僕が小学校の時のことです。
僕の生まれ育った町は田舎です。
小学校は1学年20人くらいしかいません。
田舎はどこでも同じようなものだと思います。

小学校6年の時でした。
その年から相撲大会という行事が始まりました。
運動会や学芸会と同様、父兄も見に来るようでした。
朝っぱらからトーナメント形式で1学年ずつ試合をするというもので、試合の数週間前から体育の時間は相撲の練習になりました。

小学校の時は体育の時間は男女とも同じ時間で、担任の先生がそのまま教えていたと思います。
僕の学校だけかもしれませんが、ふんどしの巻き方から先生は教えてくれました。
確か夏休みに入る1ヶ月くらい前のことです。
今から考えると非常識極まりないことですが、先生はふんどしのつけ方を口頭で説明した後、体育委員の男子をみんなの前に呼び出しました。
そして「手本を見せるから、よく覚えるように」と言い、続けて、「服を脱ぎなさい」とその男子に言いました。
さすがにみんなびっくりして、「えー!」と言う声が教室中からあがりました。
すると先生は怒って、「早くしなさい、恥ずかしくない。みんなも騒がない!」と一喝しました。
体育委員の男子はしぶしぶ上の服を脱ぎ、ズボンを脱いでパンツ1枚になりました。

すると先生は、「パンツも脱ぎなさい」と命令しました。

男子は泣きそうな顔になりました。
小学生にしては体が大きく、喧嘩も強くてリーダー格の男子でした。
その彼がクラスのみんなの前でフルチンにさせられるのです。
誰だって泣きたくなるでしょう。
僕なら絶対に泣いていたと思います。

でも、彼は涙をぐっとこらえてパンツを脱ぎました。
ちんちんをぶらぶらさせながら恥ずかしそうに隠していました。
僕は後ろの席に座っていましたが、前に座っている男子の何人かが、意地悪そうに女子の顔を見ていました。
女子がどんな顔をしているのか見たかったのでしょう。
その気持ち、わかります。
僕も女子の顔が見たかった!

先生は真面目な顔でふんどしを彼に巻きつけ、みんなに手本を見せました。
彼は可哀想なことに、フルチンのまま、前を向かされたり後ろを向かされたりしていました。
しかも「手は横!」と何度も注意されて、ちんちんを何度も丸出しにされました。
僕のちんちんよりも数倍大きかったことにショックを受けたのを覚えています。
当時、ちんちんが大きいとみんなにからかわれました。
彼は相撲大会の後も、みんなから「デカチン」と呼ばれていました。

男子はふんどし1枚、女子は体操服の上からふんどしを巻いて練習をしました。
四股の踏み方や受身、ツッパリなどをやったような覚えがあります。
練習後の着替えも教室では男女合同なので、ちんちん丸出しのまま着替えていた奴もたくさんいました。
数週間後には、ふんどし姿にもみんな慣れてきて、わざと女子に見えるように着替えたり、ふんどしの横からちんちんをはみ出せたりして女子に見せている奴まで出てきました。
どうやら性器を見せて異性を威嚇するのは本能のようです。

そしていよいよ相撲大会の日になりました。
相撲大会の朝、朝の会の時にクラス中に衝撃が走りました。

「今日は男女ともふんどし1枚になります」

クラス中の女子が、「えーーー!!!」と黄色叫びを上げました。
隣のクラスからも同様に、「えーーー!!!」という声が聞こえてきました。
みんな、そのとき初めて知ったようでした。
男子はいつもふんどし1枚だから平気だったけど、女子はすごく抵抗があったと思います。
しかし女子たちの抵抗も虚しく、先生の命令には逆らえず、ふんどし1枚になることになりました。

「早急に着替えて校庭に集合」

そう言い残し、先生は職員室に戻っていきました。

残された僕たち男子はすぐに着替えはじめました。
女子は男子が着替えて教室から出ていくのを待っているようで、なかなか着替えようとしませんでした。
しばらくすると男子がみんな校庭に出ていきました。
男子は僕と何人かだけになりました。
ふと女子の方を見ると、冷たい視線を浴びせられました。
僕は焦って、まだ着替えの途中でしたが教室を出ました。

校庭に出る時、他の学年のクラスが見えたのですが、窓から教室の中を覗くと裸の女子が何人かいました。
なんだか見てはいけないものを見てしまったような気がしました。
胸が膨らんでいる女子たちが裸で何かを話していました。

校庭に出ると先生たちが作ったのか砂場に特設の土俵があり、そこを囲むように何人かの父兄がいて、その周りを低学年の子たちがはしゃぎまわっていました。
僕は同級生たちのそばに行きました。
高学年の女子はまだ出てきていませんでした。

しばらくすると集合の合図がかけられ、運動場の朝礼台の前に並ぶように放送がありました。
校舎からふんどし1枚の女子たちが走って出てきました。
ふんどし1枚で胸を揺らしながら走ってくる女子たちを見ていると、すぐに股間が大きくなってしまいました。
もちろん僕だけではなく何人かの男子も大きくなったようで、ふんどしをはずされて大きくなったちんちんを見られてる奴もいました。
それを先生が怒っていました。

