今日は出張先の業務が意外に早く終わったんで、夕食前にホテルに戻ったんだ。
ビジネスホテルお決まりの有料TVパンフがなんとなく目に付いたので見ていたら、すごくタイプな娘が載ってて、マイサンが元気になってしまった。
せっかくの遠出ということもあり、羽根も伸ばしたかったし、夜まで待てない気持ちもあり、スマホで風俗情報サイトを徘徊。
ひたすらに写真を眺めて、好みの娘がいるお店をようやく見つけた。
時間もないので速攻電話したが、その嬢はお休みとのことで店をチェンジ!
次のお店では、「ホテルには入れない」と言われ、俺も息子も意気消沈してしまった。

刻々と取引先との夕食タイムが迫る中、箱ヘルも考えたがなんだか億劫なので、これで最後に・・・と、好みの娘がいるっぽいお店に電話した。
爽やかなお兄さんが取り次いでくれた。
まずホテル名を伝えたら、なんだかつれない感じ。

「ちょっと待ってて・・・」と言われてドキドキしながら待っていたら、「大丈夫ですよ!」とのこと。

嬉しさのあまり、コースも娘も決めぬまま電話を切りそうになったw
爽やかなお兄さんが卒なく聞き出してくれて、俺は電話を切った。
すると、ものの10分もしないうちにドアノック!!!

キターー!!!!

と、ドア越しに確認したら、まさかの上司!!!
どうやら上司も暇だったらしく、「コーヒーでも飲まないか?」と誘ってくれたのだ。
こんなところで嬢と鉢合わせなんかしたら最悪の事態!
そう思った俺は、「緊急の仕事が・・・」と怪しい嘘をついて誘いを断った!
かなり焦ったが、ドア越しに上司が去って行くのを確認してホッとしたのも束の間、嬢と送迎のお兄さんが歩いてきた!
もしかするとエレベーターで上司とすれ違ったかもしれない・・・と思うと玉ヒュンした。

心が落ち着く前に再びドアノック!!!

小さな声で「◯◯◯学園です」と聞こえた。

「は~い」と元気よく扉を開けようとしたら・・・。

「あ、ちょっと待って下さい!鍵を開けたら目を閉じてて下さい。ドアはこちらで開けます」

(え?何プレイ?)

言われるがままに従い、鍵を開けて突っ立てる俺w
お兄さんが小声で嬢に「大丈夫?」と聞いて、少ししてから「あ、目を開けてもらって大丈夫ですよー」と言われて目を開いた。
そこには、WEBの写真よりやや肌荒れの気になる、AKBの板野友美を田舎っぺぽくした、細身のリサちゃんがいた。
薄めの水色ワンピにジャラジャラなバッグ。
ややボロめなヒール。
色白で不健康なくらいに細い。
WEBでは、『83(B)・56・85』とかだったと思う。

部屋に入るなり、ベッドに座り、ボーっとしている嬢。

(あれ?何か不機嫌なの?)と思いきや、急に立ち上がり風呂場へ。

そうこうしているうちに再びドアノック!
送迎の兄ちゃんと思い、ドアノックに応えようとする嬢!
ノーーーーーー!
嬢に「会社の人かもしれない」と震える声で伝え、スマホを慌ててマナーモードに!
数回のノックの後、案の定入電。
居留守をつき通し、気配がなくなってから確認すると、やはり上司だった。
もう玉ヒュンどころか、包茎チンポに戻るくらい縮みきった俺の息子。
やれやれと胸を撫で下ろしたところで、嬢がすでにシャワーに入っていることに気付いた。

(え?もしかしてハズレ?)

そんな不安がよぎった。
とりあえず嬢がシャワーに入ってる隙にブラチェック!
ちなみに黒のレースっぽいやつに蛍光ピンクのフリフリ。
サイズは『A』・・・。
WEBでは『B』だったはず・・・。
とりあえず俺も脱ぐか・・・と思っていたら、ガチャ。

嬢「ねー?早くおいでよ。何してるの?」

上司再来の恐れと、性格ブスの疑いと、貧乳の疑いが入り混じった俺。
息子もすっかり元気をなくしている。
そんな中、素っ裸になった俺はシャワールームに突入。
プリプリでたるみのない白い肌。
スラリと伸びた細い脚。
ロングな茶髪(ややプリン気味)をまとめ上げ、産毛の残るうなじ。

(性格なんてどうでもいい。全身舐め回してやる!!!)

俺の頭から上司が消し飛んだ瞬間だった。
目頭がキリッとしていて、ちょっと威圧的な眉毛。
ツンとした鼻筋。
やや肌荒れが気になるが、髪をまとめ上げると際立つ小顔。
俺は風呂場のドアも閉めず、しばし見惚れてしまった。

嬢「早く閉めてよ。寒いじゃん」

やっぱコイツ、性格ブスだわw
慌てて扉を閉め、浴槽に入りシャワーを浴びる。
顔と脚ばかり気にしていたが、上は・・・と思ったら、腕でしっかりガードしてやがる。
なかなか焦らす奴よのぅ・・・。

ガードを解こうとしたら、「ねぇ、流すからあっち向いて」と言われた。

この野郎!

大人しく後ろを向くと、熱めのシャワーを掛けられ、「ファッ」となったがご愛嬌。
なんだか性格ブスと焦らしモードでイライラし始めた俺は、金払ってんだし、嫌われようがなんだろうが関係ないわと吹っ切れて、手を伸ばした。
腰回りのクビレを撫でるように触ったが、非の打ち所がない。
つまめるような肉もなく、調子に乗ってお尻も触ってみた。
やはり非の打ち所がない。
垂れていない超絶プリプリなお尻で幸せだった。
嬢がキレるかと思いきや、無言で俺の身体を洗っていた。
意外だった。

(ここまで来たら、もう突撃でしょ!)

