加代子と付き合っていた当時、お互いに学生同士で、こちらは実家、向こうは学生寮住まい。
なので、デートはもっぱら外だった。
別の大学に通っていたので、2人の家の中間地点で会うことが多かった。

で、困るのはセックスする場所。
都内だと、安いホテルだって一泊6000円はする。
かと言って、郊外の安いところは交通費もかかるし、混んでもいる。
2人の時間と空間を、お金をかけずに確保するには、当時俺が乗っていた旧型マーチが手っ取り早かった。
貧乏学生の2人がカーセックスに辿り着くにはそれほど時間はかからなかった。

初めてカーセックスしたのは、当時月極で借りていた駐車場だった。
住宅街にあるのだが、道路から2メートル高い段の上にあり、三方をアパートやら住宅に囲まれていた。
駐車場のほうが古いらしく、面している住宅は窓が小さく、日中の車の出入りも少なく、道路からの目線もないので、ちょっと人目にはつかない場所だった(ような気がした)。

確か下らないケンカをした後だったと思う。
デート代をなるべく安くあげようとする(マンガ喫茶やファミレスで1日中過ごす)俺に対して、「あたしのことが好きならもっと大事にしてよ!」と、もっとおしゃれで高いところに連れていけ的な彼女。
かと言ってバイトに精を出すと、これまたおかんむりだから困るw

駐車場に停めた旧型マーチの後部座席に2人で並んで座り、加代子をなだめつつ愛撫を開始。
よほど機嫌が悪くても、おっぱいを揉めば感じ始めてしまうので、こちらの勝ちという、非常に御しやすい女だった。
後ろから抱きすくめるような格好で、片手は服の上からおっぱいを揉みしだく。
ブラ越しに乳首を探し当てると、指を立てて集中的に弄ってやる。
そのあたりでもう彼女は抵抗する力も入らず・・・。

「ダメぇ、そんなことしても許さないんだからぁ、あぁん・・・」

はい、もう身体が言うこと聞いてません(笑)
後は唇を無理やり重ねて舌をねじ込み、服の下に手を滑り込ませてブラをずらして乳首を摘んでやると、「あぁ、ああん」と一声あげて軽くイッてくれる。
そのまま胸を責めながら耳に舌を這わせると、感じすぎて「ダメ、ダメぇ!」とまたイク。
服の上から胸を揉んでいた手でスカートを捲り上げ、パンツのクロッチの部分を撫でれば、すでにいやらしい汁が染みている。
パンツをずらして、ビショビショのあそこを指でくちゅくちゅと音を立てて掻き回しながら・・・。

「こんなにビショビショにして、加代子はいやらしいねえ」

なんて囁いてやると、恥ずかしいのか「んん、んぁぁ」と声を殺しながら、イク。
いじわるして手を止めると、「もっと、もっとしてぇ」とねだってくるので、あそこをくちゅくちゅしたまま、今度はこちらもズボンを下ろして加代子に男根をしゃぶらせる。
まだフェラチオを教えて間もない頃だったので、狭い車内の体勢では、たまに亀頭に歯が当たったりもするのだが、『これを舐めれば挿入してもらえる!』と学習している加代子は、喘ぎながら一生懸命に男根を咥えて舌を動かした。
フェラチオさせたままイカせると身体がびくんびくん震える。
そこをさらに掻き回してやる。

「むぐっ、んぁ、ああぁッ」

奥まで咥えたまま、くぐもった喘ぎ声でイク加代子。
イクときも口から男根を離さないように教えてあるので、加代子は身体を震わせながらも必死に男根にしゃぶりついたままだ。
この泣きそうな顔と必死な姿がたまらない。

舌も手も止まってしまったので、加代子の身体を起こしてシートに横向けに座らせ、パンツを脱がせる。
快感の中断でようやく状況を思い出したのか、「こんな所でするのぉ?」と息も絶え絶えに潤んだ目でこちらを見つめる。

「気が進まないならいいよ。おしまいにしよう」

わざといじわるく言えば、「ううん、我慢できない、入れてぇ」と、すっかり快感の虜のご様子。

ゴムを装着し、シートの真ん中に座った俺の上に加代子を跨がらせて挿入。
イキやすい加代子は、入れた瞬間にまた軽くイッてしまう。
奥まで入ったら対面座位で突き上げる。
まだ自分が上になってときの腰の動かし方は器用ではないので、こちらのペースで突き上げ続ける。
狭い車内だから動きにくいが、その無理な体勢がいっそう興奮を高める。
季節は初夏、狭い車内に吐息と熱気がこもる。

「ああっ、おち、おちんちん気持ちいい!」

もうイッてるんだかなんだか分からないので、相手にせずに射精することだけを考えて腰を振り続ける。
浅く小刻みに腰を振るが、それに合わせてシートも車体もギシギシと揺れる。

「こんなに揺れてたら、誰か来たらすぐにやってるって分かっちゃうね」

なんて耳元で囁くと・・・。

「いやぁ、ダメぇ」

押し殺せない悲鳴をあげながら、一際深く加代子はイッた。
こちらもイキそうだったので、ぐったりして力の入らない加代子の身体を支えながら仕上げにかかる。

「加代子、イクよ!」

ドクンドクンと加代子の膣に精液を送り込んだ。

脈動が止まったら男根を引き抜いて加代子をシートに下ろす。
白濁液の詰まったゴムを外して、加代子に見せつける。
加代子は射精の量に満足したように、にっこりと笑ってから、息の上がったまま屈み込み、濡れた男根を口に含む。
セックスの後はお互いの性器をきれいにし合うのが愛し合う男女の常識、というのは俺の教育の賜物だ。
お掃除フェラをさせながら、こちらもティッシュで加代子のあそこを拭いてやる。
男根を舐め終わると・・・。

「もう、すぐにエッチなことして誤魔化すんだから。でもこんな明るい所でしちゃったね」

先程までの怒りはどこへやら。
それどころか、狭い車内と誰に見られるか分からないスリリングな状況にご満悦の様子。
こうして、カーセックスという強い味方のおかげで、場所の問題は一気に解決したのであった。