小学校6年のとき、ママっこの僕はいつもママにくっついていた。
夏の子供会で海に行った時も、ママから離れなかったっけ。

ママは、僕の手を引きながら岩場のほうへ引張っていく。
赤いビキニなんか着ちゃって・・・お尻がプリプリしてるよ。
「ママ、もう疲れた。休もうよ」

僕は、そう言って、岩場に尻餅をついた。
夏の火照った岩に僕の股間は快感を覚えた・・・。

「何言ってるの、じゃあ、あの岩場のてっぺんまで上って休みましょう」

活発なママは、僕から離れてどんどん上っていく。

「かずくん、早く来なさい!」

僕はママに置いて行かれると思い、慌てて岩を上った。
岩にかじりつき必死に上ると、あちこちに擦り傷が出来た。
そして、ごつごつした岩で股間が、また刺激された。

やっとママに追いついた。
でも僕のおちんちんは、岩に刺激されビンビンになってしまった。

「ママ・・・変だよ。おちんちんが立っちゃったよ・・・」

僕は、恥ずかしさと欲情がごちゃごちゃになってママに抱きついていた。

「かずちゃん、落ち着いて!ママが傷口拭いてあげる」

ママと僕は岩陰に隠れた。
僕は、まだオナニーを知らなかったのでおさまりが着かない。
ママの真っ赤なプリプリしたお尻とおっぱいのおかげで、おちんちんは益々固くなっていた。

すると・・・。

「ママ、ティッシュ持ってないから、かずくんの傷をブラジャーで拭くわ」

ママは、人目がないことを確認すると、ブラのホックを外した。
僕の目の前で、ママのおっぱいがユラユラしている!

僕のおちんちんは、もう発射寸前。
我慢出来ずにこう言った。

「ねえママ。おちんちんも痛いよ。きっと傷になってるよ」
「じゃあ、海パン脱いで・・・」

僕のピンコ立ちを見て、気の毒に思ったのか?ママはそういった。

僕はパンツを脱いだ。
ママは僕の男性自身を見ると、ためいきのようなものをついた。

「大丈夫よ。おちんちん、傷になってないわ」

ママの白い指先が、僕のおちんちんを撫で回す。

「でも、ヒリヒリするんだ」

僕はママに、ずっとおちんちんを触ってもらいたくて、そう言った。

その瞬間だった。
僕のおちんちんはピュッピュと“あれ”を発射した。

僕は勢い、泣いてママのおっぱいにしゃぶりついた。
ママはおちんちんを握った手を止めようとはしなかった。

「かずくん、泣かなくていいのよ。男の人は誰でもこうなるのよ」

ママはパンティも脱いで、僕のザーメンを拭いた・・・。

ブラもパンティも外してしまったママは、そのままの姿で海に入った。

「ここ、潮だまりで温かいわ」などと言いながら、僕の体液で汚れた水着を洗いだした。

ママの全裸を眺めていたら、おちんちんは、またムクムクと大きくなった。

「ママ、僕も入るよ」
「かずくん、ちゃんとパンツ穿きなさい。ホラおちんちん大きくなってるわよ」

僕はセミのように、ママの体にしがみついた。

「かずくん、重いわ、だめよ、6年生になっても甘えてちゃ・・・かずはもう大人なんだから」
「でもママの指先が、あんなに柔らかいって初めて知ったんだもん。ママ、さっきのこと、もう一回してよ!」

「・・・わかったわよ、人が来ると困るからママ、水着着るからね!」

ママは真っ赤なビキニを身に着けた。
でもママ、水着姿のほうが僕、気持ちいいよ!

ママは、白い指先で、もう一度僕のおちんちんを撫で始めた。

「ママ、ママの指って温かくて、冷たくて、柔らかくて、ああ、ああ、・・・」

ピュッピュ!
僕は2度目を発射した。

僕の初射精をサポートしてくれたのは、真っ赤なビキニのママでした。