昨日19歳の従妹と体験しました。
昨日は祖父の一周忌だったのですが、坊さんのお経がひと通り終わり、参列者全員で近所の料亭に移動して会食をしました。
俺の席の隣が従妹だったのですが、最初は未成年ということもあってウーロン茶を飲んでいたのだけど、俺が「ビール飲む?もうすぐハタチだからいいだろ?」と勧めると、「少しだけなら飲んでみようかな」と言うのでコップに注いでやりました。

従妹は半分くらい飲んで、「ちょっと苦いけど飲めない感じではない」と言うので、さらにもう少し・・・。
ちびちびと口をつけていましたが、あまり気が進まないようだったので無理に飲ませるのも悪いと思い、それ以上注ぐのはやめていました。
ところが、しばらくして酒癖の悪い伯父さんがビール瓶を持ってやって来て・・・。

「お、雅美ちゃん、酒が飲めるようになったんだ、じゃあ注いでやる」

と、強制的にグラスを空けさせました。

「お、いい飲みっぷりだね、もう1杯いこうか?」

酔った伯父さんが悪乗りします。
いくらなんでもヤバいと思ったので、「未成年にそんなに飲ますなよ。俺が代わりに飲むからさ」と助け船を出してやりました。
でも結局、会食が終わる頃には俺も従妹も程よく出来上がってました。

親戚一同はそこでお開き、各々帰っていきましたが、従妹と叔母さん(母の妹)は俺の家に来ました。
叔母さんもコップに半分くらいビールを飲んだらしく、今帰ったら飲酒運転になるので、夜まで家で休むことになったんです。

家では母と叔母さんが話しこんでいて、一緒にいてもつまらないので、俺と従妹は俺の部屋でDVDでも見ようということになりました。
部屋に入り、DVDを物色してると従妹が、「映画はいいから話をしよう」と言ってきたので、DVDはやめて音楽をかけました。
従妹は子供の頃に俺と一緒に遊んだこととか楽しそうに話すのですが、結構酔っているらしく、話しながら寝転んだりして・・・。
その日はツーピースの喪服を着ていたのですが、スカートが少し短めのプリーツタイプだったので、めくれて黒いパンストに包まれた太ももが露わになりました。
完全にそそられて勃起しました。

そんな俺の様子を察知したのか・・・。

「あ、今スカートの中見たでしょ。エッチ!」

従妹が俺をからかって笑います。

「わざとじゃねーよ。お前がそんなところに寝転がるから悪いんだろ。男の部屋でスカートのまま寝転がるなんて無防備すぎるんだよ。そんなことやってると襲うぞ」

こっちも冗談でからかったつもりなのですが・・・。

「へぇー、襲いたいんだ。いいよ、襲っても」

従妹は、冗談とも本気とも取れる感じで返してきました。

「お前、酔ってるだろ?酔ってて自分が何を言ってるかわかってないだろ?」

嗜める俺に対して従妹は・・・。

「だって好きだから・・・。好きな人になら襲われてもいい」

「俺とお前はいとこ同士だぜ」

「従妹だと好きになったらダメなの?」

さっきまでの酔った感じの従妹ではなく、その目は真剣そのものでした。
従妹は本気で俺が好きなんだと感じました。
いきなりの従妹からの告白に頭の中はパニックになりました。
すると従妹は俺に抱きついてキスしてきました。
従妹の柔らかい体の感触といい匂いで頭はクラクラ。
俺だって従妹のことは嫌いではありません。
それどころか、もしも従妹じゃなかったらアタックしたいと前々から思ってたほどでした。もう限界でした。
俺は腹を括って言いました。

「俺も前からお前のことが好きだった。でも、いとこ同士だし、お前の気持ちも知らなかったから感情を抑えてきた。好きだ」

そう言って従妹を抱き締め、ディープキスをしました。

「後悔しないよな?酔った勢いじゃないよな?」

最終確認のように従妹に聞きました。

「もう酔ってないよ、どうなっても後悔しない」

俺たちは普段俺が寝ているシングルベッドに移動しました。
そこでも長いキスをしました。
キスしながら彼女の上着を脱がせ、ブラウスも剥ぎ、ブラジャーを外すと小ぶりながら形のいい胸が現れました。
軽く揉むと、従妹が「ア・・・」と声を出しました。
初めて聞く可愛い声でした。

片方の胸を揉みながら、もう片方の乳首を舌で愛撫しました。
脚に手を持っていきました。
なんとも悩ましい黒のパンスト。
強引に引き裂いてしまいたいくらい興奮していました。
しばらくパンストの上から脚を撫でて、伝線しないように丁寧に脱がせました。
同時にパンツも脱がせました。
アソコはすでに濡れていました。
指を入れ、中を弄ります。
従妹が大きな声を出したので、「みんなに聞こえるから」と制すと、声を出すのを我慢する従妹に激しく興奮しました。

最後にスカートを脱がせて従妹を全裸にして、俺も全裸になりました。
そしてとうとう従妹と1つに結ばれました。
今まで3人の女の子とエッチの経験がありましたが、この時ほど挿入の感動を味わったことはありません。
自分でも気付かないほど従妹のことが好きになっていたんだと思います。
ちょっとショックだったのは処女だと思っていた従妹が実は経験済みだったとこと・・・。
それまで自分はそんなに処女にこだわりはなかったのに、なぜか従妹の処女を奪った男には嫉妬しました。