秘部に手を伸ばした。
すると・・・!?
嬢が一瞬、身体を反らせた。
しかし俺は指先に違和感を覚えた。
大人の女ならそこにモジャっとした物があるはずなのに・・・。
まさかのツルマン!!
やっほぉぉい!
嬢の身体を引き寄せるべく、手で嬢を引き寄せ、抱っこの形に。
俺の背中に嬢が密着した。
毛もなかったが、胸もなかった。
この嬢のことだからビンタでも喰らうかと思ったら、意外にも抱きついてきた。
俺の息子の歓喜!
嬢がそんな息子に気づき、ボディソープでヌルヌルな手で玉袋をサワサワし始めた。
俺は嬢の方を向こうとしたが、「あっち向いて」と言われた。

(なんなんだw)

仕方なくされるがままに。
俺は嬢のプリケツを揉みしだいていた。
時折アナルをサワサワすると嬢を腰をくねらせた。
性格ブスだから、このままベッドタイム短縮とか有り得るかもと思った俺は事を急いだ。
勢い余って嬢がシャワーヘッドを落としたw
顔面と髪がびしょ濡れになった俺。

嬢「ごめんwびっくりしたあぁ~」

シャワーヘッドを拾い、立ち上がったその時、俺の息子が嬢の顔に当たった。
2人して笑った。
嬢の笑顔を初めて見た。
正直、惚れた。
その勢いでキスしようと思ったら拒否られた。

嬢「え、ヤダッ」

普通に凹む俺。
すると嬢はコップにイソジン液を作り、俺に渡してきた。
素直にガラガラペッした。
嬢もガラガラペッした。
その間も左腕は鉄壁のガードで胸を見せてくれない。
もうなんなのよ・・・。

期待と不安が入り交じる中、嬢は俺の方を見て、「いいよっ」と目を瞑って言った。
俺は軽く口づけをした。
それでも嬢は目を瞑ったままだった。
いい気になった俺は舌を入れて唾液交換を試みた。
次の瞬間・・・強烈なビンタで俺KO!!
かと思いきや、腕を俺にまわして濃厚な唾液交換をしてきた。
全血液が集中した息子は嬢のおヘソあたりに密着、嬢の体温を感じていた。
ひとしきりチュバチュバしてから身体を引き離し、ベッドタイムが気になる俺は風呂を出るように促した。

嬢「あ、ちょっと待って」

またイソジン液を作り出した。
おい、俺の唾液がそんなに嫌か?と思ったら・・・、イソジン液を口に含んだ嬢は、いきなり息子を咥えた。
これまでの展開と焦らし攻撃とが相まって息子が暴発するかと思ったが、胸をガードをする鉄壁な左腕を見て、少し冷静になった。

その後、2人で軽く身体を流した後、先に出るように促されたので、先に出て身体を拭いていた。
嬢にもバスタオルを渡そうと浴槽カーテンを捲ると、秘部を洗っている姿が見えてしまった。

嬢「ちょっとぉぉぉ!」

秘部を隠す嬢。

俺「あ、ゴメンw」

鉄壁の左腕ガードがない胸が見えた。
胸を隠す理由・・・それは恐らく小さいから。
確かに小さい。
しかし、ツンと上向きなおっぱいは、きれいな曲線を描いていた。
色白でツンと上を向いたおっぱい。
俺はすでに暴発しそうだった。
でもなんとなく俺は気付いた。
嬢の胸は乳輪がかなり小さかった。
しかしお世辞にもピンクとは言えなかった。
そして乳首はコロっとしててパチンコ球くらいの大きさだった。
こんなアンバランスな乳輪と乳首は初めて見た。
バスタオルを下半身に巻くのに支障があるほどに、俺の息子は全力になっていた。
数回しごけば発射する自信があるほどだ。
思いのほか素人くさい嬢に、俺はこれまでの彼女よりも興奮していた。

嬢がバスタオルを巻いて出てきた。
上げていた髪をおろし、小顔がさらに小さく見えた。
出てきた嬢は俺より先にそそくさとタオルを巻いたままベッドイン。
そして嬢は布団の中でバスタオルを取り、「えいっ」と言ってバスタオルを床に投げた。

(コイツ、ガキかw)

でも、だんだん可愛く見えてきた。
嬢は枕をたぐり寄せ、目をつぶり、わざとらしく「ぐぅーぐぅー」と寝たフリを始めた。
完全にペースを持っていかれている俺は少し意地悪してやろうと思い、嬢の下着を手に取り、「ほーらほーら」と見せつけた。
嬢は、「ちょっとー返してー、変態ー」と布団に包まったまま起き上がった。
俺はまだバスタオルを巻いたままだったので、「嬢なんかもうマッパで、そっちの方が変態じゃん」と意地悪を言った。
嬢は、「うっさいw」と言って、また布団に潜った。
そして一言。

嬢「ねぇ、早くしよう?時間になっちゃうよ?」

残り時間40分くらいだった。
俺は慌てた。
こんな楽しい時間があと40分しかない!
ここで俺は延長を決意。
嬢に聞くと、お店に確認しなきゃ分からないらしく、電話し始めた。
お店に確認した結果、忙しいらしくて延長は無理という答え。
全俺が泣いた。
残り35分を全力で楽しもうと誓った。

<続く>