関西の小さな街に住んでいる41歳の主婦です。
稚拙な文書で申し訳ありませんが、私の人生を大きく変える出来事のことを読んで下さい。

昨年の夏、志望校に無事合格し初めて親元を離れての学生生活をしていた一人息子のたけしが、夏休みで自宅に戻ってきました。
それが、悪い夢のような事件のすべての始まりでした。
私は短大を出てすぐに、近くのまちの貿易関係の会社に祖父の紹介で入社。
従業員が300名ほどの会社で、同期入社の女子社員は8名。

その中でも飛びきり輝いていた(と言われてた)私は、総務部秘書課に配属され小うるさい2名の先輩に虐められながら、一生懸命に仕事を覚えていきました。

「頑張っているね!」と、当時企画部長だった主人に声を掛けられたのは、入社してまだわずか半年くらいの時。

最初は相手が御曹司だったこともあり、できるだけ個人的なお付き合いはしないでおこうと距離を置いていたのですが、断れない状況でお食事に誘われてから、親密なお付き合いが始まりました。
色んな噂を社内で立てられ、妬みみたいなこともたくさん言われて、結局1年半で退社することになりました。

一度は諦めた彼でしたが、海外の赴任先で私の退職を聞いた彼が、わずかな休暇を利用して日本に帰り、略奪するように現地まで連れていってくれて、初めて結ばれました。
亡くなられた彼のお父さんは、祖父と戦友だったこともあって、二人の結婚話はとんとん拍子に進み、程なく一人息子のたけしも誕生して、何の不自由もない生活を送らせてもらっていました。

「お母さん、明日友達とマージャンするから、食べ物の用意をしておいてね」

主人が5日間のシンガポールへの海外出張の初日、たけしは私に告げました。

「へぇ~、マージャンなんて覚えたのね」と言うと、「高校3年からだよ。でも受験生だから家でやれないだろ」って・・・。

志望校に通って東京で一人暮らしをしてきたたけしは、なんだかちょっと立派に見えました。

翌日の午後、茶髪にイヤリングをした一見ガラの悪そうな若者達が3人やってきて、挨拶もしないで2階のリビングに息子と一緒に上がっていきました。

「あんな子たちと付き合っていたのかしら」といぶかりながらも、インターホンで言われるままに、作っておいたお摘みやビール、ウィスキーなどを運びました。

3時過ぎ頃になって、汚れ物を片付けようとリビングにあがったときは、お皿をトレーに重ねる私の後ろ姿を見てひとりの子が、「おばさん、色っぽいお尻してるじゃんか」とか言い始め、3人で卑猥な言葉を背中に浴びせかけてきました。

たけしはそれを聞いてか聞かずか、困っている私に知らないふりをしていました。

「この子たち、どこでこんなことを覚えてきたのかしら・・」

ほとんど社会人としての生活もせず、若く結婚して絵に描いたような幸せに慣れている私には、聞いたことのないような言葉にドキドキするばかりでした。

(いつ帰るのかしら・・)

4人分の夕食を作りながら、台所で立ち仕事をしているとひとりが玄関から出ていって、ほどなくふくらんだナップサックを持って戻ってきました。
別に何かとも意識はしていなかったのですが、あの中に・・・あれが入っていたのです。

午後7時過ぎに夕食を出して、しばらくしても帰る気配がありません。
時間だけが過ぎてゆき、時々響く彼らの喚声だけが、とても奇異に感じました。
我が家は住宅街の中にあっても、庭でご近所とは隔てられており、少々の物音は聞こえません。
また前の道は車通りも多く、隣家の声もかき消されてしまいます。

10時過ぎになって、「早く帰ってくれればいいのに」と思いながら、水割りの氷と水を求められて、リビングに持ってあがりました。

決して誘惑的な服装をしていたわけではありません。
白いブラウスにグレー膝丈のタイトスカート。
ブラウスから薄いピンク色のブラがちょっと透けて見えたかもしれませんが、ごく普通の夏の服装でした。

スタイルだけは若い頃からほとんどサイズの変化はなく、160センチ、48キロ、B84-W58-H86というのは、時々姿見に映してみても「まんざらではないわ」とは思ってはいました。

リビングに入ると、一番大きな子がドアの前に立っていました。

ちょっとびっくりしましたが「おトイレかしら」と思い、身体を脇に寄せようとすると突然お腹に激しい鈍痛を感じました。

みぞおち辺りを殴られたようで、私はその場で気を失いました。

気がついたとき、私は寝室のベッドに仰向けにされ両手両足を四隅に縛られて、身動きできないようになっていました。
少しずつはっきりとしてくる意識の下で、周囲に息子の姿を探しましたが寝室には一番身体の大きなA、細身でひ弱そうなB、小太りのCの3人しか居ないようでした。

