22歳の頃、私は彼氏とセックスレスで欲求不満でした。
そんな時、バイト先の友人たちと遊ぶことが増え、中でもN君とは話もノリも合い、お互いに好感触でした。

あるとき、2人で飲みに行ったあと、彼の家に行きました。
N君はマンションにご両親と一緒に暮らしていて、もう深夜でしたので、玄関からすぐの彼の部屋にこっそりとお邪魔しました。
ひとしきり飲んでしゃべって楽しんだあと、電気を消し、布団を1組敷いて彼が先に寝て、隣に私が寝られるように場所を空けてくれました。
私はエッチな気分ではなく、修学旅行のようなワクワクした不思議な感覚でした。
何よりもすごく眠たくて、一瞬夢を見かけました。

すると突然、N君が、「寝れるかよっ!」と言って私に覆い被さってきました。
でもすぐに密着はせず、彼は腕を突っ張ったまま興奮した顔で私を見つめています。

「いい・・・?」

私はもう流れに身を任せることにしました。

「(コクリ)」

私が頷くと、彼は本当にゆっくりと唇を重ねてきました。
でも一度静かにキスをすると、そのあとは堰を切ったように激しいディープキスが始まりました。

チュッ・・・チュッ・・・チュッバ・・・チュパッ・・・。

「ん・・・ふっ・・・んふっ・・・」

柔らかくて気持ちのいい唇です。
強く胸を揉まれました。

「んっ!・・・あっ・・・んっ・・・」

廊下を挟んだ別室には彼のご両親が寝ています。
声を出さないように左手の甲を口に当て必死に我慢しました。
彼の手が私のあそこを揉みはじめ、濡れているのを確認すると嬉しそうに見つめられ、恥ずかしくて視線を逸しました。
興奮している彼は力のこもった手であそこを擦ったり揉んだりしてきます。
私も興奮しているので、どんどん濡れてしまいます。

「んやっ・・・ああんっ・・・や・・・んっ・・・あんっ・・・」

小さい声ですが、喘ぎを我慢することはできませんでした。
そして、ついに彼と私はひとつになりました。
興奮で、とにかく腰を振って激しく突いてくる彼。

「あっあっあっあっんっんっんっん、ん、ん」

すごく魅力的でした。

彼とはその後も何度も会い、その都度エッチをしました。
初めのうちは、『つい最近までただの友達だった』という興奮もあり、力の入ったエッチをしていましたが、数回目からは優しく繊細なエッチをしてくれるようになり、私は彼の手や舌、ペニスで何度もイキました。

そんな関係が1年と少し続き、お互いの諸事情により、関係を断つことになりました。
最後のエッチは泣きながら、でも心から愛おしく思いながら、お互いにイキました。
彼とはエッチ以外にも、一緒にドライブをしたり、飲んだり語ったり、本当に楽しい充実した日々を過ごせました。
彼には感謝しかありません、ありがとう。