俺もバスタオルから息子を解き放ち、ベッドインした。
フレンチキスを繰り返しながら嬢の全身を手のひらで撫でた。
今にも取れそうなコロンとした乳首を手のひらで転がすと、嬢はビクンッとなった。
チッパイなだけあって感度は良好だ。
ツルマンを堪能すべく、恥骨あたりを指先で撫でた。
本当にツルマンだった。
ジョリマンはよくあるが、剃り立てなのか、マジでツルマンだった。

割れ目に指を沿わすと、ビクッとなる嬢。

「んっっ」と言って俺にキツく抱きつき、舌を入れてきた。

思いっきり唾液交換をしてやった。
嬢の前歯に舌を擦り付けたり、歯茎もレロレロしてやったww
すると嬢も同じことを俺にしてくれる。
キスだけで最高に興奮した。

左手はツルマン。
右手で耳を触ると、嬢の声が少し大きくなった。
コリコリになった乳首を俺の胸で擦りながら、左手はもう少し奥へ移動。
中指の先でアナルを刺激しつつ、指の付け根辺りでまんまんの穴に触れた。
じっとりとした愛液が中指に付く。
焦らそうと指をそっと離すと、愛液で糸が引く感じが分かった。
嬢は、「んーっ、んーっ」と目を瞑って顔を赤らめていた。

嬢「ねぇ・・・◯×△☆???」

俺「え?何言ってるかわかんない」

嬢「んー◯×△・・・ンッ」

嬢が何かを言おうとするたびに俺は口の中に舌をねじ込んでやった。
その間、俺の左手はまんまんの穴には入れず、くぱぁくぱぁさせていた。
人差し指も中指もヌルヌルだ。
嬢の息が荒くなり全身熱く、汗をかきはじめていた。

少し布団を捲ると、これまで受け身だった嬢が俺の息子に手を伸ばした。
息子を握るなり、「え・・・硬い・・・」と言いながら、我慢汁まみれの息子の先端を指で弄り始めた。
暴発しそうになる息子!
マズい!これはマズい!!
そう思って嬢を攻めることに集中しようと、まんまんの穴に指を突入させようとした。
すると嬢は、「だぁーめっ」と言って起き上がった。
嬢は片手で玉をサワサワ、もう片手で竿の根元をギュッと握り、俺の亀さんは真っ赤にパンパンになって脈打っていた。
嬢は小声で「いただきまぁす」と言い、裏筋から舐め始めた。
決して亀を舐めない焦らしプレイ。
もうアヒアヒ状態の俺。
確実にキモかったと思うwww
射精感に苛まれながら必死に頭の中で足し算をして我慢する俺。
今考えると相当に馬鹿だ。

ついに嬢は亀に着手した。
滴る我慢汁をジュルッッと吸い上げて、亀をパクッと一口に頬張った。
俺は「アヒンッッ」となり、全身に鳥肌が立った。
焦らしプレイで唾液まみれな息子は、唾液気化により表面が若干冷めていた。
そんな中、一気に嬢の温かい口の中に放り込まれ、頭の中が吹っ飛んでいた。
嬢はピストンさせず、亀を口に含んだまま裏筋をレロレロしていた。
たまに前歯が当たったが、そんなことで怯む息子ではなかった。
亀をレロレロしたまま竿のしごキがはじまった。
これはもうアウトな奴や!

息子『オヤジ、俺はもう無理だ。全てを吐き出して楽にさせてくれ』

俺『だめだ。ここでイッては男がすたる。まだ早い』

そんな脳内やりとりを無視するかのように、嬢はついに音を立てながらピストン始めた。
あかん、あかん奴やぁああ!

俺「もうイキそう・・・」

嬢「え?まだダメだよ・・・」

そう言いながら俺の手を取り、胸に当て、揉むように促された。
指と指の間で乳首を挟むようにしながら激しく揉んでヤッた。

息子「オヤジ。すまんな」

足し算も虚しく、ついに発射。
全身が仰け反るほどの快感でどうかなるかと思った。
俺は「んあぁぁっっ」とか言って嬢の口の中にぶちまけた。
さすがに驚いた嬢だったが、口で受け止め、飲んでくれた。
口を離すと、「飲んじゃったじゃん!」とちょっと怒りながら咽ていた。

「ゴメン、ゴメン」と俺。

この時、すでに残り時間10分弱。
やや正気に戻った俺は、嬢にもう一度延長出来ないか、首筋やら耳を舐めながら聞いてみた。
嬢は困った様子で、おもむろに携帯を手にし、お店に電話した。

「◯◯ですけどぉ、生理が来ちゃったみたいで~、終わったら上がっていいですか?」

俺、ガッツポーズ!!!
お店側は渋々OKだったようだ。

嬢は電話を終え、風呂場に向かった。
俺は「え?」となったが、布団のシーツについた嬢の愛液の染みに気付き、息子は復帰方向へ。
嬢がいない隙にクンカクンカしていると、夏の思い出の匂いがした。
そんな光景を嬢にやや見られ、俺はそのままベッドに寝っ転がるフリをして誤魔化したww

嬢「口、濯いできた・・・」

俺「う、うん、ごめんね。我慢できなくて」

嬢「うん、大丈夫。めっちゃ出てビックリしたw」

俺「次は俺の番ね」

嬢「え?もぉ?あ、もうオッキしてるしwwwお兄さん若いねww」

俺「ピッチピチの18やぁー!(実はアラサー)。ところで嬢はいくつ?って女性に年を聞くのは失礼だよねー」

嬢「ほんとだよー!私はね~、ハタチかなっ!」

なんかリアルにハタチかもしれなくて、色々怖くてそれ以上は踏み込まなかった。
肌のハリや質、胸、尻、本当に最高だった。

(マジで20歳かもしれない)