女子たちは僕たちの横に並びました。
僕は見ているのがわからないように、横目で女子の胸を盗み見ていました。
服の上からではわからないけど、結構胸が膨らんでいる女子が多かったです。
僕は残念ながら背が低かったので前の方に並んでいたので、ごく一部の人しか見えませんでしたが、背の高い男子はふんどし姿の女子お尻をいっぱい見れたことでしょう。
考えるだけで興奮しました。
体育委員はクラスの人数を数えるため、こちら側を向いています。
見ようと思わなくてもクラス全員の裸が目に入ってることでしょう。
とても羨ましいと思いました。

体育委員の点呼が終わると、校長先生の挨拶が始まりました。
校長先生は全校生徒の裸を目の前にしてどういう気持ちだったのでしょう。

校長先生の長い話が終わり、準備体操になりました。

「回れ右」の声と同時に僕は後ろを向きました。

子供心にすごいものを見たと感じました。
女子のお尻が丸見えでした。
色白の子、痩せてる子、ちょっと太っていて柔らかそうなお尻の子・・・。
それはすごい眺めでした。

「体操隊形に開け」の声で僕たちは走って広がりました。

そして前を向いてラジオ体操を始めました。
でも頭の中は女子の裸でいっぱいでした。
ラジオ体操のジャンプするところなんか、女子の胸をガン見してしまいます。
胸が上下に揺れているのが横目に見えてとても興奮しました。

準備体操が終わり、砂場まで歩きました。
砂場の周りに僕たちが座って、それを遠巻きに保護者が見ているという構図でした。
試合が始まる前になると、たくさんの保護者が集まってきました。
午前の試合は女子からでした。
しかも可哀想なことに5年生からでした。
一番最初って一番注目されるんですよね。
とても緊張したと思います。

ふんどし姿の女子が2人、土俵に上がりました。
そして教えられた通り、塩を撒き、四股を踏んでいました。
足を大きく上げたときに股の間が見えましたが、当時はそこに何かあるなんて想像すら出来ませんでした。

全校生徒の見守る中、1試合目が始まりました。
すごくやる気のない2人の対戦でした。
恥ずかしいのはわかりますが、見ているこっちまで恥ずかしくなりました。
2人で裸で抱き合ったまま動かないんです。
行司は体育の先生で、5年生の担任のおばあさん先生でした。
2人の背中を叩いて、「ほら、頑張って」と言っていました。
全校生徒の前で素っ裸で相撲を取らされているんですから、お互いに早く負けたいと思っているんでしょう。
勝てば、またこんな惨めな辱めを受けなきゃならないんですから。
でも先生の見ている手前、あからさまに手を抜くわけにもいかず、しばらく揉み合って1人が押し出しされて勝負がつきました。

続いて第2試合が始まりました。
今度はまったく肉のついていない幼児体型の女子と、余分なお肉がいっぱいの太った女子の取り組みになりました。
やる前から勝敗の行方はわかっていたと思いますが、正直えらいものを見てしまったという気持ちでした。
次の試合は普通に可愛い子だったので、2人の体の違いを比べたりして、見惚れていました。

5年生の女子が終わり、3年生、1年生となりました。
この頃にはもう女子の裸も見飽きていて、砂遊びなどを始めていました。
それでも女子は横に座っているので、常に裸が目に入ってきている状態でした。

お昼前に6年生の女子たちの番になりました。
もうその頃になると恥ずかしさも吹っ切れたのか、みんなあまり隠そうとはしていませんでした。
同級生の試合になると、さすがにみんな土俵の方を向きました。
そしてクラスの女子たちの取り組みが始まりました。
さすがに6年生ともなると、大人の体みたいとは言い過ぎにしても、腰がくびれていたり、お尻に丸みがあったり、胸が膨らんでいたりして、とても見応えがありました。
特に四股を踏む時、足を上げると股の近くが黒ずんでいてびっくりしたのを覚えています。
ほとんどの女子が、すでにおっぱいと呼べるようなふくらみを持っていたので、動くたびに揺れるおっぱいに子供ながら見惚れていました。
保護者(お父さん)たちのカメラも、一番活発に動いていたような気がします。

6年生の試合が終わり、女子の表彰が始まりました。
全員が土俵の周りに集まって、各学年の上位3名が前に立たされました。
みんな、もうふんどし1枚というのも忘れて堂々としていました。
僕は1年から6年まで、各3人ずつ、合計18人の女子の体をじっくり観察することができました。
1年ごとに女の体になっていく変化がはっきりとわかりました。
18人中、おっぱいと呼べるのは10人くらいでした。
その頃になると、もうお腹いっぱいって感じでした。

お昼休憩になり、女子は着替えてもいいということになりました。
教室に戻ると、女子たちは教室の隅でふんどしを外して一度全裸になり、パンツを穿いて服を着ていました。
僕は見ないようにしていましたが、何人かの男子はじっと見ていたようで、「見ないでよ!」とその場で注意されたり、「先生、◯◯君がずっと見てました」と後で告げ口されていたみたいでした。

午後になりました。
午後は男子で、5年生からの試合になりました。
すぐに飽きて僕は校庭で遊びはじめました。
のぼり棒に登って、さっき見た女子たちの裸を考えていると、だんだんちんちんが硬くなってきました。
もちろん当時はオナニーなんて知らないし、なんで硬くなっているのかもまったくわかりません。
そのままのぼり棒を下りていると、ちんちんが擦れてお腹の奥のほうがすごい気持ちよくなって、体から力が抜けました。
初めての射精でした。