性生活は倒錯の度合いを強めていったが、日常生活はそれまでと変わらなかった。
前にも述べたように、久美の淑女の面は何ら変化しなかった。
人前では決してベタベタせず、かといって素っ気なくもない。
ごく自然な態度で接してくれる。
人から見れば私達は、世間のどこにでもいる普通に仲のいい夫婦にしか見えないだろう。
特殊な性癖に囚われ、異常なプレイに嵌まっている夫婦だとは夢想だにしていないはずだ。
そのギャップを夫婦して楽しんでいる。
久美は特にそうだ。
娼婦の顔がどんどん淫乱になり、私へのいたぶり方が堂に入ってくる一方で、淑女の顔はますます清楚に、良妻の雰囲気をより漂わせるようになっていった。
2人きりで過ごす時は両方の面が絶妙にブレンドされる。
セクシーさを強調しつつ装いは決して崩さない。
パンチラなどは滅多に拝めない。
赤の他人に対する時と同じようにスカートの裾さばきには常に気を配っている。
いい意味での他人行儀さに私は悩殺される。
久美を痴漢のような目で舐め回すし、パンチラを覗こうともする。
自分の女房を視姦したり、必死にパンチラを見ようとする亭主などいようか?
冷静に考えれば馬鹿馬鹿しい限りだが、久美の手練手管に翻弄されている私に理性など働きようもない。

ある日、昼間からパンチラオナニーをねだった。
当然、久美は嫌がった。
懇願の末、『ただ立っている姿を下から見上げるだけ』という条件でOKしてくれた。
急いで足下へ潜り込むと、スカートの奥には乱れても汚れてもいない清潔なショーツ。
これもまたいい。
みっともないのを承知の上でオナニーを始めた。
久美は約束通りただ立ったままで、言葉責めももちろんなかった。
興奮を高める材料は、目の前の普通のパンチラと、私自身の妄想だけだった。
ひっそりと久美の股間を覆っている白いショーツ。
この奥にある秘裂も、興奮時とは対照的な姿でぴったりと閉じ合わさっているに違いない。
静と動、秘肉が見せる2面性と久美自身の2面性が、妄想の中で重なり合った。
清楚で大人しい久美が別人のように淫乱になり、積極的に快楽を貪り喘ぐ。
秘肉も別物のようにぱっくりと開ききり、次から次へと淫液を吐き出しながら剛直した肉棒を根本まで飲み込む。
貪欲な性的好奇心を秘めながら、素知らぬ顔で佇んでいる今の久美。
果てしない淫乱さを持ちながら、静かにショーツの奥に収まっている今の秘肉。
両方の姿を知ってるだけに、より興奮は高まる。

股布には割れ目に沿った形で縦筋が寄り、前の方には陰毛の翳が微かに浮かんでいる。
普段着のショーツなのでスケスケではないが、その普通さがかえってたまらない。
ショーツの膨らみや皺、縫い目や縁の飾り、そんななんでもないもの全てが興奮材料になる。
私は久美の乱れる姿や濡れそぼって変色したショーツを思い浮かべながら、ただただパンチラを凝視し、肉棒をしごいた。
しごきながら情けない声で喘いだ。
パンチラオナニーに耽っている惨めな姿を、冷静な心理状態の久美に見てもらいたかった。
久美の秘部を触ることも挿れることも、見ることさえ禁じられている惨めさまでもが、興奮材料になって襲いかかってきた。

(久美のアソコに挿れたい、徹底的に拒否されたい)

両方の意識が急速に高まり、激しく葛藤した。
惨めな姿を晒すだけでは飽き足らず、情けない願望も聞いて欲しくなった。
平常心の久美がどう受け取るか冷静に考える余裕もなく、気が付けば情けない言葉が口をついて出ていた。