そう思うと息子は猛烈に回復した!
そして俺は一気に攻めの体勢に入った。
ベッドに嬢を押し倒し、激しく唾液交換をした。
もう焦らすこともせず、まんまんをくぱぁくぱぁさせ、クリを弄りながら乳首を吸った。
嬢は大きく息を吸い、喘ぎだした。
ついに左手の中指がまんまんの中にインした。
シーツに染みを作るほどびしょ濡れだったが、思いのほかキツかった。
中で指を『く』の字に曲げると、嬢は腰をガクガクさせて感じていた。
愛液を掻き出すように前後させると、ものすごい染みがシーツに広がっていった。

俺は嬢の下に移動し、クンニの体勢に入った。
嬢は、「え?え?ヤダ、恥ずかしいw」と若干拒否ったが、程なく自分から脚を開き、枕で顔を隠した。
ツルマンを間近で見た俺は超感動した。
さすがに膣口あたりは黒いポツポツが見えたが、触っても分からないレベルだ。
割りとクリが大きめで、すぐに皮が剥けた。
ビラビラも薄く、内側は綺麗なピンク色だった。
少し匂いが気になったが、もうどうにも止まらない!
俺はアナルからクリまで舐め上げ、膣口から愛液を吸い出すように舐め、舌を入れた。
中は温かく、少し塩っぱかった。
クリをバキュームしながら舌先で強弱を付けてチロチロしまくった。
隣室から苦情が来るんじゃないかと心配になるくらい嬢は声を出していたが、気にせず攻めまくった。

嬢「ねぇ、イッちゃうぅ・・・イッちゃうぅ」

この言葉にターボスイッチが入り、気をつけながらまんまんの中に指を2本挿れ、Gスポをゆっくり刺激しながらクリを攻めまくった。

嬢「だめぇぇぇ・・・あっっ!!!」

腰を小刻みに痙攣させて嬢はイッた。
顔を隠していた枕を取り上げると嬢は泣いていた。
意地悪な俺は痙攣が収まらないうちに子宮口をグリグリさせながらクリを攻めた。
嬢は続けざまにイキ、お漏らしでもしたのかと思うほどシーツに染みを作った。
嬢の口がパクパクしていたので、「大丈夫?」と聞いてみた。
嬢は首を横に振った。
取り急ぎ嬢に飲み物を・・・と思い、「なんか飲む?」と聞くと、嬢は自分のバッグを指差した。
バッグを開けると、ペットボトルの水が入っていた。
そのまま嬢に渡した。
嬢はゴクゴクっと勢いよく飲み、さらにバッグを指差した。

俺「え?何?ケータイ?」

嬢は首を振った。

嬢「小さいぽっけの方、開けて」

(もしや喘息持ちとかで薬かなんかか?)

慌てて小さいポッケのファスナーを開けた。
すると・・・ゴムが入ってたww

俺「え!?どゆこと!?!?え??」

嬢「知らないっっ!!!」

嬢はまた枕で顔を隠してしまった。
神様、ありがとうございます!
俺、特攻します!
そそくさとゴムを装着しようと思ったら、サイズが合わなくて俺の息子は入らなかった。
慌てていると嬢が枕越しにチラ見しながら、「どうしたの?」と聞いてきた。

「あ、ごめ、俺にはちょっと小さかった(笑)」

すると嬢は自らバッグを手に取り、ゴソゴソと違うゴムを取り出した。
そしておもむろに息子をパクっとして、軽くフェラしてからゴムを口で付けてくれた。
慣れた感じがちょっと寂しかった。
装着完了、嬢は「はい」と言って、また枕で顔を隠した。
仕切り直しということで、またまんまんをベロベロ。
からの子宮口とクリの連攻めでまた嬢が腰を小刻みに震わせた。

嬢「ねぇ・・・まだぁ?」

正常位で挿入体勢になり、膣口とクリを息子で撫で回した。
超焦らしプレイだ。
すると嬢がおもむろに手を伸ばし、息子を膣口に誘導した。

俺「挿れて欲しいの?www」

嬢「バカ!知らない!!!」

俺はゆっくりとインした。
嬢の中は温かくヌルヌルだった。
ちょっと濡れすぎてて、中の感じがイマイチ解りづらいほど。
少しずつ手前から攻め、時折奥までグイッと突くと、また嬢は小刻みに腰を震わせた。
正常位、側位、バックと堪能したが、バックでは嬢が体勢を維持できずにベタッとなった。
それでも構わずに胸を揉みほぐしながらバックで突きまくり、そこから背面騎乗位に。
ピストンするたびに玉袋に愛液が滴るのが分かった。
嬢をひたすらに突きまくり、クリをいじめて何度もイカせ、俺も果てた。
2回目なのにすごい量が出た。

ふと我に返り、時計を見ると、もうアカン時間だった。
慌てる俺。
動かない(動けない)嬢。
俺の携帯は不在着信の嵐。
一気に青ざめた。
上司に、『すみません。お腹を壊してトイレから出れません』と、超嘘くさいメールを打った。

30分くらい嬢はベッドで寝ていた。
シーツを見ると、ものすごい染みw
これで今夜寝るのかよ~と思うと勃起した。

嬢とイチャイチャしながら話していると、本当に生理が来たらしく、嬢はそそくさとシャワーを浴びて帰り支度を始めた。
お互いに連絡先は聞かず、シャワー後はほぼ無言で、帰り際に「バイバイ」とだけ言い合って解散した。
まんまんはキツキツでキレイだった。