深夜1時。
廊下に頭を出した。
シーンとしているが、何か聞こえた。
たぶん親父のいびき。
抜き足で玄関へ、時々ミシッと音を立てる廊下に焦りつつ裏口から出た。
月明かりの中、まるで泥棒の気分。
北国の寒さは半端じゃない、服だけで出たことを後悔した。

「遅かったね~」

真澄ちゃんは笑顔で迎えてくれた。
時計を見ると1時半。
どうやら部屋から出口まで20分もかかったらしい。
ガタガタ震える俺を見て、「上着を着て来なかったの?」と驚いていた。
居間に通されるとストーブの前に座り込んだ。

「はい、これ」

用意されたコーヒーを飲みつつ、お互い大笑い。

「隣って言っても、それは風邪引くよ・・・」

田舎なので敷地も広い。
必然的に寒空をそこそこ歩くのだ。
しばらく他愛のない話をしていたが、真澄ちゃんが近寄ってきた。
誰に見られる心配もないので長くキスをした。

「これ、私からのプレゼント・・・」

何かを持ってると思ったら、俺の手に押し付けられた。

「何これ?」

もちろん正体はコンドームだった。
その品物が何かを理解した瞬間に無言になってしまった。

「ちょっと~、何か言ってよ~」

「エ~」とか「ア~」とか言いながら言葉を探したが何も出ず、ただ「アハハ」と笑った。

「今まで我慢したんだから・・・ね?」

俺は「ウンウン」と頷いた。
お互い風呂は済ませていたが、シャワーを浴びることにした。

「バスタオルだけで出てきて。私の部屋に居ていいから」

そう言われた。
小さい頃に一緒に入った記憶があるお風呂だ。
玩具がないだけで当時の記憶が蘇る。
腰にバスタオルを巻いて寒い廊下をいそいそと戻った。

「じゃ・・・次、私ね」

そう言うと、真澄ちゃんはそそくさと部屋を出ていった。
真澄ちゃんの部屋に座るが落ち着かない!
テレビを点けてみる。
股間はすでにバスタオルを持ち上げている。
しばらくすると真澄ちゃんがバスタオルを巻いて戻ってきた。
ちょっと無言になったが、真澄ちゃんがテレビを消した。
石鹸の香りが鼻を刺激した。

「初めてだよね?」

そう聞かれて、「もちろん」なんて返事をした。

「じゃあ・・・今日は任せて・・・大丈夫だから。電気消すね」

そう言うと電気を消した。
ストーブの微かな明かりの中でキスをする。
バスタオルに手が掛かり、脱がされた。
撫でるように優しく刺激された。

「硬い・・・。昔は小さかったのに」

なんて言葉でお互いちょっと笑ってしまった。
次第に唇が顎へ、顎から首、そしてその下へと移動した。

「くすぐったいけど気持ちいい・・・」

何か言わなければいけない気がして呟いた。

「・・・もっと気持ち良くなるよ」

真澄ちゃんはそう呟き、さらに下におりていった。
焦らすように太ももに舌を這わせて手だけで刺激される。
自分の手以外の初めての刺激にすごく興奮していた。

「ハァ・・・ハァ・・・」

息も荒くなる。
刺激しながら動かす手には我慢汁が出てるのだろう。
ヌルヌルとした感触と、クチャ・・・という音が混じる。

「まーちゃん・・・我慢出来ない!」

限界が来て、関係ないことを考えはじめていた。

「うん・・・わかった、最初はお口に出す?」

手と口を止めて聞かれた。

「・・・うん、早く出したい」

いよいよ真澄ちゃんの口が咥え込んだ。
頭を上下し、舌を使ってるのか、突き抜けるような快感が時々走る。
太ももに当たる真澄ちゃんの手の体温を感じながら限界を迎えた。

「アッ!出る出るっ!」

そう言った瞬間にビクビクッと痙攣し、自分でも大量に出ていると感じるくらいの射精感があった。

「ンッンッ・・・」

真澄ちゃんは声を出しながら痙攣が収まるまで咥え、そして口を離した。

「スッゴ~イ!溜まってたの?」

予想以上に出たらしい。

「うん・・・最近出してなかった」

真澄ちゃんはモゾモゾしながら、「ちょっと拭くね」とティッシュを探しているようだ。
ガタン!と音がして何かにぶつけたらしい(笑)