Bはベッドの足下でビデオ撮影の用意をしているようで、三脚を立てていました。

Cはナップサックの中から、バイブレータやピンクロータ(こんな名前も知りませんでした)ほかにも色々な道具を取り出していました。

私を殴って気絶させたAは、上半身裸でベッドの脇から私を見下ろしてウイスキーをラッパ飲みしていました。

「おばさん、気がついたんか」

Aがまるで品定めをするように、いやらしい目で足先から頭までをじっとり舐め回すように見て言いました。

「おばさんは可哀想やな。これだけいい身体してるんやからな。ほんまそそるやないか、雄を求めるフェロモンがプンプン香ってくるで。奥さん、いつもこうやってレイプされるのを夢見とったんやろ。今夜はわしらが、ボロボロになるまで可愛がったるわ。夜が明ける頃には一匹の雌奴隷に仕立て上げてたるから楽しみにしときな」

Aはそう言って、自分のスボンを下着と一緒に下ろしました。

私はびっくりしました・・・。
Aの股間は“こんなに大きなものがあるの?!”と信じられないくらい立派だったのです。

私はこの世に生を受けてから、男性として知っているのは主人ひとりだけでした。
Aのそれは主人のものを二回り以上太く、こぶし半分長くそして反り返っていました。

股間から目を背けながら助けを呼ぼうとしましたが、ゴルフボールくらいのプラスチックの玉に穴の空いた猿轡をされていて、どうしても声にはなりません。

「うぐっ、あぐぅ・・」

(許して、助けて)と叫びながら、一緒に居たはずの息子の名前を連呼しました。

救って欲しい、どうして私がこんな目に・・・。
これから何をされるのか、恐怖で死ぬほどの思いでした。

Aは私の左右の頬を、鈍く光るサバイバルナイフで何度か張っておいて、ブラウスのボタンを一個一個、時間をかけて切り取って行きました。

ひとつ外すごとに「奥さんのおまんこはもうぐちょぐちょやろ」とか「オレの子を孕ましたるからな」とか、3人で色んな言葉を浴びせかけてきました。

私はただただ、迫り来る恐怖で瞼をしっかり閉じて目を瞑り、首を左右に振りながらイヤイヤをして、声にならない声で「助けて!」と呟くだけ。
3人のなすがままにされていました。

Bが縛られて自由の利かない足の親指を強く噛み、ストッキングの上から足先を舐め回します。

それはだんだんとくるぶし、ふくらはぎから太股に・・・。
そして長くはないタイトスカートの裾をまくり上げるとストッキングを破り、パンティの上から私のあそこに舌を這わしました。

舌と指とローターを使って、Bは必死に耐える私を責め続けました。
Aにとっては、サイドホックのタイトスカートなんて布切れも同然です。
ナイフで一気に切り裂かれると、もう私の抵抗力も徐々に萎えていきました。

ブラのトップを何度もAにナイフでつつかれながら、胸間でブラが切られ私の乳房が露わになります。

ビデオを取りながら股間に手をやっていたCが、左側から乱暴に乳房にしゃぶりついて来ました。
右側はAの大きな手で、揉み上げられています。

実は私乳房に性感帯があって、乳房を揉まれたり乳首を弄られたりすると“ジィ~ン”と感じてしまうのです。
この時も、“犯されている”という嫌悪感とは別に、身体は自然と6本の手と2本の舌で抗う力を失っていきました。

Aがずっとパンティの上から触ったり舐めたりしているCを私から離して、「奥さん、ほな生まれたままの姿になってもらおか」と、パンティの脇からサバイバルナイフを入れました。

私は最後の力を振り絞って腰を動かし抵抗しましたが、それはムダというより逆に彼らの欲情をそそってしまったのかも知れません。

ピンクのレース入りのパンティが布切れとなったとき、もう心の中では“観念するしかない”と諦めました。

両足を縛っていた縄がほどかれ、最初にAが覆い被さってきました。
Bがねっとりとパンティの上から長い間愛撫をしていたので、私のアソコは十分過ぎるほどに濡れていました。

「奥さん、繋がるで」と言うと、両手で膝を持ち足を開かせて、一気にあの大きなものを私に突き立てました。

「あうぐぅ(あぁあ~!!)」

その瞬間、頭の中に電気が走ったみたいになって、子宮にまで届きそうな一物に貫かれ、私は思わず大きな声を出してしまいました。

BとCは、腰を使って私を責めているAを眺めながら、両腕を拘束していた縄を解き、猿轡を外しました。
もう私には抗う体力も気力も残ってはいません。
ただAの腰の動きに合わせて“はぁはぁ”と喘ぐだけ・・。

そんな私にAは、「奥さん、気持ちええやろ。オレのチンポは一級品やからな。オレのチンポがあんたがだんだん雌になっていきようって言うとるで」と、強くそして弱くと責め立てます。

