妻は当時23歳、俺と友人は共に27歳だった。
3人共、ある会社の資材部に勤めていたんだが、妻の真紀子と俺は男女の関係を密かに続けていた。
友人が真紀子に思いを寄せていることは以前から知っていたが、真紀子には内緒にしていた。
もちろん俺自身も、友人が真紀子に寄せる思いなどは知らない素振りを貫いていた。

友人に他支店への転勤話が浮上してきた頃、俺はちょっとした悪戯心から、真紀子とセックスしたという話を友人にしてみた。
なんとも表現しかねる表情を浮かべつつも、平静さを保とうとしているのが手に取るようにわかった。
セックス時の真紀子の表情や身体つきや性器の色形、性感帯などもつぶさに教えてやった。

「お前にだから言うけど・・・」

これが真紀子との艶話をする際のはじまりの言葉になった。
友人は真紀子になど興味もないというような素振りを見せつつも、やはりセックスの話になると身を乗り出してくるのがわかる。
ひとしきり話した後はまた仕事に戻るのだが、そのときの恨めしそうな表情が妙に優越感を刺激した。

(お前の好きな女は、俺が望めばいつでも好きにできるんだぞ!)

屈折した優越感だ。
真紀子とセックスしているときも友人の顔が目に浮かび、屈折した優越感に包まれて笑みさえ浮かんでしまう。

(今頃はアイツ、オナニーでもしているんだろうな)

そう思った瞬間、友人をへこます妙案を思いついた。
翌週の休日、転勤が本決まりとなった友人を自宅マンションに呼び、ささやかなお別れパーティを俺と友人の2人きりでやった。
酒が入るにつれて、やはり真紀子の話になる。

「このベッドで、もう何回もやりまくったよ」

「風呂場でもフェラさせたよ」

など、およそ素面では話せないようなことも聞かせてやった。
友人の卑屈そうな笑みが、俺のS心を刺激する。

「お前、俺の話で勃っちまったろ?」

俺がそう言うと友人は屈託なく頷いた。

「じゃあ餞別として、お前にいいものをやるよ」

俺はそう言いながら寝室に友人を連れて行った。
プラスチックの衣装ケースには、真紀子が俺の家に来た際の着替えが入っているが、その上段の引き出しを開けて真紀子の下着を披露した。

「ブラ、パンティ、パンスト、好きなのを1つずつ持ってけよ」

友人は必死の表情で下着のチョイスを始めた。
下半身はジーンズ越しにもわかるくらいに盛り上がっている。
5分もかかっただろうか、友人は水色のブラとパンティ、ベージュのパンストを選んだ。

「興味がない女ので悪いけど、俺からの餞別だ。思う存分に使ってくれ」

友人はそれを袋の中に入れ、大事そうに抱えて帰った。

その後、俺は真紀子を呼び出してセックスをした。
友人が今頃、真紀子のブラやパンティ、パンストでオナニーしているであろうことは十分に想像できた。
それを妄想しながら下着の持ち主とセックスすることに最高の興奮を覚えた。

真紀子と俺は程なく結婚することになった。
もちろん式には友人も呼んだ。
今でも友人は妻でオナニーしていると聞く。