「イタ~イ!電気点ける・・・」

そう言ってカチカチと豆電球だけを点けた。
薄明かりの中で真澄ちゃんのバスタオルは開け、辛うじて下半身を隠していた。
意外と小さい乳房が白く目についた。

「やっぱり隠すことないか!」

そう言うとバスタオルを外してしまった。
真澄ちゃんの全身が露わになり、黒い陰毛が見えた。

「しんちゃんも取りなよ」

1人隠すのも悪いので、完全にどけてしまった。
ティッシュで拭いても先からは精子が少し出てきた。

「ねぇ、しんちゃんの童貞さぁ・・・私でいいの?」

突然聞かれた。

「うん・・・まーちゃんが好きだからまーちゃんがいい」

素直に伝えた。
ほんの少し休み、今度はベッドに導かれた。

「もう大丈夫?」

真澄ちゃんは俺の体に抱きつき、太ももで下半身を刺激してきた。
女の子の肌を感じ、再び硬くなり始めた。

「キスからはじめて・・・後は好きにして・・・」

そう言いながら真澄ちゃんは仰向けになった。
俺は訳がわからないままキスをして、乳首や体を愛撫した。
柔らかい胸を舐めたり吸ったりしながら下半身に触れてみた。
割れ目からはヌルヌルとした液が溢れ、指で弄るとビクッと反応した。

「アッ・・・もっと触って・・・」

俺は求められるままに何回も刺激を繰り返した。
目を瞑り、耳まで真っ赤になっているのが薄明かりでもわかる。

「ア~ッ・・・しんちゃん・・・そこ・・・そこいい・・・」

ピチャピチャと音を立てながら時々ピクッと反応している。
自分の指で気持ち良くなった姿を見るのが嬉しかった。

「ねぇ・・・私の胸をキツく吸って・・・キスマーク付けて」

突然の要求に戸惑った。

(え?どうやんの?)って感じ。

「こうやって・・・」

そう言うと俺の胸板に真澄ちゃんは突然吸い付いた。

「ね?これをもっと強く吸えば跡が付くから・・・記念に欲しいの・・・」

そう言われて恐る恐る試した。
最初は失敗したが、3回目でやっと付いた。

「嬉しい!これで私はしんちゃんの物だよ」

当時はいまいちピンと来なかったが満足してくれて嬉しかった。

「ねぇ・・・そろそろ入れて・・・」

そう言われ、渡されたゴムを取り出した。

(どっちが表?)

そう思っていると真澄ちゃんが起き上がり、向きを確認すると勃起した俺に被せた。
根本まで覆われ、いよいよ中に入れるんだということを意識させた。

「入れるね・・・」

そう言うと真澄ちゃんの割れ目がある所に押し当てた。
しかし入らない。
すると真澄ちゃんが腰を動かし、スルッと飲み込まれた。

「アァッ・・・!気持ちいい・・・」

初めての膣は温かく、なんとも言えない気持ちだった。

「動かして・・・イッていいよ・・・」

そう言われ、俺はゆっくり動かした。
時々抜けそうになりながらも真澄ちゃんの荒くなる息を耳に感じていた。

「ハァッ・・・ハァッ!ウッ・・・ンッ」

快感が下半身から上って来ると、腰もだんだん速く動かしていた。

「アァッ・・・アァッ!しんちゃん・・・感じる・・・しんちゃんが入ってる!」

俺は限界を迎えつつあった。
声と体温を感じ、下からはクチャ!クチャ!と溢れた蜜が動かすたびに音を立てた。

「まーちゃん!も、もう出る!」

「いいよ・・・イッていいよ!」

最後に強く出し入れするとドピュッと脈を打つ感覚があり、強く真澄ちゃんを抱き締めて、快感と共に全て放出した。

「イ・・・イヤ・・・嘘・・・イク・・・」

抱きついた体がビクビクッと痙攣した。

「ウッ・・・」

そう言うと真澄ちゃんはグッタリしていた。

「まさかイクとは・・・。抱きつかれて出されたら一気に来ちゃった(笑)」

照れて笑う真澄ちゃんを見ながら、やっと一つになれた喜びを感じていた。