恥ずかしいことですが、こんな感じは初めてでした。

「奥さん、もうこれでオレの雌奴隷やな」と言うAの声を遠くで聞きながら、「ごめんなさい、あなた。ちえは堕ちてゆくのね」と快感で意識朦朧となりながらも思いました。

Aは絶倫でした。
私は何度昇り詰めたことでしょう。

「奥さん、オレの奴隷になることを誓えよ!」と膝の上に私を抱えるようにして貫くAに「・・はい、ちえはAさんの・・雌奴隷です」と服従の言葉を言う姿が、Bが撮影したビデオにしっかりと録画されていました。

Bと撮影を交代したCは、居間クローゼットから私の下着を取り出してきて身に着け、「奥さん、奥さん」と叫びながら、私の口元に股間をすりよせます。

“むっ”とする臭いを嫌がることもかなわず、無理やり勃起したものをねじ込まれました。

ビデオカメラを持ったBがベッドの上にあがると、Aは私を腹這いにしました。
体位がかわり、バックスタイルにされてまた迫り来る快感にいってしまいました。

「オレをチンポを咥えてるちえのスケベなオマンコをみんなに見てもらおか。歳のわりには使い込んでへんな。きれいなビラビラをハメ撮りしようで」とAが言うと、Bはお尻から、そしてはらばいになったお腹にもぐって、ビデオカメラを回しました。

ほどなく、口で奉仕をさせられていたCが射精しました。

「こぼしちゃダメよ」と女言葉で言われて、苦くて生臭い液体を、嗚咽しながら飲み込みました。

「さすが人妻は女子高生とは違うわね」とCは満足そうにベッドを降り、すぐにローターで私のおっぱいにいたずらをしてきました。

実はこのあたりのところはほとんど覚えていません。
そう、Bの撮ったビデオを後で無理やり見せられて、半狂乱の性の虜となっているおぞましい自分を初めて知ったのです。

このあとAはもう一度私を膝に置いて、やっと雄叫びをあげました。
まるで悪魔の叫びのように、大きくて太い声でした。

同時に膣のいちばん奥におびただしい量のAの精子を受けた私も、何度目かの絶頂に至りました。
あまりの強烈な刺激に、私はもうボロボロでした。

ベッドの上にひとりで放り投げられたとき、「これで終わるんだわ」と、ほっとした安堵感と、主人への背徳の思いが交差していました。

しかしそれは、終わりではなく地獄の始まりだったのです。

BとCは、私をリビングに連れていき、立ったままで後ろ手に縛りました。
そして天井にある梁にロープを渡して、その下に食卓用の椅子を置き、後ろ手に縛られた私を座らせました。

されるがまま、抵抗する気力ももう失せていました。
椅子に座らされて、息子が使っていた野球のバットを両足の下に入れ、足をいっぱいに開いた状態で両膝をバットに縛りつけられました。

上半身も椅子の背もたれに固定されて、天井から下ろされたロープを膝を縛ったバットにくくり、Bが椅子を両手でしっかり持って、Cがロープの反対側を息をあわせて少しずつ引き下ろしました。

私の両足がちょっとずつ上がり、それにつれて腰の位置は前にずれようとします。
上半身を固定されているので腰は前に出るのではなく、お尻がだんだんと上がってきました。

最後に両足が目線以上に上がったところで止められ、ちょうど前から見るとおむつを換える時の赤ん坊の格好で、陰部だけでなくお尻まで丸見えの姿になってしまいました。

BとCが役割を代わって、Cはビデオ撮影に戻り、Bが今度は色んな道具を持ち出してきました。
真っ黒の大きなバイブレーター、ピンク色の小さなバイブレーター、パチンコ玉より少し大きな白い玉が繋がったもの・・・。

Bは嬉しそうにそれをひとつずつ私の前に並べて、「これはなになに」と説明を始めるのです。

「前に使ったのは隣町の高校生で、こいつで4回もいった」とか「これは◯◯さんの奥さんが狂ってる」とか・・・。

「Bは典型的なSなんや。女を虐めるだけで絶頂に達するやで。こいつ究極のサドやねん。ちょっと趣味が偏ってんねやけどな」

ビデオテープを換えながらCが言います。
Bの並べた道具は、そのほとんどがお尻を責めるためのものでした。
もちろんこの歳になるまで、アナルセックスの経験なんてありません。

これから何が始まるというのか、怖くて怖くて仕方がありませんでした。

Bは丁寧に一度外した猿轡を私にさせました。

「もう逆らわないから・・」と頼んでも聞いてはもらえません。

「ええぞ!」という合図をBがすると、背後のパーテーションが開き、ドサッと大きなものが倒れる音がしました。

「ご対面やな」

背後からAの声がして、Bによって私を乗せた椅子がゆっくりと回されると、そこには殴られて顔に痣を作り、猿轡をされた上に素っ裸で縛られている一人息子のたけしが弱々しく横たわっていたのです。