私はかなりの田舎に住んでいて、今年で30歳になるんですが実家住みです。
家を出たらいいだけなんだけど色々と事情があって・・・。
なので、通販で家族に見られたくない物を買ったときは、もっぱらコンビニでの受け取りにしているんです。

その日は残業があって、やっと終わったと思ってメールを確認したら、コンビニに荷物が到着していました。
メイクももうヨレヨレだったけど取りに行くことに。
最寄りのコンビニは、家から車で10分くらいかかります。
そこに着くと、深夜ということもあって駐車場はガラガラ。
荷物を受け取って車に乗り込み、領収書やら箱やらをコンビニのごみ箱に捨てて・・・。
そのまますぐ帰れば良かったのに、その日はなぜか、すぐに使ってみたくなっちゃったんです。
通販で買ったのは、はい、アダルトグッズです。

『オルガスター』と呼ばれるものでした。

小さめなサイズのもので、するんと入るくせに、手を離しても抜けないスグレモノ。
挿入したまま、手は他のところを弄れるわけです。
愛用していたものがダメになってしまったので新調したのですが、もうなんだかテンションが上がってしまって、駐車場の一番端に移動して使ってみることにしました。
田舎のコンビニですから駐車場が結構広いんです。

車のシートを少し倒して、ストッキングとショーツを膝まで下ろして、おもちゃを取り出します。
車の中なので、あいにくローションはありません。
ちょっとゴムっぽい匂いがしたけれど、我慢できないほどではなかったので、舐めてたっぷり濡らしました。
そしてあそこにあてがって、ぐぐぐ・・・と抵抗を感じつつも押し込むと、ズルン!と一気に全部入ってしまいました。
コンビニで受け取りのサインをしているときからずっと期待して濡れてしまっていたのかもしれません。

ずっぽり挿入したところで電源をON。
さっき買ったばかりの新しい電池ですからパワーも十分です。
一番気持ちいいところに柔らかくて丸いヘッドが当たって、強い振動がどうしようもなく心地よくて・・・。
指を舐めて濡らして片手でクリトリスを弄り、もう片方の手で服の上からブラ越しに胸を乱暴に揉みます。
私は目を瞑って、複数人にレイプされている妄想をしていたのですが、なんだか刺激が足りなくなってきました。
そこでスマートフォンをかばんから取り出してバイブ機能をON。
防水なので、容赦なくクリトリスにグリグリと押し付けます。
痛みを感じるくらいの強烈な刺激で、思わず大きな声が出てしまいそうになりました。

(変な声を出して、店員さんが出てきたらまずい・・・)

そう思ってカバンからハンカチを取り出して自分の口に詰めました。
息が荒くなってきて鼻で呼吸するしかなくて・・・苦しいのに、すごく気持ちいいんです。
シートにおもちゃを押し付けるように腰を揺り動かして、おもちゃで奥を突きながらのクリトリスをブルブル。
すぐに目の前が真っ白になっちゃって、私は大きく震えながら達してしまいました。
しかも潮を吹いてしまって、お尻の下はひんやり。

(シートを掃除しなきゃ・・・)

そんなことを思いながら、ついウトウトしてしまって・・・。

がちゃっていう音と冷気で目が覚めたんですが、目の前には知らない男の人が立っていました。
でも狭い軽自動車ですから、大人が2人も運転席に入ることはできません。
男の人は私の口を大きな手で塞ぎました。

「声を出したらコンビニの兄ちゃんが来るぞ。こんな格好、見られてもいいのか?」

目線を下げてみると、下着を膝まで下ろしてスカートを捲り上げ、秘部にはおもちゃがずっぽりと刺さった状態でした。
確かに、これは人様には見られたくはない・・・でも乱暴されそうなのも怖い・・・。
本当に恐いときって、人間は硬直するものなんですね。
私、動けなくって・・・。

「ひどいことはしないからさ。それで自分でやってるとこ見せてよ」

トラックの運転手らしき男の人は、私にそう言いました。
それで解放してもらえるならと、私は必死で手を動かしはじめました。
さっきまでたっぷり気持ちよくなっていたこともあり、あそこは濡れまくっていたのでスムーズに動かすことができました。
奥までぐっと押し込むと、手を離しても抜けない構造のおもちゃなので、さっきと同じようにクリトリスも弄りました。
一旦はじめてしまうと、もう誰かに見られているのなんてどうでもよくなるくらいの気持ちよさ・・・。
男の人の手はもう私の口を塞いでいませんでしたから、「あっ・・・あぁぁ・・・」と喘ぎ声が漏れました。
自分で自分の声に我に返り、恥ずかしくなったのも束の間。
伏し目がちに下げた目線の先に男の人のアレが見えました。
暗がりでもわかる見事なサイズに、思わずゴクリと喉が鳴りました。

(ここまで恥ずかしい思いをしているのだから、いっそのこと・・・)

そう思った私は男の人にお願いしてみました。

「あの・・・匂いを嗅がせてもらえませんか?」

恥ずかしい話ですが、男性のあそこの匂いが好きなんです。
それもシャワー後とかではなく、1日中しっかり蒸れて濃厚になった匂いが・・・。

「え?あ、まぁ・・・いいけど・・・ほら」

男性が一歩こちらに踏み出すと、あそこが私の目の前に。
すぅぅぅと鼻から匂いを吸い込むと、頭がクラクラするくらいの濃厚な匂い。
膣が自然と収縮しておもちゃを締め付け、さらに気持ちがいいところへ当たるのを感じます。
我慢ができなくなって、つい舌先を伸ばして男の人の裏筋を、つつつと舐め上げてしまいました。
男の人は何も言わず、私の髪に指を絡めて引き寄せるようにしました。
OKということだろうと思った私はそのまま口いっぱいに頬張って、男性器独特の濃い匂いを吸い込みながらオナニーをしました。
すると男の人が手を伸ばしてきて、あそこにずっぽり突き刺さったおもちゃをグイグイと動かしてきて・・・。

「んぐっ、うぅうううんっ!!」

うめき声をあげて私は達してしまいました。
しかも潮まで吹いて・・・。
男の人に口の中いっぱいに射精されたのですが、喉の奥に直撃したので咽てしまって服がぐちゃぐちゃ・・・。
そしたら男の人がコンビニでウェットティッシュを買ってきてくれました。

「あ、ありがとうございます」

お礼を言って受け取り、シートや服を拭いている間に、男の人はトラックに乗り込み、エンジンをかけて走り去ってしまいました。
かなり遠い地域のナンバーだったので、きっと長距離ドライバーなんでしょう。
もう会うことはないと思いますが、あの蒸れた匂いを思い出しては、今もオナニーのおかずにしています。