ハタチくらいの頃、高校の時の仲のいい奴ら数人のグループで花見をした時の話です。

その中には俺が1年生の頃から密かに可愛いなと思っていたAちゃんもいました。
Aちゃんは可愛くて、クラスの女子からも男子からも人気のある女の子でした。
もともと仲がいいわけではなく、ただのクラスメイトだったため、卒業してからは何の接点もなく、音沙汰もないまま約2年ぶりの再会です。
久しぶりに会ったAちゃんはやっぱりとても可愛くて、高校の頃より色気がプラスされていて、俺はますます惚れ込んでしまいました。

人見知りの俺ですが、このお花見ではみんなお酒も入り、俺もAちゃんの隣をさりげなくキープして話も弾みます。
初めてこんなに2人で話したなと思いながら、Aちゃんを酒のツマミにどんどんお酒が進みました。
もう俺の視界にはAちゃんしかいなくなり、他の奴らの話などほとんど聞こえないくらいでした。

Aちゃんは可愛いだけじゃなくとても気が利く子で、率先して雑用をしたり、空いた缶を片付けたりしていました。
話しているうちに、Aちゃんには彼氏がいることが分かりました。
予想はしていたものの、現実を突き付けられてとてもへこみました。

宴も進み、みんなできあがってきました。
俺はもともと酒が強い方なのであまり酔っていませんでしたが、俺に合わせて早いペースでお酒を飲んでいたAちゃんはもうフラフラで、トイレに行くというので付き添いました。
ビールばかり飲んでいるとトイレも近くなりますよね。

花見会場のトイレに着くと、そこは長蛇の列!
どれくらい並べばいいのか見当もつかないほどです。
仕方ないから並んで待とうかと問いかけると、Aちゃんは頷きました。
けれど、待っても待っても列は進みません。
そのうちAちゃんの顔色が悪くなっていきました。
お酒のせいで具合が悪くなったのだろうと人気のない場所まで連れて行くと、Aちゃんは急に怒り出しました。

「あっち行って!」

これはかなり酔ってるなと思い、1人にすると危なそうなので、俺はその場から離れませんでした。

「見ないで!いやぁ!」

次の瞬間、Aちゃんはしゃがみ込み、吐くのかと思ったら・・・。

ブーー!
ブリュッ、ブリブリ!!!

可愛らしいAちゃんからは想像もつかないような音がして、プーンと臭ってきました。
Aちゃんはしゃがみ込んだまま身動きもせず、俺も立ち尽くしたままです。
するとまた、ブリュッ、ブブブーと音がしました。
そしてAちゃんは泣き出してしまいました。

「Aちゃん、お腹痛かったの?」

問いかけると、ウンウンと頷きます。
どうやらしたかったのは小ではなく大だったようです。
しゃがんでいるAちゃんの後ろに回ると、ミニスカートのためパンティが丸見え。
漏らしたウンチは幸いなことにパンティの中に留まっているらしく、パンティには茶色い染みが浮かび、割れ目の辺りが不自然に盛り上がっていました。

「だからあっちに行ってって言ったのに・・・」

恥ずかしそうに泣いているAちゃんがすごく可愛くて、俺はAちゃんにそこを動かないよう伝えると、着ていたジャケットをAちゃんにかけて近くのコンビニに走りました。
急いで女性用のパンティやウェットティッシュなどを買い込んで戻ると、Aちゃんはしゃがんだまま大人しく待っていてくれました。

とりあえずAちゃんを立たせ、ウンチまみれのパンティを脱がすことにしました。
Aちゃんはもう見られてしまって吹っ切れたのか、素直に従ってくれました。
パンティを脱がすと、陰毛は意外と濃い目ですが綺麗に整えられていました。

「お尻、拭くよ」

そう言うと、Aちゃんは叱られた子どものように大人しくお尻を突き出し、俺はウェットティッシュで丁寧にお尻についたウンチを拭き取りました。
とても軟便で、きっとビールの飲み過ぎでお腹が冷えたんだなと思いました。
お尻の割れ目から穴まで丁寧に拭きました。
見えてきたお尻の穴は、シワまで綺麗で見惚れてしまうほどでした。

ウンチまみれのパンティとウェットティッシュをコンビニの袋に入れ、新しいパンティを穿かせようとすると、Aちゃんは小さな声で、「おしっこもしたいの・・・」と言いました。
そのときの顔は本当に可愛かったです。
Aちゃんはおもむろにしゃがみ込むと、シャアア~!と音を立てておしっこを出しました。
もう俺に隠そうとかそんな気持ちもなくなったのか、大胆に股を広げて。
おしっこもだいぶ我慢していたのか、長い間出続けていました。

