セフレの彩音との体験です。
僕は出会い系で半年くらい前に彩音と出会いました。
彩音は僕以外にもセフレを複数人を掛け持ちしてて、その割りには潔癖症気味というよくわからない23歳のショップ店員です。
透き通るような白い肌と、ほんのり香る柔軟剤や香水の香りなどはとても清潔感があり、僕は彩音の身体が大好きです。
ただ、彩音は他のセフレも掛け持ちしてるので、毎週のように会うわけにはいかないのがちょっと残念。
でも、セフレなんてそんなもんですよね。

僕はもともと、ホテルに入ったらシャワーをしないですぐに襲いかかって、ちょっと汗臭くても、むしろそっちのほうが燃えるタイプだったのですが、最初に彩音としたときにそうやったらすごく怒られてしまい、以来彩音とセックスするときは必ず最初にシャワーをするようにしています。

先週も彩音と会う約束をして、奮発して新しめのラブホに入りました。

「じゃあシャワーしよっか」と僕が言うと、彩音はすぐに、「一緒に入ろう!」と応じてきました。

シャワーの前に脱がされるのも嫌いなことを知っているので、僕は先に自分だけ脱いでシャワーを使って綺麗に身体を洗い、特にペニスは念入りにきれいにしました。
彩音は洗面台でメイクを落としたりしています。
とにかくお互い身を清めてセックスするのが彩音の流儀なのです。

僕は身体を洗い終わると、ラブホのバスタブに勢いよくお湯を張り、バブルバスの入浴剤を入れました。
もこもこと泡が立ちはじめ、とりあえず僕は先にバスタブの中に入り、後から来る彩音のために洗い場を開けました。
その後、全裸になった彩音が入ってきました。
珍しくタオルで股間を隠して、手にはシェーバーらしきものを持っています。
彩音は色白で、よく手入れしている肌はきめ細かく、身体は細身。
おっぱいのサイズはBカップくらいだと思いますが、全体としては大きく見えます。
綺麗なお椀型のおっぱいにあずき色の乳首が付いています。
腰のくびれのカーブもバランスが良く、その下のおまんこはパイパンです。

彩音がタオルで隠している理由がわかりました。
チラっと覗いた下腹部にちょろちょろと生えはじめている部分が見えます。
彩音にしては珍しく家で処理してこなかったみたいで、ここで処理しようというわけです。
でも、そこには触れないであげるのが彩音の機嫌を保つコツです。
バスタブに浸かりながら、彩音が脚を広げて鏡に映しながらジョリジョリとシェーバーで陰毛を剃るのを観察していると、泡風呂の中でむっくりと勃起してきました。
丁寧に体を洗う彩音を視姦するのも楽しいものです。

ひと通り洗い終わると彩音は、「じゃあ、今日はここでしよっか?」と持ち掛けてきました。
彩音はお風呂でセックスするのが大好きなのです。

「なんかおっきくなっちゃった」

そう言って僕は泡風呂から泡をまとったペニスを出してバスタブの縁に腰を下ろしました。

「わ~、もうおっきくなってる!」

驚いたように言うと彩音は、「じゃあおちんちん洗いますよ~」と、僕の泡の付いたペニスを手コキをする要領で洗いはじめました。

「こんなにおっきかったっけ?お腹に付きそうじゃん」

嬉しそうにシコシコと洗ってくれます。

「すぐにイッちゃうからそんなにしないで」と僕はストップをかけて、「じゃあ今度は彩音を洗ってあげるよ」と洗いっこを前戯の代わりに、お互いを昂らせていきました。

すべすべした彩音の身体をマッサージするように手を滑らせて、首筋、肩、そのまま前に回しておっぱいに移動しました。
そして揉みしだくように洗っておっぱいへ刺激を与えていきます。
あずき色の乳首を触るとますます硬くなるのがわかります。

「あん。気持ちよくなってきた」

彩音が感じて身をすくめるような動きをしました。
僕は狭いバスルームで彩音の前に回り込みました。
そして彩音の奇麗な乳首を口に咥えてちゅぱちゅぱとしゃぶりました。

「ああん、気持ちいい!」

彩音の声がバスルームに響き渡りました。
バスルームセックスのいいところは、声が響いてめっちゃエロいことです。
ちょっとした声もよく響き、「はあはあ」という荒い呼吸やイクときの声が響くのも、客観的に自分たちのセックスを見ているようでエロく感じます。
しばらく乳首をしゃぶっていると彩音の乳首はぷるんと弾けるように勃起しました。
乳首に満足した僕は、腰のくびれのラインをなぞるようにして、お尻のほっぺたを鷲掴みにしながら強く抱き寄せました。
そして、わざと硬くなったペニスを彩音のパイパンの下腹部にグリグリと押し当て、硬さを誇示します。
彩音は勃起したペニスを掴むと、パイパンなお股に挟んで、泡と一緒にごしごしと素股をしてくれました。
剃りたてでツルツルになった彩音の股は滑り加減が絶妙で、どんどん気持ちよくなっていきました。
彩音も「あああん!」とエッチな声を上げます。
僕のペニスのごつごつした硬い部分が彩音のクリトリスを刺激するのです。

あまり焦らすのも可哀想だと思い、手の泡を利用して彩音のクリトリスをダイレクトに触りました。
パイパンの処理が疎かだったことからもわかるように、少なくともここ1週間は彩音は誰ともセックスをしていません。
それで彩音の高ぶりはかなり速いペースだったようで、「あふっふっふうう!」と息が詰まるような声を出しながら、ビビビビと電気が走ったようにクリイキをしました。
イキながらしがみついてくる彩音が愛おしくなり、僕は優しく彩音の向きを逆にすると、バスルームの縁に手をつかせてお尻をこっちに向けさせました。
彩音はツルツルのお尻を突き出して挿入待ちです。
僕は大急ぎでコンドームを装着して、彩音のお尻を鷲掴みにしてパイパンのおまんこに挿入しました。
ぎゅぎゅぎゅっと押し込むようにペニスを突き出すと、彩音はお尻を押し戻すようにしてきます。
その2人の力が合わさって、彩音に亀頭を押し付ける力が強くなります。
彩音が大好きな挿入パターンです。

「あ~ん、あ~~ん!」

獣のような彩音の声がバスルームに響き渡り、それが僕たちをさらに興奮させます。
程なくして彩音の動きが限界になり、おまんこの内部が収縮するのが感じられました。

「あっあっあっ!」

最初に彩音がイキ、僕もその収縮に導かれてコンドームの中にどっぷりと射精しました。