真面目な主婦だったのに、パートに行くようになってから淫乱熟女になってしまいました。
私はパート先の出入りの業者のAさんに好意を持たれ、食事に誘われたんです。
最初は、「私、結婚しているんですよ」ってはっきり断っていたんですが、つい魔が差して食事に付き合い、口説かれて誘われるままホテルに行き、不倫してしまいました。
最近、主人とは倦怠期で全然セックスしてなくて、久しぶりだったせいか自分を忘れるくらい乱れてしまい、Aさんには淫乱熟女だと思われてしまいました。
一旦そう思われるとAさんも強引に誘ってくるようになり、私も断りきれずに毎回セックスをしてしまい、なし崩し的に不倫関係になってしまいました。

Aさんは私に対してだんだん強引な態度をとるようになりました。
私が嫌な顔をすると不機嫌になったり怒り出したりするので、怖くてAさんに逆らうことが出来ず、気がつけば性奴隷のようになっていました。

Aさんから私は、主人とセックスできないように陰毛を剃ることを義務付けられ、パイパンにさせられました。
会えない時はAさんの指示通り、エロい写メやエッチなムービーを撮って送るようにさせられました。
最初は普通の不倫だったのに、私は性処理の道具に堕ちていったんです。

ある日、Aさんに呼び出されて待ち合わせ場所に行くと、Aさんは友人を2人連れてきていました。

「別に気にしなくていいから」と車に乗せられましたが、車が動き出すと車内のテレビには、以前Aさんにビデオカメラで撮影された私のオナニーシーンが映し出されました。

友人たちはテレビ画面と私を交互に見てニヤニヤしていました。
私がテレビを隠そうとするとAさんから、「減るもんじゃないんだから見せてやれ」と怒られてしまいました。
画面に私の痴態がどんどん映されていき、友人たちの前で私の精神は崩壊させられていきました。

「どうせなら生でオナニーして見せてやれよ。お前の淫乱なツルマンをみんな見たがってんだよ」

私がAさんの命令に躊躇していると、Aさんは車を停めて強引に私を車から下ろし、知らない場所に置いて行かれそうになりました。

「乗せて欲しかったら、そこでパンティを脱いで捨てろ」

私はAさんの命令に従うしかありません。
パンティを脱いで道路脇に捨て、やっとAさんに許してもらって車に乗せてもらいました。
でも車に乗るとシートを倒して寝かされ、Aさんに命じられるままスカートを捲らされて脚を開かされ、友人らに覗き込まれながらオマンコを見られたんです。

「奥さん、いやらしいね、丸見えだよ」
「もうヌルヌルになってるじゃん」
「本当に淫乱な奥さんなんだね」

恥ずかしさの中でAさんにオナニーを命じられると、私は指をヌルヌルになった自分のオマンコに這わせていました。
私は恥ずかしさをかき消すかのように夢中でオマンコを弄りました。

気が付くと車はラブホテルに着いていて、私は車から降ろされて部屋に連れられました。
部屋に入るとAさんに服を脱がされ、全裸にされられました。
私は友人らの前で四つん這いにされ、口にチンポを突っ込まれてフェラ奉仕させられました。
その間、友人らは私のおっぱいやオマンコを触ってきました。
そして私はAさんに挿入され、乱交状態になったんです。

「ほら、『チンポ舐めさせてください』ってお願いしろよ」

バックから突かれながらAさんに言われました。
興奮と快感で私は我を忘れ、「チンポを舐めさせて」と何度も繰り返し言わされ、友人らのチンポを順番にフェラ奉仕しました。
その後は3人に代わる代わる犯されて失神するほど感じてしまい、私の身体はザーメンまみれにされました。
もう私は抜け出せそうにありません。