「久美のアソコに挿れたい!ショーツの奥のアソコに挿れたくてたまらないよぉ!せめて直接見せてくれっ、久美!」

そう言いながら自分の言葉で興奮した。
平静な久美と、快感に悶える自分とのギャップにも酔った。
いつものように、あっという間に射精感に襲われた。
喉の奥から呻き声をあげ、大量の白濁液を自分の腹の上にぶちまけた。
手渡してくれたティッシュで拭き取りながらスカートの下から顔を出し、久美と顔を合わせた。
侮蔑の色は浮かんでなかった。
ホッとした私は、またこういう形でオナニーしてもいいかと尋ねた。

「うん、たまにはね・・・」

苦笑を含んだ表情で承諾してくれた。
やや呆れ顔ではあったが、夫が自分のパンチラでオナニーするというシチュエーションは満更でもないようだ。
不倫直後の汚れた下着を晒すわけではなく、股間を夫の顔に擦り付けてあられもない姿を晒すわけでもない。
ただ立っているだけで、しかも普段の清潔な下着を見せるだけだ。
恥ずかしいとはいえ、居た堪れないというほどではなかろう。
それで自身の魅力が再確認できるならお安い御用ということのようだ。

女性が自身の魅力をはっきり確認できる、このことは非常に重要だと思う。
自分の魅力を充分に認識できてこそ女性は自信を持て、より魅力的に輝ける。
その点に関して、私の周囲には反面教師としか言いようがない例が溢れている。
例えば、酒席などで砕けた雰囲気になり、夫婦の話題になった時に決まって出てくるのが「倦怠期」だとか「あっちの方はご無沙汰」という類のフレーズ。
照れ隠しもあろうし鵜呑みには出来ないが、話半分にしてもそういう状況はマズい。
自分の妻を女として見ていない証だからだ。
夫から女として見られなくなれば精神的な張り合いがなくなるし、セックスレスだとホルモンが不活性化して色気や若さが失われてしまう。
奥さんが身心ともに老け込む要因になりかねない。

その点、久美は正反対だ。
不倫相手から身心ともにたっぷり愛されてる上、変則的な夫婦生活を通して、夫からの精神的な愛情も充分に確認できる。
この上なく充実したセックスライフを送っている。
色っぽい、若々しいという私の印象も、あながち身贔屓ではないと思う。
もっとも私達のように異常な夫婦関係はとても推奨できるものではないし、単なる不倫であっても重大なトラブルの元だから避けた方が無難だろう。
安定した関係と、めくるめく官能は相反する。
両立しにくいものだとつくづく痛感させられる。

話が逸れたが、この日以後、久美はパンチラオナニーに進んで応じてくれるようになった。
いつでもパンチラが見られるようになったという意味ではない。
いつでも見せたら値打ちがなくなると考えているのか、日常生活の中では変わらずしっかりガードしている。
私がオナニーしたいと懇願した時のみ見せてくれる。
そして久美のパンチラを見る時は必ず、オナニーして射精することを義務付けられたのだ。

私の射精回数が増えれば、それだけ久美に手を出す可能性は減る。
不倫相手の意向が少なからず働いてるなと直感した。
射精回数の増加は久美にとってもメリットがある。
浮気の防止だ。
私は久美から、「浮気は絶対にして欲しくない」と告げられている。
自分が浮気し放題なのに何を勝手なとの思いは確かにあるが、女性との性的接触は一生放棄すると約束した以上、致し方ない。
久美は不倫に溺れ、自分はオナニーだけで性欲処理をするという関係を望んでいたのだから当然の要望であり、そう言われることが歓びですらある。
精液が溜まったとて私が浮気に走ったりしないことは、久美自身が一番よく分かっている。
それでも射精に拘ったのは、私を物理的に性交不能の状態にしておきたいとの思いが強かったから。
寝室に内鍵を付けたのと同じ理由だ。

