中学2年生の夏休み。
補習を終えて1人で帰っていると、後ろから走ってきた自転車と衝突した。

「いてぇ!なんしょんか!」

キレ気味に睨みつけて相手を見ると、小学校の時に好きだった理恵ちゃんだった。
理恵ちゃんは頭が良くてとても可愛い同級生だ。
少し宮沢りえに似ていて、ポニーテールが似合う女の子。

理恵「あっごめん、大丈夫?」

俺「大丈夫だよ」

鞄を拾い、理恵ちゃんがしゃがみ込んだ時、パンツが見えてしまった。
青と白の縞々パンツだった。

(やった!見えた!)

頭の中でシャッター音が鳴った。
理恵ちゃんとは方向が同じなのでそのまま一緒に帰ることになった。

学校の話とかベラベラしゃべっていると雲行きが怪しい・・・。
案の定、夏の夕立ちに襲われた。

俺「とりあえず雨宿りするとこあるけ、おいで!」

理恵ちゃんの自転車に2人乗りして向かった。
向かった先は、線路沿いにある、今はもう使われていない貨車の車掌車だった。
広さは四畳半くらいでトイレも付いている。
2人がけの椅子もあり、普段あまり人が来ないので、秘密基地みたく時々ここで友達と遊んでいた。

そこに着いた頃には俺も理恵ちゃんもビショビショだった。
白いブラウスに薄いブルーのブラジャーがスケスケだった。

理恵ちゃんは、「凄い雨やったね。傘を学校に忘れてきたよ」とケラケラ笑った。

俺はというと、スケスケのブラをチラ見しまくり。
理恵ちゃんの胸は少し膨らみかけで、ちょっと大人の身体つきをしていた。
あまりにもチラチラ見ていたから理恵ちゃんも気付き、両腕を組むようにして隠してしまった。
俺も恥ずかしくなり・・・。

「ごめん、めっちゃ気になる。おっぱいとか気になる年頃やし」

そう言い訳をすると・・・。

「スケベ!でも仕方ないよね、男やもん」

そう言って理恵ちゃんはクスクスと笑った。
雨が止む気配はなく、俺達はとりあえず椅子に座っていたが、会話が途切れてしまい気まずい雰囲気だった。
理恵ちゃんの胸のこともあり、さっきのパンツも思い出したせいで俺のチンコは大きくなっていた。
心臓はバクバク鳴った。

「そこのトイレって使える?・・・ごめん、なんかヤバい」

そう言って理恵ちゃんがトイレに入った。
しかし、実はそのトイレ、カギがかからない。
そして当然、理恵ちゃんはそのことを知らない。
俺は息を殺してトイレのドアを少し開けた。
和式トイレなので理恵ちゃんの白いお尻が見えた。
チョロチョロと音を出してオシッコをしている。
俺は今までにないほど興奮した。
チンコの先を触るとヌルヌルとカウパー液が出ていた。
異常な興奮のせいで俺の頭は制御不能となり、トイレのドアを開けてしまった。

「あっ、えっ?なんな!」

白いお尻を上げようとした手首を掴み、俺は理恵ちゃんのお尻に貪りついた。
お尻の穴をペロッとすると理恵ちゃんは、「ひゃん!ちょっとなんしよん」とブルブル震えていた。
俺は理恵ちゃんのアソコを人差し指でなぞってみた。
薄っすらと毛が生えていたそこは、少し濡れていた。

「なんか濡れとうよ?」

「違う違う!オシッコやけん、汚いよ、手を離して」

理恵ちゃんは頭を振るが、俺は止まらず、アソコに指を少し入れてみた。
当時はまだ知識とかほとんどなく、どうしたら気持ちいいのか分からなかった。
俺は理恵ちゃんをトイレから引っ張り出してキスをした。
初めてのキスだったが、勢いがあり余って理恵ちゃんの前歯と当たり、2人で同時に「痛っ」と言った。
目が合って、「プッ」と吹き出してしまった。

「順番間違えた、好きです」

俺は理恵ちゃんの返事を聞かずにまたキスをした。
キスをしながら理恵ちゃんも頷いてくれて、向こうから舌を入れてきた。
俺は驚いたけど、キスが気持ちよくてそのまま続け、ビショビショのブラウスの上からおっぱいを触った。
たぶんBカップくらいだったと思う。
揉んでいると、「あぅ、あ、アン」と喘いで、理恵ちゃんは目を閉じて気持ち良さそうにしていた。
ブラウスのボタンを外した時、初めて男のシャツとは逆なんだと気づいた。
ブラウスの中からブラが見えて乳首を摘まむと・・・。

「はぅん、はぁはぁ・・・」

理恵ちゃんのおっぱい石鹸と汗の香りがした。
ブラを下にズラすと小ぶりなおっぱいと小さい乳首が見え、俺は赤ちゃんみたくペロペロと貪りついた。
スカートの中に手を入れてアソコに指を入れると、さっきとは違い、かなりヌルヌルしていた。
理恵ちゃんは、「だめ、だめ」と唇を噛み締めていた。

俺は理恵ちゃんを椅子に座らせてM時開脚をさせた。
そして初めて見る女の子のアソコをペロペロ舐めた。

「あぅあぅ、あっあっあっアン」

理恵ちゃんの声を聞きながら俺は犬のように舐め続けた。
理恵ちゃんは俺の頭を押さえるようにしていた。
すでに俺は発射準備完了だった。
ついに理恵ちゃんのヌルヌルした部分に入れようとした時・・・。

「初めてやけ、ゆっくりね、あと、ゴム大丈夫やか?外に出してよ」

理恵ちゃんが俺の耳元で囁いてきた。
俺は頷き、入れようとするもなかなか入らない・・・。
でも腰をグリグリ動かすとそれだけで気持ち良くて、俺は声が出た。

「あっうっ!」

そのときには精液は理恵ちゃんのおっぱいや口まで飛んでいた。

理恵ちゃんは処女だったのでなかなか入ることはできず、やっと開通したのはそれから4ヶ月後のクリスマスイブだった。
高校生になっても、俺と理恵ちゃんは車掌車の中でエッチを繰り返した。