今でも印象に残っている風俗嬢との体験談です。
約2年前、俺は岡山市にあった風俗系エステに通っていました。
その店の料金システムは、40分7000円と60分9000円の2種類があり、指名料はプラス1000円でした。
1年前にその店は諸事情で閉店してしまいましたが、当時、俺はAさんという嬢を指名していました。

Aさんの年齢は当時20歳。
身長は160センチくらいで、髪は茶髪でセミロングのストレート。
Dカップのややむっちり体型。
ちょっと厚めの唇で目はぱっちりの二重、東南アジア系のハーフっぽい顔立ちでした。
そんな感じでセクシーオーラが全開だったから、20歳には見えなかったですね。

Aさんと2度目の指名で入った時、エッチな体験をしました。
この店の基本的な流れは、前金を支払ってシャワー付きの個室に入り、嬢が来てからシャワーを浴び、それから簡単なマッサージを受けて、最後はローション手コキという流れなのですが、Aさんは初めて指名した時からセクシーオーラを全面に出していました。
そのセクシーさとプレイの虜になってしまった俺は、帰る前にAさんとLINEを交換。
後日、ひょっとしたら禁断の中出しもできるかもしれないと思い、Aさんにその意思をLINEで伝えました。
LINEとはいえ、緊張しまくったのを今でも覚えています。

俺『俺、初めてAさんを指名した時からセクシーさにムラムラなんだ。もし良かったら、今度Aさんを指名した時に中出しさせてよ』

Aさん『いいよ。実は私もエッチがしたくてこの店に入店したんだ。だって普通の店舗はどこも個室がないし、隣のシートも丸見えで声も丸聞こえじゃん。彼氏とばっかりだとマンネリになるけど、お店だと色んな人とエッチできるしさ』

俺『今度、お店に出るのはいつ?』

Aさん『金曜日だよ』

ちょっと省略していますが、こんな感じでAさんは中出しセックスをあっさり承諾してくれました。

予約を入れて、金曜日の9時頃、ムラムラしながら店に向かいました。
普段は40分で入る俺でしたが、このときばかりは60分で入りました。

Aさんが個室に入ってきて、ドリンクを飲みながら少し雑談しましたが、「今日するんだよね?」の言葉を合図に、通常は先にシャワーを浴びてから施術台でマッサージの流れなのですが、それは省いてシートを倒してベッドの形にし、その場で2人とも全裸になってスタートしました。
エッチはほぼAさんのリードで進みました。
基本的にはAさんが俺の上に乗っかってきて・・・。

「気持ち良い?」
「くすぐったい?」
「いっぱいドキドキしてね」

などとセクシーな声で言いながらディープキスや乳首舐め、そして性器をシコシコしながら俺を誘惑してきます。
時おり俺もAさんの髪の毛に触れたり、おっぱいや下を触りました。

「いいよ、もっと触って」
「舐めてもいいよ」

いつものセクシーな声でAさんが気持ちよさそうに言ってきました。
そんな愛撫をか繰り返し、最終的には俺がAさんを押し倒し、ムラムラが最高潮に達したところで・・・。

「入れるよ。いい?」

「うん。いいよ、来て」

こうしてAさんに中出ししました。
プレイ時間は30分くらいです。
エッチが終わって、シャワーを浴びて服に着替えて戻ってくると、Aさんは「気持ちよかったよ。ありがとう」と言ってキスしてくれました。

それからというもの、俺は月1ペースでAさんを指名しては60分で入り、中出しセックスプレイを楽しみました。
しかしAさんとの初エッチから9ヶ月後、最初に書いたように店は諸事情で閉店。
Aさんも突如LINEから消えて連絡が取れなくなりました。
今でも、Aさんに会いに行くまでのムラムラ感、そして中出しの充実感は鮮明に覚えています。
Aさんのセクシーオーラも忘れられません。
もう一度会いたいです。