パンチラオナニーは、計3パターンになった。
不倫後の汚れた下着を離れた距離から覗き見る形と、通常の帰宅後、久美の分泌液が染み付いた下着を顔に擦り付けられるハードな形、それと普段のなんでもないパンチラを覗く形だ。
どのパターンを選ぶか、選択権は私に与えてくれた。
朝方、出勤着に着替えた久美に欲情してパンチラオナニーを望んだ時などは、「帰ってからの方がご馳走よ。それまで待ちきれない?」と、帰宅後のハードなパンチラプレイを暗に匂わせたりする。
そんな時は欲情を敢えて抑え、夜中まで待ってからオナニーに耽る。
休日、普段着の久美に性欲を催し、どうしても我慢できない時は、昼間からパンチラオナニーをねだることも度々あった。
その場合、久美はもちろん無反応なのだが、覗き方のパターンは色々だ。
最初と同じ下から見上げる形だけでなく、ソファーに座って片膝を立ててくれたりもする。
久美は裾を押さえ気味にして文字通りのチラリズムを披露しながら、オナニーに耽る私の姿をじっと見つめる。
冷静な久美と視線を絡ませながらのオナニーは格別だ。
私はやや大袈裟に悶え、喘ぎ、射精する。
冷静な心理で欲情した人間を眺めれば、さぞ愚かしく見えることだろう。
その冷ややかさがたまらない。

意外や意外、この形でのパンチラオナニーが私の一番のお気に入りになった。
ハードなセックスを堪能している人からみれば、こんなソフトなフェチプレイの何が楽しいのかと訝しく思うことだろう。
しかし性行為による興奮の度合いは、必ずしもプレイのハードさに比例しない。
妄想の仕方によってはソフトなプレイでも気持ちは昂る。
もともとパンチラフェチの嗜好が強かったのに加え、理不尽な制約を課せられたことで興奮は高まる一方だった。
どれほど魅力溢れた女性が相手でも、何の制約もなしに性行為を重ねてゆけば、いずれは飽きる。
たとえハードなプレイであっても同じだろう。
私は慢性的な性的飢餓状態に置かれてるがゆえに、倦怠という言葉とは無縁だった。
久美との行為の素晴らしさを知ってるがゆえに、それを味わっている不倫相手の快感も容易に想像できる。
強烈な嫉妬と羨望がさらなる快感へと昇華し、飽くことを知らない。

久美の態度は、もはや単なる演技の域を超えていた。
“他人の女”になりきっていた。
不倫相手がそう洗脳したのだろうし、そう洗脳されることが久美の望みでもあったようだ。
もし私が久美と関係を持とうとするなら、レイプという強硬手段を用いる意外にないのではないか。
そう思わせるくらい、私との性行為は言葉でも態度でもはっきりと拒絶する。
それでいながら性的挑発には熱心だし、精神的な愛情が薄れたようにも見えない。
なんとも不可思議な夫婦関係ではある。
ともかく私が望んだ形には違いない。
不思議に思いつつも久美の真意を問いただしたりはせず、ただただ寝取られマゾの道を邁進した。

パンチラオナニーや視姦と共に、久美への痴漢行為も楽しみの一つになった。
久美がリビングのソファーでうたた寝した時などがチャンスだ。
寝息を確認し、眠りが深くなったと判断するや、私は久美の身体へ指を這わす。
ターゲットはもちろんバストと股間。
刺激を加えると目を覚ましてしまうので擦ったりは出来ない。
ブラジャーの上からバストを手のひらで覆ったり、スカートの上から股間のカーブに沿って指先をそっと潜らせるだけだ。
ただそれだけの行為で私は激しく勃起してしまう。
まるで見知らぬ他人を痴漢してるような異様な興奮に囚われる。
そのままオナニーしたくなるが、気付かれてしまうのでやはり出来ない。
楽しみは後で・・・と愚息を懸命になだめることが常だった。

表面上は平穏であっても、内心では激しい嫉妬が荒れ狂う日々。
その心情を反映するように、ソフトではあっても官能に満ちたフェチプレイに浸り続けること数ヶ月。
久美がとんでもないことを言い出した。