おしっこもウンチ同様に拭いて欲しそうにしていたので、俺は迷うことなく拭きました。
ウェットティッシュ越しに伝わるAちゃんのおまんこの感触はとても柔らかく、もっと触りたい気分になってきました。
が、寒い!
春とは家、夜はまだまだ冷え込みます。
ここは一刻も早く新しいパンティを穿かせてみんなの所に戻らなければ。
そして何か温かいものでも飲んだ方がいいと思い、煩悩を振り払ってパンティを穿かせました。
Aちゃんは無言で俺の後をついてきて、手を差し出すとギュッと握ってくれました。
この時のAちゃんも、ものすごく可愛かったです。

しばらく歩いていると、Aちゃんが立ち止まりました。

俺「どうしたの?」

A「・・・抱っこして」

俺「え?どうして?」

A「・・・お願い」

なにやら急に甘えん坊になったAちゃん。
この俺が、Aちゃんに惚れまくってるこの俺が、このシチュエーションで抱き締めないわけがありません。
手には汚物の入った袋を持っていましたが、そんなことは構わずAちゃんを抱き締めました。
あったかいし、柔らかいし、女の子特有のいい匂い!
ついさっき、Aちゃんの脱糞シーンから放尿シーンまで見届けた俺は、もうムラムラMAXです。
恥ずかしながら俺のジュニアは思い切り反応してしまい、スウェット素材のズボンを穿いていたため、俺のジュニアの形がハッキリとわかってしまいます。
Aちゃんはそれに気付き、そっと触れてきました。

俺「うっ・・・」

思わず情けない声が出ます。
大好きなAちゃんを抱き締めていて、なぜかおちんちんを触られている・・・。
それだけで我慢汁が出るのがわかりました。

俺「ちょっとヤバい。やめとこう」

そう言ったのに、なんとAちゃんは俺にチューしてくるではありませんか。
さすがに理性はぶっ飛び、Aちゃんの唇を貪り、舌をレロレロと絡ませました。
Aちゃんの背中に回していた手でお尻を揉みました。
もう俺を止めるのは不可能です。
Aちゃんはズボンに手を入れ、直におちんちんを触りはじめました。
俺はもうビクビク反応しまくりです。

もう我慢なんて出来ません、やることはひとつです。
大きな桜の木の陰に移動して、Aちゃんと乳繰り合うことにしました。
汚物の入った袋は足元に置き、Aちゃんのおっぱいを触りました。

(フワフワしてて柔らかい!)

ひと思いに上着を捲ると、ぷるんとおっぱいが現れました。
ちょっと濃いピンクの俺好みの乳首をひたすら舐め回すと、「あっ・・・」と可愛い声が聞こえました。

(Aちゃんのおっぱいを舐めてる!)

興奮で頭がおかしくなりそうでした。
さっき穿かせたばかりのパンティに指を這わせると、すでに濡れています。
俺はしゃがみ込みパンティを下げ、ずっと思いを巡らせていたおまんこにむしゃぶりつきました。

「はぁん!」

Aちゃんの片足を上げ、ビラビラから膣穴、お尻の穴まで舐め回しました。
甘く官能的な声が響きます。
さっきウェットティッシュで丁寧に拭いたので全然臭わず、逆に消毒液の臭いがしました。
Aちゃんのおまんこは乳首と同様で濃いピンク色。
皮を捲るとクリストスがこっちを向いていました。

「ああん、いい、気持ちいい!」

クリストスを高速でしゃぶりました。
俺の得意技です。
膣に指を入れるともうグチャグチャ。
余裕で3本入りました。

「あっ、やぁ、ひゃあぁ」

Aちゃんがビクビクしている姿を見て俺はもう嬉しくて、さっきウンチを漏らしたお尻の穴も丁寧に舐めると、ヒクヒクとうごめいています。
Aちゃんを後ろ向きにして立ちバックで挿入しました。
異様なシチュエーションに興奮し、入れただけでイキそうです。
Aちゃんのおまんこはまとわりつくような感触で、締め付けが気持ちいい!

「あっ、あっ、あんあん」

そして可愛すぎる喘ぎ声。
俺はひたすら腰を打ち付けました。
Aちゃんの喘ぎ声と、ヌチャヌチャとおちんちんとおまんこが結合してる音がマッチしてとても卑猥です。
いよいよ俺もフィニッシュが近くなり、後ろからおっぱいを揉みながらラストスパート。

「いっくぅぅぅ!!」

Aちゃんは叫び、ジュワ~っとまたおしっこを漏らしたようでした。
俺も盛大に精子をぶちまけました。

「さっきのお返し」

そう言ってAちゃんはお掃除フェラをしてくれました。
これがものすごく気持ち良くて、すぐに勃起した俺はもう一度、Aちゃんのおまんこにぶっ挿しました。
今度は向かい合ってセックスしたので、Aちゃんの可愛いよがり顔とイキ顔を堪能しました。

後日、Aちゃんに告白されました。
下の世話をした俺のことを好きになってくれたらしく、花見の翌日に彼氏と別れたそうです。
そんなAちゃんは今、俺の奥さんです。
あの日の興奮をたまに思い出したくて、Aちゃんのトイレをたまに覗きます。
可愛い顔でブリブリと音を出すAちゃんは誰よりも可愛いです。