台風の夜の出来事。
それは夏も終わりかけて秋になろうとしている頃でした。
涼しくなってきたなと思っていたら、また蒸し暑くなった日のことです。
それは台風が近づいているためのフェーン現象によるものでした。

その日は朝から風も強く、夜にはかなり強風になるだろうと予想されています。
そんな夜に限って、会社の研修生の相手をしなくてはいけなくて帰りが遅くなる始末。
ついてないとはこういうことですね。

10月から入社予定の22歳の女子大生、アキコ。
活発な子で、ロングヘアーが似合う可愛い子なのですが、活発すぎて失敗に繋がるようなことをしてしまうのが玉に瑕。

「リーダー!すみません!」

ちなみにリーダーとは僕のことで、新人を育てるのは僕の役目でした。
もともと研修生には大した仕事など与えていませんので、多少ミスしたとしても痛手はありません。
とりあえずその日は台風が心配なので、早めに切り上げようと提案しました。
会社を出るとすでに外は暗く風もかなり強くなっています。
外に出た瞬間、アキコのスカートが捲れて、ピンクのパンティがもろに見えてしまうことに。
なんで風が強くなるとわかっている日に、こんな捲れやすいスカートを穿いてくるかな・・・と思うところですが、まあ目の保養をさせてもらってご満悦です。
しかし実際のところ、この風の強さはシャレにならず、歩いて最寄り駅まで行くのも困難そうなアキコを見て、とりあえず会社で待機して一緒にタクシーで帰ろうと提案しました。
しかし、こんな時は考えることがみんな一緒ですね。
タクシーは混んでいて、2時間くらいかかるとのことでした。

仕方がないので、会社の休憩室で待機することに。
この休憩室は狭いのですが、給湯室や冷蔵庫もあって軽い料理も作れます。
そこで空腹の僕らは簡単なラーメンを作っておしゃべりをすることに。

「しかしすごい天気ですよね」

「アキコちゃんがピンクのパンティを見せるくらいだからね」

からかって言うと、アキコは戸惑いながらも事情を呑み込んだ様子です。

「え、リーダー、私の下着を見たんですか?エロいですー!」

「こんな風の強い日にそんなヒラヒラするスカートを穿いているほうが悪いよ」と言いながら、「でも可愛かったよ」と褒めると、アキコは顔を真っ赤にして俯いてしまいました。

そんなアキコが可愛くて、僕はさらにからかいます。

「ね、もう1回見せてよ」

冗談を言うと、アキコは僕の膝を叩いて恥ずかしがっていました。

「何言ってるんですかー!セクハラです!そうやって女性社員にいやらしいことしてるんですか!」

アキコは頬を膨らませて子供が怒るような口調で言います。
もちろんセクハラなんてしませんが、アキコのノリは多少イタズラしても問題ないと感じました。

「うわー、風だー!」

僕はふざけてアキコのスカートを捲りあげて、ピンクのパンティをばっちり拝見することに。

「きゃー!リーダー、やめてください!ばかー!」

子供じみたノリがなぜか楽しくなった僕は、さらにイタズラを仕掛けました。
再び「あ、風が!」と言うと同時にスカートを捲りあげて、太ももを触り、同時に胸にも軽くタッチしました。

「ちょ、リーダー!完全に今のはアウトです!」

アキコの顔はますます赤くなり、僕の顔をじっと怒った顔で見つめていました。
そこで僕はアキコを優しく抱き締めて、耳元で囁きます。

「アキコちゃんって可愛いよねー」

僕はアキコの耳に息を吹きかけました。

「あはん・・・え?」

アキコは急に縮こまってしまい、必死で耳を押さえます。
調子に乗った僕は、唇を奪って、そのまま胸を揉みながら腰をアキコの腰にくっつけました。

「あんん・・・リ、リーダー・・・ダメですよ・・・」

アキコは僕を離そうとしますが、そこまで強い抵抗ではありません。

「アキコちゃん、本当は触って欲しいんじゃないの?」

「そ、そんなことあるわけないじゃないですか!」

そう言っていてもアキコの手が本気で僕を突き放そうとしていないのは分かります。
そこでまたスカートを捲り、パンティの中に手を入れました。
もうヌルヌルでした。

「あああん・・・リ、リーダァ・・・あん・・・」

完全に興奮していることを読み取った僕は、アキコのクリトリスを指で捉えて優しく愛撫しました。

「あふん・・・あぁ・・・イヤ、イヤァン・・・!」

腰を引いて耐えているアキコ。
しかし僕はクリトリスから指を離さずに、さらに膣の中に指を入れて掻き回します。

「あん!あん・・・リーダー・・・気持ちいいです・・・ああん・・・!」

感じているアキコの姿に僕のムスコはガチガチになってしまい、アキコをテーブルの上に乗せると足を思いっきり開きました。

「いやぁぁん!恥ずかしい・・・!」

パンティを脱がしてクンニすると、テーブルが軋むほどによがります。

「あぁぁん・・・ダメェ・・・ああ・・・そこ、汚いです・・・!」

それでも僕は舐め続け、アソコに指を入れて愛撫すると、アキコは口を手で押さえて吐息を荒くしていました。

「はぁぁ・・・あああん・・・ダメ、ダメですってば・・・ああぁ!」

アキコの腰がヒクヒクし始めて、その姿に僕も我慢汁が出てしまいます。
すぐに僕は自分でパンツを脱いで、アキコに挿入しました。
アキコの腰を掴んでピストンします。
テーブルがギシギシ鳴る中、アキコの喘ぎ声が休憩室に響きました。

「ああ・・・!はあぁぁん!だめぇ!もうイッちゃいます・・・!」

若いアキコは会社で犯されていることに興奮度がかなり高まっていたのでしょう。
イクまでかなり早く感じました。

「はぁぁ・・・もう・・・ヤバ・・・あ、あん・・・!」

アキコの体が細かく揺れてテーブルを軋ませます。
外の風の音にかき消されることのないアキコの喘ぎ声。
ついにアキコはイッてしまいました。
その後、僕も昇天。
それからは2人でキスしたりイチャイチャしながらタクシーを待ちました。

今も月に1、2回は残業と称してアキコとエッチしています。