「彼の子供を産んでみたい・・・」

さすがに仰天した。
ある程度予想はしていた。
正直に言うと、心のどこかで期待もしていた。
しかし、言葉にされると戸惑いが先立った。
どう返していいのか分からなかった。

「私が彼に妊娠させられたらどうする?産んでもいい?」

切なげな眼差しを向け、問いかけてきた。

「な~んてね・・・冗談よ」

私が口を開こうとした瞬間、久美はおどけた口調で否定した。
しかし、目は笑っていなかった。
不倫相手の子供を産んでみたいというのは本心だな、そう確信した。
愛する男の種を宿したいというのは女の本能だ。
久美がそういう心境に至ったのは、ごく自然な成り行きだったといえる。
寝取られマゾの世界にどっぷり嵌まった時から、いつかは来ると覚悟していた申し出だった。
寝取られマゾの行き着く果ては、第三者の精液によって妻の子宮まで征服され、孕まされることだ。
強度の寝取られマゾ性癖の持ち主なら、一度は夢想してみるシチュエーションだろう。
私もその手の話には興奮を禁じ得ない。

(もし久美が不倫相手に孕まされたら・・・)

想像しただけで勃起してくる。
久美のお腹がせり出してきたりしたら、今以上にオナニーに狂ってしまいそうだ。
他人の種による妊娠という、いわば究極の寝取られは、比類なき官能をもたらすことだろう。
しかし、実際に妊娠プレイに踏み切るとなると、事はそう簡単にはいかない。
夫婦だけのことでは済まなくなるし、生まれてくる子供を親の身勝手な性癖の犠牲に供することは倫理上も許されない。
私自身が全く素性を知らない不倫相手の子供を妻が産むのも、あまりにリスクが高すぎる。
かといって中絶を前提に妊娠させるなど生命に対する冒涜そのもので、余計に気が引ける。
第一、そのような形でのプレイは久美が承知すまい。
もし妊娠したら絶対に産みたがるはずだ。
どのような形にせよ、妊娠プレイにはとてつもない危険が伴う。
禁断の領域に踏み込むか否か、私はその岐路に立ち、激しく煩悶した。

結論から言ってしまうと、久美は現在に至るまで妊娠も出産もしていない。
もし久美が他人の子を宿したりしたら、演技だという建前は完全に崩れてしまう。
何はともあれ、今のところ久美の妊娠は回避されている。
しかし、久美は変わらず妊娠願望を抱き続けている。
不倫相手が久美を妊娠させたがっている可能性もある。
いつ何時、妊娠という事実を突き付けられるか分からない。

その恐怖(期待?)が、新たな官能の扉を開けた。
夫婦でのプレイ中、久美は妊娠願望を口にすることで私の興奮を煽るようになったのだ。
さすがに“他人の種による妊娠”を性的興奮の材料にすることは、照れや背徳感が付きまとうらしく、冷静な精神状態でパンチラプレイを行なう時はあまり口にしない。
妊娠願望を織り込んでの言葉責めがもっとも激しくなるのは、私の顔に股間を押し付ける一番ハードな形のパンチラプレイの際だ。
久美も興奮と快感とで理性が飛んでしまっているので、心置きなく秘めた本音を口にできるようだ。

「彼の赤ちゃんが欲しい!彼のザーメンで妊娠したいの!」
「彼がね、ピストンしながら何度も耳元で囁くの。『久美を孕ませたい、久美を孕ませたい』って!」
「私もね、『お願い、孕ませてぇ!』って叫んでしまうの・・・」
「彼がイッた瞬間ね、子宮も彼のチンポに吸い付くのよ!私の子宮も妊娠したがってるの!」
「妊娠したら産んでいいでしょ?大きくなっていくお腹を見ながらオナニーしたいでしょ?ああっ!」
「あなたが嫌がってもダメよ。そのうち強制的に種付けされちゃうわ!ああん、ああん!」

