと、ダンナのチンポ・・・どっちが大きい」

妻はそれには答えず、首を振って嗚咽を洩らします。

「言ってみろ。俺だろ?亜希子」

言いながらYは、片手で妻の尻を打ち据えます。
湿った打音が響き、妻は悲鳴を放ちます。
数度程打ち据え、Yが再度妻に聞きます。

「言えよ。俺だな、そうだな、亜希子」

妻は嗚咽を洩らしながら、はい、そうですと細い声を洩らした。

「寝室で、俺に、どう犯されたい。白状しろ」

尻を打ちながら、Yは更に責め続けます。
妻は泣きながら白状させられました。

「猿轡を噛まされ、縛られてバックから犯されたい」と。

私は、妻に対して殺意にも似た嫉妬を感じていました。
そして、重大なミスを犯していた事にやがて気付くのです。

私は、その妻とYとの痴態を凝視し続けた。
その卑猥な姿勢を保てず、ともすれば床に崩れそうになる妻を、Yは中腰のままで何度も叱咤し、尻を打ち据えて立て直させる。
結果、妻は床に両手を付いたまま両足を大きく開き、背後にいるYに全てを曝け出す姿勢を取らざるを得なくなっていた。
それは丁度、跳び箱を真似る人の格好に似ている。
それを全裸で、夫の居ない自宅で、その友人に命令され、妻は従っている。

「もう一度聞く。俺とダンナ・・・チンポが長いのはどっちだ」

Yの執拗な言葉の責めが続いていた。
時折、尻を打ち据える打音がリビングに響く。
妻は啜り泣きながら喘いでいた。

極度の興奮状態に入ると、妻はよく声だけで泣き始める。
啜り泣いていても、涙を流す訳では無い。
身体が震え出し、声だけで泣くのだ。
一度聞いた事があったが、その時妻は軽くだがイキ続けているのだと、答えた。

尻を打つ打音、甲高い悲鳴。

「あなたの方です」と、泣き声がしている。
「あなたの方が、長くて大きいです」と妻は白状している。

「ダンナとどっちの方が感じるんだ」

尻を打つ。
打音。
悲鳴。

「あなた、で、す」

そう呻いて身を捩る妻。

「俺に、前からこうして欲しかったのか」

高い打音。
叫び声・・・。

私は、その痴態を裂けるほど眼を見開いて凝視していた。
そして私が何年も費やして、妻に植付けたSとMとの関係を、たった一度の陵辱で征服し、妻を屈服させたYに対して言い様の無い脅威を感じた。

『この二人は・・・前から関係が在ったのではないのか?』

そんな錯覚(であると思います)さえ、覚える程二人の行為は凄まじく、淫靡な行為に思えた。
妻は本当に此の侭、Yの性奴隷になってしまうのではないのか。

指と舌で散々に絶頂を与えられ、妻は床に突っ伏した。
Yは立ち上がる。
その股間に生える肉棒は、赤黒く膨張し節くれ立って反り返っていた。
そしてそれは恐ろしいほど長く見えた。
充血した眼で、うつ伏せて動かない妻を見下ろす。

十三畳強のリビングに設けた照明は、うつ伏せた妻の真白い裸体を照らしている。
束ねた髪が乱れ、その汗ばんだ項から背中へと纏わりついていた。
Yは立ったままで、妻を見下ろしている。
もう私の存在など眼中には無いのだろう。
再び怒張した男根は、もう妻を貫くべく天を衝いている。
その下腹部に付きそうな程、反り返って膨張していた。
私は何故かその男根から眼が離せずにいた。
あの肉棒を根元まで呑み込んで、音を発して揺れた妻の尻。
もう決して私では満足できないだろう。
そんな思いが脳裏を過った。

Yはうつ伏せて動かない妻の両足を、手を使わずその足で左右に割った。
V字に両腿が開かれる。
妻はそれでも動かない。
まるで全裸の死体の如く、されるがままであった。
盛り上がったその尻に、Yの右足が乗せられる。
その肉の感触を、Yの足は楽しむかの様にゆっくりと踏み、裏で撫でる。
そして尻を離れ、その右足はYに開かれている股間に潜った。
妻の床に投げ出した手が、微かに動く。
私はその時、あるミスを犯している事に漸く気付いた。

(寝室に仕掛けたビデオカメラ・・・その録画スイッチを押し忘れている・・・!)

