大学時代、セックスを覚えたてだった頃のエロ体験です。

大学2年の春に僕は同じテニスサークルで大学1年の彼女ができ、初体験をしました。
それからは、セックスをしたくて彼女と会っていたと言ってもいいくらいで、彼女のことを想像するだけで勃起してしまって、会えば貪るようにセックスする状態でした。

彼女と付き合いはじめて半年くらいの時、秋のサークル合宿があり、僕と彼女を含む30人くらいのメンバーで、テニス合宿をしてみんなで旅館に泊まりました。
ちなみに僕と彼女が付き合っていることはみんなには秘密にしていました。

合宿前の10日間くらい、僕と彼女はスケジュールが合わず、セックスをしていませんでした。
僕はムラムラが募り、彼女も同じようでした。
最終日の夜、大広間で宴会をしながら、僕と彼女はみんなにバレないようにスマホでメッセージを送り合っていました。

『早くエッチしたい』

『私も舐めて欲しい』

『おまんこにちんこ入れたい。考えただけで勃起するから隠すのが大変』

『今も勃起しているの?』

『もちろん。お前は?』

『もちろん濡れてるよ』

そんなエッチなメッセージをやりとりをして、サル状態だった僕たちが我慢できるはずもありません。
僕の方から『ちょっと抜けよう』とメッセージを送り、わいわい盛り上がっている大広間から時間差で抜け出し、無人になっている宿泊フロアの男子トイレに一緒に滑り込みました。

「もう我慢できない!」

「でも、誰か来たらどうしよう」

「誰か来る前に終わらせればいいんだよ」

「じゃあ早くして!」

お互いとにかくセックスがしたくて仕方ない状態で、興奮して息が荒くなっています。
ちなみにその旅館の男子トイレは、入口のドアには鍵が掛からなくて、タイル張りの古い部屋の外側に小便器が2つ、そして鍵の掛かる個室が2つあります。
普通に考えて、サークルのメンバーから隠れてセックスするなら、個室に入って鍵を掛けて立って挿入するのが妥当なのですが、当時の僕たちは立って挿入するなんて考えはなく、セックスするなら正常位かバックしか思いつかなかったのと、一秒でも早く始めたかったこともあり、決して綺麗とは言えないトイレの床に彼女を押し倒しました。
ハーフパンツと白地に青いチェック模様のパンツを重ねてまとめて脱がしました。
彼女のTシャツとつるんとした表面のブラジャーも剥くように捲り上げました。
彼女の上だけが素っ裸になり、肉付きのいいムチムチした身体が丸出しです。
裸のお尻がタイルの上について、「お尻が冷たい」と彼女が言いましたが、その声すらすでにエロくなっていました。

彼女はちょっとぽっちゃり目で、垢抜けない感じでしたが、おっぱいはEカップくらいあって乳首も大きめで、未処理の黒々とした陰毛は興奮からかぼわっと逆立っていました。
その下側にあるおまんこの割れ目をなぞるようにすると、すでに中が十分に濡れていたので赤く充血したおまんこの内部の粘膜が剥き出しになり、蛍光灯の青白い光でキラキラと輝いて見えました。
僕は「はあはあ!」と獣のような息をしながら自分のジャージとトランクスを片手で脱ぎ捨てて、ちんこを丸出しにしました。
10日間もセックスを我慢していたので、自分でもびっくりするくらい反り返って、血管が浮き出ています。
亀頭はパンパンになっていました。

男子トイレのタイル張りの床の上に、おっぱいと陰毛と太ももを丸出しの彼女が横たわっていて、その上からちんことケツを丸出しにした僕が覆いかぶさります。
もしも今、サークルのメンバーがトイレに来たら大騒ぎになってしまいます。
しかし、そんなのは関係ありませんでした。
片手で執拗に彼女のクリをプニプニと摘むようにして刺激しつつ、もう片方の指でおまんこの濡れ具合をチェックしました。
ぐちょぐちょだったので、僕は片手でちんこを支えると、反対の指で彼女のビラビラを目一杯広げながら、あり得ないくらいに大きく硬くなったちんこを押し込みました。
最初、おまんこの内側の小さいビラビラも巻き込んでしまって彼女が顔をしかめたので、一度ちんこを戻してから入れ直しました。
我慢汁もたっぷり出ていたので、今度はスムーズに挿入できました。
根元までグッと突き込んで彼女のおまんこの一番奥に突き当たった瞬間、それまで彼女は我慢して小さい声に抑えていましたが、はっきりした声で「アア~ン!」と喘ぎ声を上げました。
僕もその声に興奮して声が大きくなってしまいました。

ちなみに彼女と男子トイレに入ってからパンツを脱がすのに約2分、クリを触って充分濡らして挿入するまで5分という高速です。
お互い宴会場で相手の顔を見ながらメッセージのやりとりをしていた時点で勃起&ヌレヌレだったので、前戯なんて必要ありませんでした。

「気持ちいい、アン、アン、アン!」

どんどん彼女の声が大きくなっていき、ぴちゃぴちゃ鳴るピストン音と彼女の甲高い喘ぎ声、そして僕の獣のような呼吸音が狭いトイレに響きました。
10分くらい正常位で交わった後、彼女の背中が冷たくて痛そうだったので、四つん這いにさせてバックで挿入しました。
彼女のお尻にはタイルの四角い跡がくっきりと付いていました。
バックで挿入すると、反り返った僕のちんこが彼女のおまんこの後ろ側をえぐるように擦るようで、彼女は「アアアン、アン、アン、アン!」と泣き声のような喘ぎ声を出して感じていました。
フィニッシュに向けて、ピストンをノンストップでスピードアップさせました。

「アアア!イッちゃう!」

彼女は、僕のちんこを締めあげるようにおまんこを収縮させて絶頂に達しました。
僕はその刺激にギリギリで耐えた後、四つん這いの彼女からちんこを引き抜き、すぐ横にあった小便器にぶちまけるように射精しました。

宴会場を抜けてから約20分くらいで全部済ませることができたと思います。
お互いに服を着ると、また時間差で宴会場に戻り、何事もなかったようにサークルのメンバーと雑談しました。
僕のちんこはまだ湿っていて、座っていても敏感になった亀頭にトランクスの生地が擦れて、びくっとしてしまっていました。
たぶん彼女も同じ状態だったと思います。