久美の股間で口を塞がれた私は一言も答えられない。
強烈な圧迫感と淫臭、湿り気の下で呻き、さらに刺激を増した言葉責めに意識を撹乱されながらただオナニーに狂うだけだ。

これほど刺激的な言葉責めを連発した久美も、顔面騎乗オナニーでイッたあとは、たちどころに素の状態に戻る。
やはり驚くほどの変わり身の早さだ。
性的なプレイを離れると、久美は妊娠のことについて何も口にしない。
重大なことだから素の状態できちんと話し合うべきなのだろうが、私も久美も意識的に避けている感じだった。

久美はピルを使って避妊している。
生中出しを存分に楽しむためだ。
久美の豊かなヒップを見ていると、ピルの服用を止めればすぐにでも妊娠しそうな気がする。

久美が自らピルの服用を止め、危険日に不倫相手との生性交に臨む日が来るのだろうか?
または不倫相手がピルの服用中止を命じたりすることはあるのだろうか?

もし男が本気で命じれば、久美は素直に従うだろう。
その結果妊娠し、私へは事後報告ということも十分あり得る。

「妊娠しちゃった・・・」

そう告げられた場合の私の反応は・・・久美の意に沿う結論しか考えられない。
すなわち出産の承諾だ。
それがどんなリスクをもたらそうとも、全て分かった上で敢えて背徳の道を選択するだろう。
そんな日が来てほしいが、絶対に来てほしくもない。
恐怖と渇望に揺れながら刹那的な享楽に狂い続けた。

私は久美がソフトなパンチラを披露してくれている時も、『妊娠』の2文字が頭から離れなくなった。
久美が無言のうちに、『私、もうすぐ妊娠するのよ。彼の子供を・・・』とか『じつはね、もう妊娠してるのよ・・・』などということを目で訴えかけている。
そんな意識に囚われるようになった。
妄想上の妊娠、それがもたらす快感は魅惑的だった。
恐るべき背徳であるからこそ、快感も強烈なのだろう。

私は一切のモラルに背を向け、ひたすら快楽だけを追い求めた。
久美もそんな私の心情に寄り沿い、快感のツボを刺激し続けてくれる。
肉体的な接触はなくなった代わりに精神的な絆はより深くなった。
錯覚かも知れないが少なくとも私にはそう感じられる。
もしかしたら、久美は不倫相手の子供を宿す気などさらさらないのかも知れない。
妊娠願望があること自体は確かだろうが、実際に妊娠する気はなく、私との快楽を共有するために演技してくれてるのではないか?
今日に至るまで妊娠していないことが何よりの証、そんな風にも思えるのだ。
あまりに都合が良すぎる解釈だろうか?
実際のところ、久美の妊娠願望が演技であっても真実であっても、私にとってはさして重要なことではない。
マニアックな性癖に共感してくれて、常軌を逸した形でのプレイで快楽が共有できればそれでいい。
寝取られ夫婦として快楽も苦しみも共にできれば何も言うことはない。

ただ一つ断言できることは、これからも久美と性交渉を持つ可能性はないということだ。
久美の肉体は第三者に独占され、私は久美のパンチラなどを見ながらオナニーに耽るしかない。
久美が本当に妊娠させられるのかどうか恐怖に怯えながら刹那の快楽に身を委ねる。
そんな異常な夫婦関係がこれからも続いてゆくのだ。

さて、今日はどんな形でオナニーに耽ろうか。
いつも以上に焦らされ、ソフトなパンチラで挑発してもらおうか。
プレイはソフトでも、鍛え抜かれた妄想力があれば、どんなハードな性行為より深い快楽が得られる。
そんな私を久美はどんな言葉責めで弄んでくれるだろうか。
想像しただけで、もう股間が熱くなってきた。
愚かさの極みだと、自分で自分を笑うしかない。