寝室での陵辱が今回の最大の目的でした。

そのクローゼットの中には、それらSMの道具が全て揃っています。
寝室は十畳在り、ベッドもキングサイズでその気になれば、3Pさえも可能な大きさです(ただ私の嗜好ではありませんが)。
その寝室内のある場所にカメラを隠し、所謂ピンホールで全ての行為が盗撮できる様にしてあったのです。

私は自宅を出る際、余りにも動揺していた為に、その直前にスイッチを入れる(テープは最大でも2時間)事を忘れていたのでした。

この計画を考えたのは無論、私です。
ただそれは単に妻をYに犯させるのでは無く、その場を見てみたいという想いからです。
今更何をと、一笑に伏されそうですがこの条件は絶対でした。
さすがにリアルタイムでは見れませんが、後にはその全貌を幾度と無く見る事が出来ます。
それが不可能となった訳です。

今の状況なら、Yの妻に対する行為は相当なものになる事は確実でした。
それを私が見れないのなら、その陵辱の間、気が狂わんばかりの時を過ごす術など、この私が持っている筈もありません。

(どうすればいいのだ・・・とても堪えられそうにない)

苦渋の汗が、身体中から吹き上がったその瞬間・・・。
私は妻がゆっくりと身体を起こすのを見たのです。

「さあ・・・寝室を案内してもらおうか。亜希子」

妻はYには答えず、壁の方にその顔を向けました。
そして突然立ち上がったと思うと、床に散らばった下着と服を掴み、よろけながらリビングから出て行ったのです。
その乳房と尻を揺らしながら。
Yでさえ、声を掛ける隙がありませんでした。

私は一瞬の動揺の後、妻の行動の意味を察知しました。
妻は浴室に向かったのです。
壁には時計が掛けられています。
時刻はAM12:30・・・私が家を出て既に80分強が経過していました。
(計画は11:00スタートでした)

「ニ、三時間はかかる」

その私の言葉を思い出したのでしょう。

妻はある意味、未だ冷静さを欠いてはいませんでした。
私が若しニ時間程で帰宅するなら、それまでに妻は、その身体を清めておく必要がありました。
(きっと身体のみ、しかも湯だけで石鹸等は使用しないでしょうが。髪が濡れているのも不自然です。)
妻は今をそのギリギリと見たのでしょう。
あれだけYに対して狂わせられながら・・・。
私は女の凄さ、そして狡さを見せつけられた様な思いでした。

Yは私に背を向け、閉まったドアを見つめています。
浴室はその廊下の右奥。
そのドアが閉まった音が響きました。

「・・・おい、Y」

庭先から、私は未だ全裸のYに静かに声を掛けました。
それは自分でも驚く程、枯れた声でした。
Yが憮然とした態度で私に近づきます。
無言でいるYに、私は妻の行為の訳、そして寝室のカメラの事も全て伝えました。

「ここまでだ、今日は」

私は小声でそう言いました。

言い換えれば満足しているとも言えました。
Yは無言でテーブルに近づき、コップに残る生温いビールをあおります。
そして暫く経って私の方を向きました。

「俺は、もう一度亜希子を犯すぞ、犯す!」

私を睨むその眼は、血走っていました。
一瞬、殺気にも似た感情をその眼に見ました。

「何言ってるんだお前、もう今日は無理だ」
「いや、出来る。いい方法を考えた」

「深追いするな、危険だぞ!」

Yは私の意見など無視し、勝手にその方法を話しました。

「それで・・・妻が本気で抵抗したらどうするつもりだ」

妻はもう現実に帰っている筈でした。
今浴室で身体を洗っている間にも、その興奮はかなりの速度で冷えているに相違ないのです。

「絶対に大丈夫だ・・・今度はお前の目の前で、失神させてやる」

私はYをその対象に選んだ事を後悔せざるを得ませんでした。
この間僅か数分ですが、Yの妻に対する欲望と執着心は、強大なものへと変貌していました。

「見てろよ、お前は。あいつが尻からオマンコ突っ込まれてイキまくるのを、よ」

Yの股間から、狂気に膨れ上がっていく男根が揺れていました。
そしてYは、妻のいる浴槽へと侵入したのです。

どれほどの時間が過ぎたのでしょう。
私は言い様の無い焦りと、嫉妬、怒り、そして失敗への恐怖に戦いていました。
幾ら一度、妻を征服したとはいえ、今回だけは妻も本気で抗うだろう。
そう確信していました。

そして、リビングの扉の奥から聞き覚えのある、妻の悲鳴が聞こえてきたのです。
「アアッ」とも、「オオッ」とも取れる甲高いあの声。
それに重なる、肉のぶつかる打音。
それが近づき・・・。

リビングのドアが、音を立てて激しく開きました。
私はそれを見て思わず、うめいていました。
全裸の妻が床に手を付き、這っていました。
その尻は高く掲げさせられています。
Yがその背後に立ち、妻の腰を掴んでいます。
時折激しく腰を叩き付け、妻を叫ばせました。
先程リビングで取らされた格好のまま、妻は貫かれていました。
Yは妻を浴室もしくは廊下で、その格好をさせて貫き、このリビングまで妻を這わせて歩いて来させていたのでした。
妻が崩れそうになり、Yがその腰を引き上げます。

「まただ、バランスを保て」

掲げた尻に両手の平手が打たれます。

「歩けなかった罰だ、受け取れ」

妻の掲げた尻に数度、Yが激しく腰を打ち付けました。
尻から腿、そして微かに覗く垂れ下がった乳もが揺れ動きました。
妻は垂らせた首を激しく左右に振って、嗚咽を洩らします。

濡らさずにおこうとして結い上げた長い髪は、乱れて垂れ下がり、妻の細い項を逆様に露出させていたのでした。